赤ちゃんを一緒に自転車に乗せる際、抱っこ紐でおんぶすれば月齢が小さくてもOKだなと考えているお母さんは多いですが、でもこれはルール違反になるのではないかと心配しているようです。

またいつから(何か月頃)おすわりで前乗せすることが出来るのか知りたいですよね。

そこで、便利な抱っこ紐を使用して赤ちゃんを一緒に自転車に乗せて大丈夫なのか、いつから前乗せできるのか、交通ルールや安全運転するための注意点について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんを自転車に抱っこ紐でおんぶして乗せるのはOK?

両手が空く抱っこひもはお母さんにとってとても便利なグッズですよね。

赤ちゃんもお母さんとピタっと引っ付いていられるからご機嫌でしょう。

この抱っこ紐を使用して、赤ちゃんと一緒に自転車に乗りたいと考えるお母さんは、この行為はルール違反になってしまうのではないかと心配しているようです。

はたして、抱っこ紐でおんぶして自転車に乗ることはOKなのかどうか紹介しますね。

道路交通法によると

一般的な自転車の場合、交通法では原則として運転者以外の人を自転車に乗せることはできないとなっています。

ただ例外があるのです。

次のような場合には幼児が同乗できるのです。

 

運転者が16歳以上の場合

幼児用の座席を付けた自転車には6歳未満の幼児を1人乗車させることができます。

 

6歳未満の幼児1人を抱っこ紐やおんぶ紐で背負って運転することができます。
ただし、抱っこ紐で抱っこしての乗車はルール違反になります。

 

幼児2人同乗適合車に認定された自転車には、6歳未満の幼児2人を乗車させることができます。

 

6歳未満の幼児を1人乗車させて、4歳未満の幼児を抱っこ紐やおんぶ紐で背負って乗せることができます。

 

このことからわかるように、抱っこ紐で赤ちゃんをおんぶをしていれば、お母さんと一緒に自転車に乗ることはOKです。

ただし、抱っこ紐で抱っこしての乗車はルール違反になりますよ。
ルール違反の前に危険ですから絶対止めましょう。

 

しかし、一般的に自転車のチャイルドシートに幼児を1人乗せて、もう1人の幼児を抱っこ紐でおんぶして自転車に乗ることが認められてますが、認められていない地域もあるようです。

細かい規則は各都道府県によって、「道路交通法施行細則」で定められているので、赤ちゃんをおんぶして自転車に乗るときは、一度お住いの地域の規則を確認しておくことをおすすめします。

抱っこ紐でおんぶして自転車に乗るときの注意点

それでは、抱っこ紐でおんぶして自転車に乗るときの注意点を紹介しておきますね。

抱っこ紐のおんぶに使用できる月齢を確認しましょう。

各メーカーによって使用できる月齢は違います。
生後4ヶ月からの物もあれば、生後6ヶ月んの物もあり、中にはおんぶで使えない抱っこ紐もありますよ。

 

赤ちゃんがお母さんの背中にしっかりと固定されるようにおんぶしましょう。

抱っこ紐はゆるみがあると赤ちゃんの思い頭がグラグラ揺れて、お母さんがバランスを取りにくくなってしまします。
ヘッドカバーがついている抱っこ紐ならばさらに安心ですね。

 

・自転車のサドルはなるべく低めにして設定しましょう。

お母さんの両足が付くように設定し、バランスを崩しても転倒を避けられるようにしましょう。

 

傘さし運転・スマホや携帯電話・イヤホンの使用はNGです。

このような危険なことをして赤ちゃんと一緒に自転車にのるお母さんはいないとは思いますが、これはルール違反、道路交通法違反です。

 

周囲の安全に気を付けましょう。

抱っこ紐で赤ちゃんをおんぶし自転車に乗るときは、スピードを出し過ぎないようにしましょう。

また、自転車は道路交通法上では「軽車両」なので、道路交通法上は車道の左側通行が原則となっているのです。
ただ赤ちゃんを乗せていて、安全上やむを得ないとみなされる場合は歩道を走っていても違反切符を切られることはないそうです。

 

安全な自転車をのりましょう。

自転車のライト、ブレーキ、タイヤの空気圧などのしっかり点検しましょう。

新しく自転車を購入する場合は、国内の安全基準であるSGマークやBAAマークのついた自転車を選びましょう。

赤ちゃんを自転車のチャイルドシートに前乗せできるのはいつから?

赤ちゃんを自転車のチャイルドシートに前乗せできるのは、赤ちゃんが一人でお座りできるようになってからです。

だいたい、生後9ヶ月からとチャイルドシートには書いてあるものが多いようです。

 

生後9ヶ月前でも腰が据われば乗せられますが、しっかり座ることが出来ていないと、お母さんの気が赤ちゃんにいってしまい集中して運転することができませんよ。

集中して運転ができないと、転倒事故や周囲を巻き込んでの事故になり兼ねませんよね。
使用できる月齢は守ったほうが良いでしょう。

 

赤ちゃんはお母さんの背中が大好きですので、無理して早めにチャイルドシートに前乗せしないで、月齢の小さいうちは抱っこ紐でおんぶするのが安全ですよ。

それと、お母さんの背中が赤ちゃんとっては風よけになってくれているので居心地良いのです。

まとめ

自転車は手軽なものと考えがちですが、道路交通法上では「軽車両」です。

運転をあやまると、赤ちゃんやお母さんがケガするだけではなく、周囲の人を傷つけたり死亡事故につながってしまう可能性があります。

そのことを十分に理解し子育てに自転車を活用しましょう。

保育園へ雨の日に送迎 自転車も徒歩の対策もレインコート?布団はどうする?こちらの記事も参考にしてください。