蚊取り線香は赤ちゃんが居るお部屋で使用しても大丈夫なのか、赤ちゃんの蚊対策を考えるお母さんはとても気になるでしょう。

天然成分100%の除虫菊の蚊取り線香の方が安全なのか、煙の出ない電気蚊取り器が良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、蚊に狙われやすい赤ちゃんの室内での蚊よけ対策には、何を選んだら良いのか、蚊取り線香、天然成分100%除虫菊の蚊取り線香、電気蚊取り器について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんの室内での蚊よけ対策に蚊取り線香は大丈夫?

赤ちゃんが生まれて初めての夏を迎えるご家庭では、気になるのが「蚊」の存在ですよね。

昔から根強い人気がある蚊取り線香ですが、あのニオイと煙は赤ちゃんがいる家庭で使っても大丈夫なのか気になりますよね。
大人でも人によっても苦手という人がいますもんね。

 

それでは、蚊取り線香について紹介しますね。

蚊取り線香は赤ちゃんにも、妊婦さんにも、使い方と使用量をしっかりと守れば、影響はないと言われています。
だから使って大丈夫です。

 

蚊取り線香の主成分は、「除虫菊(じょちゅうぎく)」に含まれる天然の殺虫成分のピレトリンに似せて作られた「ピレスロイド」という化合物で、次のような効果があります。

・即効性が高く、「蚊をやっつける効果

・蚊が嫌がって寄りつかない「蚊よけ効果」「蚊の発生防ぐ効果

 

このような効果があり、安全性が高いというのも特徴の一つと言われています。

 

このように「ピレスロイド」は蚊などの害虫の神経を麻痺させてやっつけるのですが、人間など哺乳類では「ピレスロイド」が身体に入ってきても、速やかに体内で分解されて短時間で体外へ排出されるので害はないそうです。

 

しかし蚊取り線香は大丈夫、害はないとは言っても、赤ちゃんや妊婦さんに限らず、健康な大人であっても、ピレスロイドの使い方を間違えて過剰摂取してしまうと、吐き気しびれめまい麻痺などの症状が出る可能性があると製品に注意書きがあります。

 

使い方には十分に注意を払いましょう。
出来るだけ赤ちゃんの近くでは焚かないようにしましょうね。

赤ちゃんのやけどと誤飲には要注意

また、蚊取り線香は燃やして使います。
だからハイハイができるようになった月齢の赤ちゃんには特に注意しなくてはいけませんよ。

 

蚊取り線香の先は赤くなっているし、そこから煙も出ているので、好奇心旺盛な赤ちゃんは絶対触りたいはずです。
興味深々で、ワクワクしながら近づいて行き、指先で蚊取り線香が燃えている赤い部分に持って行き、やけどする可能性は大きいでしょう。

 

その他にも、赤ちゃんが蚊取り線香を食べてしまうという危険性もありえます。

 

ただ毒性は低いので、蚊取り線香をなめたり、しゃぶったり、ひとかけら食べたくらいでは中毒症状がでる心配はまずないとのことです。

しかし、たくさん食ベるてしまうと、嘔吐、腹痛、下痢をおこす恐れや、体質によっては皮膚炎などのアレルギー反応がでることがあるようです。

症状がなければ家庭で様子をみましょう。

 

だから、赤ちゃんがいる家庭で蚊取り線香を使用する場合は、赤ちゃんの手の届かない所で保管し、使用中は赤ちゃんの行動から目を離さないようにお母さんは十分に注意しましょう。

赤ちゃんの室内での蚊よけ対策に天然成分100%除虫菊の蚊取り線香は安心?

蚊取り線香の「ピレスロイド」は安全性が高い言われているけれど、やっぱり化合物だし心配だわと言うお母さんも少なくありません。。

ならば天然成分100%の除虫菊の蚊取り線香は本当に安全なのか気になるところですよね。

 

天然成分100%ということなので、化学物質ゼロ配合だからとても安心です。

だから蚊取り線香よりも、赤ちゃんにより優しい成分の物を使用し蚊よけ対策をしたいと考えているのであれば、天然成分100%除虫菊の蚊取り線香が良いですね。

 

ただ、天然成分100%除虫菊の蚊取り線香も普通の蚊取り線香と同様で、赤ちゃんのいる部屋で使う時は、煙の向きやけど誤飲には十分に注意しましょう。

 

普通の蚊取り線香よりも、天然成分100%除虫菊の蚊取り線香の方が煙が少し多めに出るので、たとえ天然成分100%除虫菊蚊取り線香とはいえ、赤ちゃんの顔に煙が漂っていたなんてことのないよう、空気の流れを考えて使用しましょう。

赤ちゃんの室内での蚊よけ対策に電気蚊取り器は安心?

天然成分100%除虫菊の蚊取り線香は、化学物質ゼロ配合だからとても安心ということですが、普通の蚊取り線香より煙が出るということなので、やはり煙の向きには十分注意してあげる必要があります。

だとしたら電気で焚くタイプの電気蚊取り器などは、蚊取り線香のように煙が出ないのが特徴なので、赤ちゃんに安全なのか気になりますね。

 

電気蚊取り器を扱うメーカーのサイトを見てみると、「乳幼児がいる部屋で使っても大丈夫。」となっています。
基本的に、赤ちゃんがいる家庭で使っても問題はないということです。

ただし煙が出ないからとは言え間違いなく蚊をやっつける殺虫剤ではあるので、「閉めきった部屋や狭い部屋で使用する場合は、ときどき換気をしてください。」とも併記されています。

やはり、煙りは出なくても換気は必要です。

 

また、電気蚊取り器に使われている成分も、蚊取り線香の主成分と同じ「ピレスロイド」です。

 

赤ちゃんがハイハイしたりして動くようになると、コードを引っ張ったりコンセントか抜いて口に入れたり、蚊取り器の穴に指を入れたりすることが考えられます。

電気蚊取り器を使う場合も赤ちゃんの行動から目を離さないようにする必要があります。

 

最近はコンセントがいらない電池式の蚊取り器があるので、赤ちゃんのいる家庭では電池式が良いでしょう。

しかし、うっかりずーっと付けっぱなしにしてしまう可能性があるので気をつけましょう。

 

また、蚊取り器をいじくりまわして中の電池を出して舐めたりしないとも限りませんね。

 

煙や匂いがないのでうっかり忘れてしまいそうですが、やはり部屋で使う時は閉めきった状態にせずにときどき換気したり、電気蚊取り器もできるだけ赤ちゃんから離しておくようにしましょうね。

赤ちゃんの室内での蚊よけ対策にワンプッシュの殺虫剤は安心?

ワンプッシュで殺虫剤を散布するタイプのものもドラッグストアなどで良く目にしますよね。
家の中で使うという人は少ないかもしれませんが、こちらのワンプッシュタイプの殺虫剤も、乳児がいても使用できるとされています。

 

ただし、「薬剤を直接吸い込まないように、噴射の際は噴射する人以外の入室を避けてください。」との注意事項があるので、使用する場合は必ず赤ちゃんを一度別の部屋に移してから使用しましょう。

まとめ

さぁー、赤ちゃんの蚊除けには、普通の蚊取り線香、天然成分100%除虫菊の蚊取り線香、電気蚊取り器からどれを選びますか?

蚊取り線香の効果的な正しい使い方は、こちらの記事を参考にしてください。
蚊取り線香の効果がある範囲はどれくらい?効果的な使い方と成分は?

成分で選ぶか、煙が有る無しで選ぶか、赤ちゃんが蚊に刺されることなく、快適にすごせるように赤ちゃんの行動や様子をみながらお気に入りの蚊よけ対策をしてあげましょう。

しかし赤ちゃんの蚊よけ対策をしていても、大人より体温が高い赤ちゃんは蚊に狙われやすいです。
蚊が刺す理由と対策 刺されやすい特徴・体質・血液型・色は?
赤ちゃんが蚊に刺された時や跡が消えない時の対処と病院へ行く皮膚の状態は?

こちらの記事も参考にしてくださいね。