保育園に子供を自転車や徒歩で送迎している親にとって雨の日はきついですよね。

雨の日はどうしたらいいのか悩んでしまうでしょうが、自転車も徒歩も子供の雨対策の基本はレインコートと長靴です。
ではお母さんはどうしたらいいのでしょう。

また、一番大きな荷物となる布団はどのようにしたら濡らさないで運ぶことができるのか知りたいですよね。

そこで、どんな悪天候の中でも連れて行かなくてはならない保育園送迎の自転車と徒歩の雨対策について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

保育園へ雨の日に送迎 自転車の雨対策は?

保育園へ雨の日に自転車で送迎する場合、子供の雨対策はどうしたらいいのか心配している親は多いですよね。

保育園に着くまでにビショビショに濡れてしまったら大変です。
体が冷えて鼻を垂らしたり風邪を引いてしまったら、親は会社を休むことになります。

そうならない為には、しっかりと雨対策の準備を今から始めておきましょう。

 

子供の雨対策の基本はレインコートと長靴です。
「なーんだ、それ?」と思うかもしれませんが、着せるレインコートと長靴の履かせ方にポイントがあるのですよ。

着せるレインコートと長靴の履かせ方のポイント

上半身はレインコートのフードをしっかり被せて、その上からヘルメットを着用しましょう。

 

レインコートは大きめのサイズを選んでください。
自転車の場合、大き過ぎるかなと感じるくらいがちょうど良いですよ。

 

大き過ぎると歩いたりしたとき危ないんじゃないかと思われがちですが、自転車での送迎用のレインコートなので今回は歩くことは考えなくて大丈夫です。

レインコートがジャストサイズでは、自転車に乗った時レインコートと長靴の間が空いてしまうので、中に履いているズボンは濡れてしまうし、せっかく長靴を履いているのに長靴の中に雨が入ってグショグショ状態になっちゃいます。

 

大きめのレインコートで足までスッポリ隠してしまいましょう。

レインズボンで雨対策を強化

さらに完璧にするには、下半身の雨対策を強化しましょう。

レインズボンを履かせるのがおすすめです。

この時、間違ってもレインズボンを長靴の中に入れないでくださいね。
雨がレインズボンを伝わって長靴の中に入りビショビショになっちゃいますよ。

 

00均のレインズボンでも子供ブランドのレインズボンでも効果はかわりません
子供ブランドのレインズボンはそれなりに高いのですからね。

ただ、100均のレインズボンは強度に難ありなのが気になるとこをです。

手作りのレインズボンがおすすめ

子供ブランドのレインズボンは値段が高い、100均のレインズボンは強度に難ありならば、いっそレインズボンを作ってみませんか?

 

子供用のイージーパンツの型紙(図書館で借りて)を利用し、傘用の生地をネットなどで安く購入して、ミシンでダーっと縫い、最後にイージーパンツのスソにゴムを入れれば出来上がりです。

制作費も1,000円くらいで出来ちゃいます。

2サイズくらい大きめの余裕サイズで作ると、脱ぎ着がとでもスムーズになり楽ですよ。

アイテムを付けてさらに完璧に

自転車の雨対策をさらに完璧にするには、自転車にアイテムを付けましょう。

足までカバーしてくれるタイプの風防を付ければ、レインコート、レインズボン、長靴で小雨の時ならほとんど濡れずに保育園まで行けますよ。

 

しかし、「レインズボン、長靴なんてそんな面倒なことは嫌、もっといいアイテムはないの?」そんなお母さんには、子供がが嫌がらないのが前提ですが、子供の乗せ用のレインカバー、前用、後ろ用がありますよ。

要は、ベビーカーにつける雨よけみたいな感覚です。

子供の乗せ用のレインカバーを使用すれば、レインコートを着せヘルメットを被せただけで、強い雨の日で濡れることはないですね。。

親の雨対策は?

子供を雨に濡れさせたくないないのは当然のことですが、親も雨に濡れたら大変です。

保育園に子供を届けた後、職場で仕事をしなくてはいけません。
ビショビショに濡れるわけにはいきませんよね。

 

親の雨対策も子供と同様、基本はレインコートとレインブーツです。

ただ顔面が雨で濡れてしまうので、お母さん場合はレインコートとレインブーツだけでは化粧が取れてしまいます。

化粧が取れないようにするには、レインコートのドを被った上から透明なサンバイザー(雨よけ)をつけましょう。

そして子供と同様、レインズボンを履くのがおすすめです。

 

雨の日は道がすべりやすくなりますから、気をつけてくださいね。
横断歩道などのペイントされている部分やマンホールのふたの上、石畳は要注意です。

保育園へ雨の日に送迎 徒歩の雨対策は?

保育園へ雨の日に徒歩で送迎する場合も自転車と同様、子供の雨対策の基本は大き目のレインコートと長靴にレインハットをプラスして傘をささないようにしましょう。

傘をさすのは4歳くらいになってから

4歳より小さい子供にはレインハットをおすすめします!

子供は親の真似をしたがって、傘をさしたがったりするものですが、安全面を考えるとやはり手をつなぎたいので、傘は4歳位になってからの方が良いでしょう。

 

幼いうちは傘をさすというより、傘を振り回して遊びたいのです。
周りのお友達を傷つけてしまったら大変ですよ。

3歳まではベビーカーもあり

雨の日は3歳までならベビーカーもありです。

ベビーカーにビニールカバーを取り付け中の子供が濡れないようにし、親はレインコートとレインブーツで傘をさし、片手で押して行きましょう。
荷物を持って傘をさして片手で押すので、慣れるまで注意が必要です。

 

ビニールカバーにもいろいろ種類がありますが、ファスナー場所がキーポイントとなります。
子供をベビーカーから降ろしやすいかどうか、買う時にしっかりチェックしましょうね。

 

この時もベビーカーに乗る子供には、大きめのレインコートと長靴が良いでしょう。

 

ただ、保育園の中にはベビーカー不可の保育園もあります。
それは、ベビーカーを保育園に置いて仕事に行く人がいる場合、ベビーカー紛失したら困ること、置いておく場所の確保ができないというのが理由のようです。

雨の日べにベビーカーを保育園に置いておくことがOKかどうかは、事前に確認しておきましょう。

保育園へ雨の日に送迎に布団はどうするの?

お天気の良い日でも送迎時に荷物を持って行くのも持ち帰るのも大変なのに、雨の日の荷物は憂鬱になってしまいますよね。
一番の心配は布団でしょう。

それでは、最大の大きな荷物布団の雨対策をしょうかいします。

布団の自転車向け雨対策

ギュギュっと布団を巻き込んで紐で締め上げ小さくします。
その小さくした布団を入れる大きな袋を作って入れ、ゴミ袋を雨カバーにして被せて縛り、前かごに立てて入れます。

布団の徒歩向け雨対策

布団を入れる大きな布バッグ(肩にかけれる)を作って、その大きなバッグを70L用のゴミ袋に入れて雨カバーにして肩にかける。

その他の雨対策(担任の先生に相談)

雨の日の持ち帰りは、濡れたらなんのために持ち帰るのかわからなくなってしまうので、担任の先生に相談してみましょう。

 

「各家庭の事情や天候を考慮して頂けませんか?」とまずは1人で悩まないで、他にも自転車や徒歩送迎で困っている親がいるかもしれないので、まずは同じクラスの親に声をかけてみてもいいかもしれませんね。

皆の意見としてまとまれば、保護者会などで話してみるのも良いのではないでしょうか?

 

こちらの記事も参考にしてください。
保育園入園式の服装が私服と記載 普段着でいいの?ママと1歳児は何を着る?

まとめ

雨の日の保育園の送迎はとても大変です。

子供は大き目のレインコートとレインズボン、長靴、レインハットなどで濡れないようにし、安全面を第一に考えてあげましょう。

親もレインコートとレインブーツ、サンバイザーなどで濡れないようにし、いろいろな場面を想像し慌てることのないよう時間と気持ちに余裕を持って行動しましょう。

笑顔でお子さんを送りだし、笑顔でお迎えに行ってあげてくださいね。

布団を持って行く日とも使える日が雨の日でないことを祈りたいですね。

赤ちゃんを自転車に抱っこ紐でおんぶして乗せるのはOK?いつから前乗せできる?

こちらの記事も参考にしてください。