子供の成長を願いお祝いをする秋の代表的な行事に、七五三があります。

男の子がいるご家庭では、七五三をいつしたらいいのか気になっていませんか?

数え年と満年齢のどちらでお祝いをするのが正しいのでしょう。

また、早生まれの時はどうしたら良いのでしょう

そこで、男の子の七五三はいつするもので、数え年と満年齢どっちにしたらいいのか、早生まれの場合はどうするのかについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

男の子の七五三はいつするの?

男の子の七五三はいつするものなのでしょう。

まずは、七五三の由来、意味について紹介しますね。

現在では、「七五三」は一つの行事のように考えられています。
しかし、そもそも七五三は、次の通り3歳、5歳、7歳と別々の儀式でした。

3歳 髪置の儀(かみおきのぎ)

古くには、男女共に子どもは赤ちゃん時代から3歳まで髪の毛を剃る慣習がありました。
この日から髪の毛を剃ることを終わりにし、伸ばし始めるという儀式です。

5歳 袴着の儀(はかまぎのぎ)

男の子が行なっていたもので、この日から袴を着用するようになる儀式です。
着袴(ちゃっこ)ともいいます。

7歳 帯解の儀(おびときのぎ)

女の子が行なっていたもので、この日から紐付きの子ども用の着物を着るのをやめて、大人のように帯を締めて着物を着始めるようになる儀式です。
紐解(ひもとき)、紐直し、紐落としともいいます。

 

このように、それぞれ3つの異なった行事を合わせて「七五三」と呼ぶようになりました。

この由来から、男の子は3歳と5歳が、七五三を祝う年齢という事になりますね。
しかし、近頃では3歳を省いて、5歳だけするのが一般的になっているようです。

なぜ、このようになってきたのでしょう?

それは、女の子の「七五三」3歳と7歳に比べると、男の子の「七五三」3歳と5歳では間隔が余りに短すぎるので、男の子の3歳を祝う慣例が薄れて行ったのではないかと言われています。

 

このようなことからも、「こうで無いといけない。」と神経質に考える必要はないようです。

各ご家庭の事情で3歳と5歳の両方をお祝いするか、5歳ののお祝いにするか相談して決めるのが良いでしょう。

男の子の七五三は数え年と満年齢のどちらでお祝いしたらいいの?

数え年と満年齢のどっちで七五三のお祝いをしたらいいのか迷っているお父さんやお母さんは少なくありません。

この年齢に関してですが、昔は数え年でお祝いしていました。

しかし近頃では、満年齢が広く浸透していて数え年にこだわらないことも多くなりました。
満年齢でお祝いする家庭が一般的になっているようです。

 

数え年」でも「満年齢」でもどちらでもいいのです。
年の近い兄弟姉妹がいる場合には、「数え年」と「満年齢」を使い分けすることもできます。

上の子は満年齢で、下の子は数え年で、一緒に七五三を祝うというように柔軟に考えて良いのではないでしょうか。
兄弟姉妹一緒に祝えたら華やかで素敵ですよね。

 

各ご家庭の事情で、数え年で」するか「満年齢で」するか、こちらも皆さんで相談して決めるのが良いでしょう。

2017年の七五三 子供の年齢(生まれ年)

2017年 満年齢でお祝いの場合

満3歳(男の子、女の子)平成26年生まれ(2014年生まれ)
満5歳(男の子)    平成24年生まれ(2012年生まれ)
満7歳(女の子)    平成22年生まれ(2010年生まれ)

2017年 数え年でお祝いの場合

3歳(男の子、女の子)平成27年生まれ(2015年生まれ)
5歳(男の子)    平成25年生まれ(2013年生まれ)
7歳(女の子)    平成23年生まれ(2011年生まれ)

2018年の七五三 子供の年齢(生まれ年)

2018年 満年齢でお祝いの場合

満3歳(男の子、女の子)平成27年生まれ(2015年生まれ)
満5歳(男の子)    平成25年生まれ(2013年生まれ)
満7歳(女の子)    平成23年生まれ(2011年生まれ)

2018年 数え年でお祝いの場合

3歳(男の子、女の子)平成28年生まれ(2016年生まれ)
5歳(男の子)    平成26年生まれ(2014年生まれ)
7歳(女の子)    平成24年生まれ(2012年生まれ)

2019年の七五三 子供の年齢(生まれ年)

2019年 満年齢でお祝いの場合

満3歳(男の子、女の子)平成28年生まれ(2016年生まれ)
満5歳(男の子)    平成26年生まれ(2014年生まれ)
満7歳(女の子)    平成24年生まれ(2012年生まれ)

2019年 数え年でお祝いの場合

3歳(男の子、女の子)平成29年生まれ(2017年生まれ)
5歳(男の子)    平成27年生まれ(2015年生まれ)
7歳(女の子)    平成25年生まれ(2013年生まれ)

男の子の七五三 早生まれの場合はどうしたらいい?

新しい年が明けた1月から3月に生まれた子供は早生まれと呼ばれます。

この早生まれの子供を持つお父さんやお母さんは、七五三を今年(数え年)するか、来年(満年齢)でするか迷うことも少なくありません。

しかし、どちらでもかまわないのです。
どちらにするかは、家庭の事情で決めていいのです。
これが正解なんてありませんよ。

七五三は子供が主役の行事です。
子供の成長に合わせた時期にお参りするのが一番良いでしょう。

 

例えば特に3歳の七五三をする場合、同じ学年になるお友達は満年齢で七五三をします。
それに合わせて我が家もしようとする場合、早生まれだとまだ3歳になっていないので数え年で行うことになりますが、身体はまだ小さくその上オムツがとれていなかったりしたら、衣装を着るのに身体の負担が大きくかわいそうですね。

そんなときはもう1年待って、翌年に行えば体力的にも余裕があるので、親子共々楽しい七五三になるのではないでしょうか。

 

「こうで無いといけない。」などと硬く考えたり、早生まれだからとあまり神経質になったりせず、柔軟に決めましょう。

まとめ

七五三は子供の成長と幸せを願い、神様にお祈りと感謝をするお祝いです。

それぞれの家庭の事情に合わせていつするのかを決めて良いのです。

七五三は子供が主役の行事です。
子供の成長に合わせた時期にお参りできたらいいですね。

七五三を迎える姪や甥にお祝いは必要?金額の相場と渡す時期は?

七五三の初穂料の納め方 兄弟ふたりの表書きの書き方と相場は?

家族みんなが七五三の当日を笑顔で迎え、記憶に残る幸せな1日になりますように。