日本の夏はジメジメしていて高温多湿です。

このような環境で生活している赤ちゃんや幼児は、あせもや虫刺されなどの患部をかきむしることがきっかけとなり、とびひになることが多いのです。

病院で処方された塗り薬でも塗り方がよくわからないというお母さんは多いようです。

ドラッグストアで売られている市販薬でも効き目はあるのでしょうか。

また、塗り薬はいつまで塗り続けたらいいのでしょう。

そこで、とびひの塗り薬の正しい塗り方、市販薬でも治るものなのか、いつまで塗り続けたらいいのかについてお伝えします。

参考に慣れれば幸いです。

では、本題に入りましょう。

とびひ 塗り薬の正しい塗り方

とびひの正式な病名は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」です。

赤ちゃんや幼児があせもになったり、虫に刺されたりすると、かゆくてかゆくて思わず患部を手でかきむしります。
患部をかきむしった手に細菌がくっつき、また別のところをその手でかきむしる事が原因で、どんどん広がります。

かきむしった手を介して、水ぶくれのような水疱(すいほう)があっという間に全身へ広がる様子が、火事の火の粉が飛び火することに似ているので「とびひ」と呼ばれています。

細菌が皮膚に感染することで症状が現れ、人にもうつる病気です。

とびひの治療には、抗生物質の飲み薬やステロイドを含んだ塗り薬を使います。

お母さんは、赤ちゃんや幼児にこの塗り薬を塗る時、十分に注意しましょう。

この時、塗り薬を塗ったお母さんの手にとびひの原因になっている細菌がついてしまいます。
そのままその手で、別のところに塗り薬を塗ってしまうと、良くなりかけたところに再度細菌をくっつけてしまうことになるのです。

しかし、とびひが何ヶ所もある場合、1ヶ所ごとに手を洗いながら薬を塗るのは大変です。
相手は赤ちゃんや幼児ですから、おとなしくじっと待っていることは不可能です。
逃げ回って大騒ぎになることは目に見えています。

そこで、とびひの塗り薬を塗るコツを紹介します。

とびひの塗り薬を塗るコツ

使い捨ての薄いビニール手袋を使用する方法と綿棒を使用する方法の2つを紹介します。

使い捨ての薄いビニール手袋を使用

塗り薬を塗る場所ごとに、塗る指を交代しまます。

片手で5ヶ所、同じ指を使わずに薬を塗ることができます。
6ヶ所以上塗る場合は、使い捨ての薄いビニール手袋をもう一枚用意しておき、素早くサッと替えて塗りましょう。

綿棒を使用

通常、綿棒1本に2ヶ所脱脂綿が巻かれているので、1本でとびひ2ヶ所を塗ることができます。

薬を塗る場所ごとに綿棒の脱脂綿が巻かれた頭を替えてゆけば、細菌を別のところにくっつけることはありません。

塗り薬を塗るだけなのに、これほど気をつけなくてはならない「とびひ」は意外としつこいので、薬を塗る時に細菌を別のところにうつさないよう注意しましょう。

◇ちなみにこの2つの方法、おすすめは薄いビニール手袋を使用する塗り方です。

去年、保育園に通っている孫がとびひになってしまいました。
直接私は塗り薬を塗っていないのですが、その時お嫁さんが手際よく薄いビニール手袋をして薬を塗ってあげていました。

小児科の看護師さんが診察の後、丁寧にこの薄いビニール手袋を使用する塗り方を説明してくれたそうです。

そのおかげで比較的短期間で完治することができました。
早く治さないと、プールはもちろんはいれませんし、水遊びもできませんものね。

塗り薬の分量

塗り薬はたっぷり塗ります。

薄く塗ったのでは、とびひ患部とガーゼが貼り付いてしまい、薬の塗り替えで剥がす時にとても大変です。

キレイに治りかけてきた薄い皮膚が、ベロリと取れてしまっては元も子もありません。

また、水ぶくれ(水泡)が破れてジュクジュクしている時は、塗り薬がうまく塗れません。
このような場合は、ガーゼのほうに塗り薬をたっぷり塗って、とびひの患部に乗せます。

とびひの塗り薬は市販薬でも効果ある?

とびひになってしまったら早めに病院を受診することをおすすめします。

しかし、ほんとに早期の場合や軽度のとびひなら、市販薬を使って治すことが治療をすることもできます。

とびひに一番効果的な塗り薬は抗生剤が入ったものです。
ドラッグストアなどで、有効的な市販薬としてすすめられるのは、ドルマイシン軟膏やイソジン軟膏のようです。
その他にも、クロマイ-P軟膏なども効果的な市販薬の一つと言われているようです。

必ずとびひの市販薬を買う時には、薬剤師が常駐しているお店で、しっかりとびひが今どのような状態かを説明してから購入しましょう。

くどいようですがもう一度言わせてください。

軽度のとびひであれば市販薬でも効果は期待できるでしょう。
しかし、とびひの状態や種類によっては市販薬でも全然効果が出ないということもあります。
全ての方に効果が得られるというものではありません。。

なかなか治らずにひどくなってしまっては大変です。
お子さんがかわいそうです。

そのような場合は、早急に小児科や皮膚科を受診しましょう。

とびひの塗り薬を塗るのはいつまで?

とびひは完全に治るまで、塗り薬は塗り続けます。

「ちょっと良くなったからもういいかな?」などと自己判断して、途中で塗り薬を塗るのを止めたり、治療を止めてしまうと症状がひどくなったり再発したりする可能性があります。

病院に受診されている場合は、担当医師の指示に従いましょう。

では、市販薬で治療をしている場合、とびひが完治したかどうかの判断基準を紹介します。

完治したかどうかの判断

とびひが乾燥してかさぶたが自然に取れたら完治です。

かさぶたを手ではがしたりしないようにしましょう。
お子さんが気になって、自分でかさぶたをはがさないように注意しましょう。

ただ、かさぶたが取れた後でも、かゆみや赤みがまだ残っている時は、通常の湿疹の治療に変更しましょう。
かさぶたが取れてびひが治った後に湿疹の症状がある場合は、再発予防の為にしっかり手当てを続けることが大切です。

かゆみや赤みが消えて完治です。

とびひになった時、早い時期に小児科や皮膚科を受診し外用薬や内服薬などで治療を開始すれば、直ぐにかさぶたとなり完治するはずです。
もし、受診して数日経っても症状が良くならない時は、再度状態を診てもらい、薬を変えてもらいましょう。

まとめ

とびひになった時は、早い時期に信頼できるを小児科や皮膚科を受診しましょう。

自己判断で塗り薬を塗るのを終了しないでください。
必ず医師のOKが出るまでは治療は続けましょう。

とびひは、かゆみや赤みが消えて完治です。