クリスマスにはホールケーキを買うという家庭は多いですよね。
ただ、ホールケーキを買う時迷うのが、サイズと購入方法です。

どこのケーキ屋さんもサイズ表記が号数ですが、目安人数がわかりません。

また、クリスマスケーキには予約が必要なのか、当日売りはないのか・・・
最近はネットで何でも用意できますが生クリームたっぷりのケーキでも大丈夫なのか心配でしょう。

そこで、ケーキの号数の大きさや目安人数、クリスマスケーキの予約の必要性とネット予約のメリットを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ケーキの号数表記 大きさ(サイズ)はどれくらい?

クリスマスケーキやバースデーケーキなど、ホールケーキを注文するときに困るのが大きさ(サイズ)ですよね。
ケーキ屋さんでは、ホールケーキの大きさ(サイズ)を「◯号」と表記してあります。

私は年に何回かホールケーキを買う機会があるのですが、店頭に行くと必ず「何号にしますか?」と聞かれます。
その度に、前回何号を買ったのか忘れてしまい、「◯人で食べるのですが・・・」と言ってお店の人に号数を決めてもらっていました。

そこで、これからは迷わずスムーズにホールケーキを購入したいと思い、号数と大きさ(サイズ)について調べてみました。

ケーキの号数の由来

ケーキの号数は「尺貫法」という、日本古来の長さを測る単位から由来しています。
もともとは長さは「5寸」とか「6寸」というふうに呼ばれていました。

そういえば昔、和裁をしているおばあちゃんがこのような「寸」を使った呼び方をしていたことを思い出しました。
今の若い人にはチンプンカンプンでしょうね。

日本の洋菓子の世界は、いまだにこの「寸」というの長さの単位が生き残っているんです。

寸と号数との関係

では、寸と号数とはどのような関係で、1寸って何cmなのか紹介しますね。

1寸 = 約3cm
1寸 = 1号

このことからわかるように、ホールケーキにの「◯号」とは、号数に3をかければ直径何cmになるということがわかりますね。


・ホールケーキ 5号
5 × 3 = 約15cm

・ホールケーキ  8号
8 × 3 = 約24cn

今まで気にしたことはなかったのですが、日本昔話に登場する1寸法師は3cmということになりますね。
何だか物知りになった気がします。

ホールケーキの号数と目安人数

号数の大きさ(サイズ)がわかったら、次に気になるのは号数に対して目安の人数はどのくらいなのかが知りたいですよね。
もちろん1人が食べる量にも違いがあるので、一概には言えませんが参考にしてください。

3号 直径9cm1~2人分
4号 直径12cm2~4人分
5号 直径15cm4~6人分
6号 直径18cm6~8人分
7号 直径21cm8~10人分
8号 直径24cm10~12人分

ちなみに、日本では3cmずつ大きくなりますが、フランスでは偶数で 2cm単位となっているそうですよ。

また一般的に、ケーキ屋さんで販売しているショートケーキ1個分は、7号サイズを10等分したものです。

しかし同じ号数でも、クリームやフルーツをたっぷりのったもの、逆にシンプルなものなど、そのケーキのデコレーションによってボリュームは変わってきます。
高さのある立体的なホールケーキや、平べったく高さがないタルト、四角いスクエアケーキなど、クリスマスケーキは種類が豊富になるので、購入の際は注意した方が良さそうです。

タルトの場合

4号 直径12cm1~2人分
5号 直径15cm2~4人分
6号 直径18cm4~6人分
7号 直径21cm6~8人分

スクエアケーキの場合

4号 12cm×12cm2~4人分
5号 15cm×15cm4~6人分
6号 18cm×18cm6~8人分
7号 21cm×21cm8~10人分

スクエアケーキは丸いホールケーキよりも面積が若干増えるから、目安人数も増えるのかと思いきや、変わらないようです。

クリスマスケーキの購入に店舗予約は必要?

ケーキの号数の大きさや目安人数がわかってスッキリした所で、「24日のクリスマスイブにケーキ屋さんに予約なしで行って、ホールケーキを買えるのかしら?」次はこんな不安が頭をよぎりっていませんか?

菓子チェーンや大手スーパーなどは多少の当日売りを用意してはいるようですが、昔のように余ったら安くセールするような数は置いてない、もしかしたらホールケーキは当日売りでは買えないと思っていた方が良いかもしれません。

各店、売れ残りを出さないようにリサーチをし販売個数を決めているでしょうから、手に入らない可能性はあります。

ちなみに、
我が家は、クリスマスイブにクリスマスケーキを購入できず、子供たちに泣かれた経験があります。
クリスマスケーキなんてこだわらなければどこかで買えるはず、とたかをくくって予約をせず夕方買いに行ったら、ケーキ屋さんはもちろん3件ものスーパーを回りましたがどこもホールケーキはありませんでした。
クリスマスイブが休日だったからかもしれません、あの時は本当に参りました。
悪夢のケーキ事件です。

幸いにショートケーキが残っているお店を見つけ代用しましたが、子供達の悲しそうな目は今も脳裏に残っています。

こんなことも実際にあるので、当日購入の場合は早くに行きましょう!
というか、いらぬ心配をしないためにも、やはりクリスマスケーキの予約はしておきましょう

クリスマスケーキの予約は人気順に埋まっていくので、人気の高いケーキは11月中に売り切れてしまうこともあります。
「クリスマスの準備は12月に入ってから!」とのんびり構えていると、目的のケーキを買いそびれてしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、クリスマスケーキの予約はいつからいつまで受け付けるのかは、店舗よって違ってきます。
お目あての店舗、またはケーキがある場合は、電話で確認したり実際に店舗に足を運んでみましょう。

早いお店では、10月から予約開始しているところもあるようですよ。

クリスマスケーキは店舗によっては早めに予約を入れると、早割や特典が付くことがあります。
数パーセントの割引を受けられたりしたら嬉しいですよね。

このようなことからも、早めに予約をするに越したことはありません。

ケーキ同様フライドチキンも早めの予約がおすすめです。
ケンタッキーのクリスマス予約期間と予約方法 キャンセルは?当日買える?

クリスマスケーキのネット予約にメリットはある?

クリスマスケーキの予約といったら、店舗に電話をしたり直接店頭で申し込んだり今まではそんなイメージが強いですが、最近ではそのような手間を省くことができるネット予約が可能です。

生ものような賞味期限の短いケーキは、店頭に行って直接予約しないと不安や抵抗があるかもしれませんが、ネットで販売する側もその点はしっかり考慮しているので、それだけの理由で使わないのは損だとも言われています。

クリスマスケーキをネットで購入するメリット

では、クリスマスケーキをネットで購入メリットを紹介しますね。

ネット予約なら、わざわざ店頭に足を運ぶ必要はありません。
家に居ながら画像をチェックして簡単に予約を入れることができます。

ネット予約には、店舗では販売しない限定商品があったり、ネット予約限定の割引があったりするので要チェックです。

さらに、たくさんの種類、人気のスイーツ店、ホテル、コンビニ、百貨店のケーキから吟味して選べます。

そして、クリスマス直前から当日(指定日)に直接家に直接届けてもらえれば、少しの衝撃でグチャとなってしまうナイーブなケーキを持ち帰る必要がなくなるのですから嬉しいですよね。

ケーキを持って電車に乗るのもできるだけ避けたいですよね。
自転車では絶対に無理です。
だからといって、ケーキ1つのために駐車場を探し自動車を出すのも面倒ですもんね。

ただ、届く方式はさまざまです。
指定日に生のまま届くものや、冷凍されて届くものなどがあります。
なかには家に届かず、ネットで購入の手続きをしてお店で受け取るパターンもありますよ。
この点は注意ししましょう。

販売ページの注意書きに必ず書いてありますのでよく読んで納得してから購入してください。

まとめ

洋菓子の代名詞であるホールケーキの大きさ(サイズ)が、「寸」という日本古来からの単位に基づいていたなんて意外でしたね。

号数をしっかり理解できていれば、「足りないかな?」とか「食べきれなかったらどうしよう。」なんて心配はありませんね。
安心してクリスマスケーキを購入できます。

クリスマスにみんなで分け合って食べるホールケーキは格別に美味しく幸せを感じます。

そんなクリスマスケーキを買えなかった、なんてことのないよう早めの予約をおすすめします。

今年はネット予約を試してみるのもいいのではないでしょうか。

万全な体制でクリスマスを迎え、家族で笑顔のクリスマスをお過ごし下さい。

1歳の誕生日 一升餅と選び取りのお祝いとは?赤ちゃんケーキレシピを紹介

生クリームたっぷりのケーキを食べられない赤ちゃんには、赤ちゃんケーキレシピを参考してください。