赤ちゃんの1歳のお誕生日に、一升餅を背負わして選び取りでお祝いをするといいと言われています。

この一升餅と選び取りにはどんな意味があるのかわからないお父さんやお母さんは多いようです。

また誕生日にケーキは欠かせないものだけど、離乳食が完了していない赤ちゃんの場合はどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

そこで、1歳の誕生日に欠かせない一升餅と選び取りのお祝いについて、また赤ちゃんケーキのレシピを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんの1歳の誕生日に背負わせる一升餅とは?

1歳のお誕生日に一升餅は欠かせませんが、まだ歩くのさえたどたどしい赤ちゃんに背負わせるのはどうしてなんだろうと疑問に感じているお父さんやお母さんは多いのではないでしょうか。

お祝いの一升餅にはどのような意味があるものなのか紹介しますね。
親の願いがたっぷりと込められたものですよ。

古来より日本では、初誕生日の一升餅やお正月の鏡餅などのお祝いに使用するお餅に、神様「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が宿ると考えられています。
お餅自体を大神が隠れた天の岩戸になぞらえて、楽しいお祝いの後には岩戸を開けるようにその餅を切って食べるのがしきたりなのです。

皆で神様「天照大神(あまてらすおおみかみ)」が宿る神聖なお餅を分け合って食べることで、生命力が強まったり家族の絆が深まったりすると信じられているです。

そして一升餅には、次のような子供への親の願いが込められています。

一生(一升)食べ物に困らないように
・丸いお餅のように円満な人生を送れるように

一升餅を背負わせる行事は地域によって、背負餅(しょいもち・せおいもち)、誕生餅、力餅などと色々な呼ばれかたをしています。

ところで、一升とはどのくらいの重さなんだろうと思いますよね。
なんと約2kgもあります。

初誕生日の赤ちゃんはわずかまだ1歳なので、それなりの重さがあります。
まだ歩けない子もいるし、歩けてもヨチヨチ歩きといったところでしょう。
ほとんどが泣き出してしまったり、上手に立てないのが現実で、実際に重いお餅を背負って歩ける赤ちゃんは多くはいないでしょう。

でも、それでいいのです。
なぜなら一升餅せを赤ちゃんに背負わせて、立てても立てなくても縁起が良いとされているのです。

歩けたら、歩いたことを喜びましょう。
転んでしまったら、親元に長くいてくれると解釈してこれもまた喜びましょう。

だから、赤ちゃんが歩き始めたらわざと転ばせたり、お尻に小さく丸めたお餅をぶつけて転ばせたりする地域もあるようですよ。
また歩く転ぶに関係なく、この一升餅で人の一生の重みを感じさせるための行事だとも言われているのです。

歩けたらめでたい。
転んでもめでたい。
激しく泣く赤ちゃんほど元気に育つとする地域もあるとのことです。

どれをとっても全ておめでたいということです。
赤ちゃんがどんな反応を示しても、皆で笑顔で喜んであげましょう。

基本お餅は風呂敷に包んだり、リュックに入れたりして背負わせますが、風呂敷で背負わせる場合は注意が必要です。
「肩から脇に」斜めがけさせましょう。
首が絞まったら大変なので、しっかりと見守ってくださいね。

赤ちゃんの1歳の誕生日の行う選び取りとは?

赤ちゃんの1歳の誕生日の行う選び取りですが、初めて聞いたという人も少なくないようです。
私は恥ずかしながら、孫の1歳のお祝いを神社で行っていただいた時に初めて知りました。

選び取りとは、赤ちゃんの前に意味のある品物を並べて赤ちゃんに選ばせます。
そして最初に手に取った品物で、赤ちゃんの才能や将来つく職業を占うイベント「将来占い」とも言われています。

この選び取りは、特に科学的な根拠はありません。
昔から行われてきた伝統行事ということですが、一升餅よりは知名度がやや低めなので、実際に行っている家庭は多くないようです。

しかし、この選び取りはかなり盛り上がるのでおすすめですよ。

この選び取りで用意するものは、地域によっても異なりますが、一般的なのは次の3つです。
・筆
・そろばん(電卓)
・お金

これにプラスして、箸(フォーク・スプーン)、はさみ、おちょこ、辞書、ボールなどから選び取りのその意味を見てチョイスしてみてはいかがでしょう。

ちなみに、
孫は迷わず「筆」を選びました。
神社の中で楽しいひと時を過ごしました。
家族みんなで大盛り上がりでした。

選び取りのその意味

・筆        文筆家・芸術家
・そろばん(電卓) 商人
・お金(財布)   お金もち
・箸        料理人・食べ物に困らない
・はさみ      職人・手先が器用
・おちょこ     社交的・交渉上手
・辞書       学者・研究者
・ボール      スポーツ選手

並べるものに特に決まりはありません。
家にあるありあわせの品物でよいので、遊び心でいろいろと並べてみましょう。

その解釈だって自由です。
赤ちゃんが何を選ぶか、みんなで楽しんじゃいましょう。

あかゃん1歳の誕生日ケーキレシピ

1歳の赤ちゃんはまだ離乳食が完了していませんよね。

誕生日にはケーキが付き物ですが、離乳食の進み具合いやアレルギーの関係もあり、大人用のケーキを食べることはまだ難しいので、赤ちゃん用のケーキを用意しましょう。

1歳の誕生日ケーキの基本は、砂糖は無し、脂質は限りなく少なめを選びましょう。
洋菓子店に相談して、赤ちゃんでも食べられるケーキを作ってもらうことも可能です。
この時、アレルギーがある場合はきちんと伝えてくださいね。

でもここは、お母さんが家庭で手作りしてみましょう。

食パンとヨーグルトで作る赤ちゃん専用のケーキレシピ

記念になるし、簡単にできるし、赤ちゃんにも安心、コスパも抜群なのでいいことばかりです。
簡単に作れちゃうお手軽ケーキなのでぜひ挑戦してください。

★材料
・無糖のヨーグルト
・食パン
・バナナやいちごなど好きなフルーツ

★作り方
1.ヨーグルトを一晩水切りしましょう。
水分を取ると生クリームより少し硬い感じになるので、食パンに塗りやすくなります。

2.食パンを丸型や四角型など好きな形に切り抜きましょう。

3.食パンの間にヨーグルトを薄く塗り、数枚重ねていきましょう。

4.パンの土台全体にヨーグルトを塗りフルーツをのせて完成です。

まとめ

赤ちゃんの1歳のお誕生日を一升餅と選び取りでお祝いしましょう。

しかし一升餅と選び取りが「決まりごと」ではありません。
出来ないことを苦にする必要もありません。
何よりも大切なのは、赤ちゃんの成長を心からお祝いしてあげるということです。

赤ちゃんはまだお祝いの意味はわかりませんが、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんなどの周りの人たちが笑顔で、きっと幸せを感じるはずです。

1歳のお誕生日が過ぎると成長はさらに早くなります。

⇒ 赤ちゃんファーストシューズはいつから?サイズの選び方や嫌がる時の対処法

もうシューズデビューしましたか?

⇒ 赤ちゃんにサンダルはいつから?選び方や安全な履かせ方のポイント

歩くのにもなれるとサンダルもいいですよね。

⇒ 七五三の由来や意味 お参りの時期はいつ?時期外れや大安以外でも大丈夫?

参考にしてください。