赤ちゃんにとって初めての冬は、どんな暖房器具を選んだらいいのか迷っていませんか?

室内の温度設定は何度にしたらいいのでしょう。
また、夜寝る時にも暖房は必要なのでしょうか?

そこで、赤ちゃんにとって冬に最適な暖房器具や室内温度、夜寝るときに暖房はどうしたら良いのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんにとって冬に最適な暖房器具は?

夫婦2人だけの生活では、冬の時期は室内が暖かければいい、特に何も気にしませんよね。

しかし、赤ちゃんが生まれ3人の生活が始まると、ただ暖かければいいというわけにはいきません。
匂いや乾燥などが赤ちゃんに良いわけはありませんね。
気になることがいっぱいです。

では、どのような暖房器具を選ぶことが赤ちゃんにとって一番最適なのでしょう。

エアコンが一番理想的で安心

暖房器具には色々な種類がありますが、安全で匂いを出さない一番理想的な暖房器具はやはりエアコンです。

エアコンなら直接床に置くことはないので、よちよち歩きの赤ちゃんが触れてやけどをすることも、押し倒してケガや火災を起こす心配もありません。
また、一酸化炭素中毒の心配もなく一番安心できるのでおすすめです。

ファンヒーターやストーブは?

ファンヒーターやストーブはどうしても匂いが気になります。

一酸化炭素中毒になる危険性があるのでおすすめできません。

また、お母さんがちょっと目を離したすきに、赤ちゃんがファンヒーターやストーブに触れてやけどをしてしまうの危険性があります。

ハロゲンヒーターは?

ハロゲンヒーターは匂いは残りません。
一酸化炭素中毒になる危険性もありません。
赤ちゃんが間違って倒したとしても、安全装置が付いているものがほとんどなので、すぐ消え火災の心配もありません。

しかし、あの赤い色に興味を持って触わり、やけどをする危険性があります。

赤ちゃんが触れないようお母さんや家族が注意を払えば、部屋を部分的に温めるのに使うのであればおすすめです。
ただ、部屋全体を温めることは無理でしょう。

床暖房やホットカーペットは?

床暖房やホットカーペットは一番理想的なのではないかと思われがちです。

しかし、赤ちゃんの体温が上がり過ぎるおそれがあるので気をつけましょう。
気づかぬうちに低温やけどになっていたなんて可能性もありますよ。

 

これらのことからも、やはり赤ちゃんに一番最適な暖房器具はエアコンです。

しかし、気になることが2つあります。

室内の乾燥
・室内の上部ばかりが暖かく足元が温かくならない

この2つの気になる点を解消する方法を紹介します。

室内の乾燥を解消するには

気になる室内の乾燥には加湿器を併用しましょう。
もしくは、洗濯ものを部屋干しして湿度を調整するのも良いでしょう。

足元を温かくするには

足元を温かくするには、予算がゆるせばオイルヒーターという手もあります。
しかし、これはとても電気代が高くなるので現実的ではありません。

 

おすすめは、シーリングファン(照明&ファン)です。
これは効果絶大です。

 

もしくは、サーキュレーターです。
でも、「風にあたると体感温度が下がるのでは?」と思われている方が多いようですが心配いりません。

サーキュレーターは天井に向けましょう。
天井の熱気を下げることに使うわけですから、サーキュレーターの風は直接体には当たりません。
安心して使ってください。

 

赤ちゃんに最適な暖房器具は
エアコン + 加湿器(ぬれたタオルを干しておくなど)+ サーキュレーター または シーリングファン(照明&ファン)で万全です。

赤ちゃんにとって冬の最適な室内温度は?

赤ちゃんにとっての冬の最適な室内温度は次の通りです。

室内温度  20 ~ 23℃
湿度    40 ~ 60%

 

冬にエアコンで室温を20~23℃に設定している時、気をつけたいのは赤ちゃんの服装です。

室内が暖かくなっているのに、寒いのではないかと心配して冬用のべビー服を重ね着させたり靴下を履かせたりすると、体温調節機能が未熟な赤ちゃんは、暑くてたくさん汗をかき、眠りが浅くなってしまいます。

また、かいた汗をそのままにしておくと汗で体が冷えて風邪の原因になったり、冬でもあせもの原因にもなってしまいます。

エアコンを使って室温を20~23℃に設定しているときは、 赤ちゃんに厚着をさせすぎないように注意しましょう。

 

室内の上部と下部では室温差があるので、 赤ちゃんの枕元に温度計をおいてチェックすることをおすすめします。

赤ちゃんが冬寝るとき暖房は必要?

冬の夜はしんしんと冷え込み寒くなります。

「赤ちゃんは深夜の寒さに大丈夫なのかしら?」と心配するお母さんは少なくありません。
だからと言って、寝る時にエアコンをつけっぱなしにすることはおすすめできません

 

赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎると、しだいに体温調節ができるようになってくるので、過剰に汗をかき体が冷えたりしない限りは大人と同じ室温で過ごしても問題ありません。

赤ちゃんは眠る時に手足から熱を放出して体温を下げ、 眠りに入った後も末梢の血管を収縮させたり拡張したりさせることで、 自ら体温を調節していると言われています。
「冬の夜間は寒くて冷えるから寝室にエアコンをつけないとかわいそうなんじゃないの?」と思うのは間違いなんです。

夜寝る時エアコンをつけておくとどうなるの

寝ている時もエアコンをつけておくと、赤ちゃんの体温は上がりすぎて体温が調節できなくなります
そして室内が乾燥して風邪をひきやすくなってしまいます。

寒い冬、赤ちゃんが夜寝る時にはエアコンをつけっぱなしにしないように注意しましょう。

室内の暖め過ぎと乳幼児突然死症候群の関係は?

室内の暖め過ぎは「乳幼児突然死症候群」の原因にもなりかねないと言われています。

基本的に体温が高い赤ちゃんが、室温が高い中で上に厚着をさせられて布団をかけられていたら、ますます体に熱がこもってしまいます。

寝ている間に体温が高くなりすぎると、赤ちゃんは体温を下げるために基礎代謝量を減らそうとします。
基礎代謝量を減らそうとすると、筋肉を弛緩させて呼吸運動を抑制して無呼吸による低酸素状態が続いてしまい、悲劇が起こってしまうこともあるようです。

このような、乳幼児突然死症候群の発症を防ぐためにも、冬の夜寝る時の室内の暖め過ぎには注意しましょう。

夜中の冷え対策は?

・赤ちゃんが寝る直前まで暖房を弱くつけて、室温が下がりすぎないようにしておくことはOKです。

湯たんぽを使用するのはOKですが、湯たんぽは赤ちゃんから十分に離して使用しましょう。

・もしも夜中に授乳する際、室内が冷え切っていてお母さんが辛い時は、授乳の時だけすぐに暖まるハロゲンヒーターを使用するのがいいでしょう。

・赤ちゃんが寝相が悪くて布団をはいでしまうのが心配な場合は、スリーパーを着用させていれば安心です。

まとめ

赤ちゃんに最適な暖房器具はエアコン + 加湿器(ぬれたタオルを干しておくなど)+ ーキュレーター または リングファン(照明&ファン)です。

室内温度は、20~23℃、湿度は40~6%です。

赤ちゃんも生後3ヶ月を過ぎると体温調節ができるようになって大人と同じ室温で過ごしても問題ないようです。
夜寝る時は部屋の暖め過ぎに注意して、この冬を乗り切りましょうね!