秋は七五三の季節です。

「3歳の女の子の着物の着付けはとっても簡単。」と聞きますが、本当に七五三3歳の着物の着付けは自分でできるのでしょうか?
何が必要となるのでしょう。
実際どのように着付けたらいいのでしょう。

そこで、3歳で七五三を迎える女の子の着物の着付けを自分でする場合の、必要な物と着付け方法やポイントを紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七五三 3歳女の子の着付けは自分でできる?

七五三で3歳の女の子の着物の着付けは自分で出来るものなのでしょうか。

やはり着物の着付けはプロに任せた方がいいのか迷っているお母さんは多いのではないでしょうか。

 

3歳の女の子の着物は甚平さんタイプなので、着付けの経験がないお母さんでも大丈夫です。

ぜひこの機会にお子さんの着付けに挑戦してみましょう。
ここで着付けを覚えられたらいい事づくめです。

もしも七五三当日が雨だったら。
足元の悪い中、美容院に行くだけでも大変です。
自宅で着付けができたらこんなラッキーなことってありませんね。

また季節の変わり目なので、子どもの体調が悪くてご機嫌斜めでも、自宅でお母さんが着付けするのなら周りに気を使う必要がないので、お子さんだけでなくお母さんも気分的に余裕を持つ事ができるでしょう。

いつもと変わりなくお母さんに着付けてもらえれば、お子さんも安心できて泣いたりぐずっちゃうこともありません。

 

着崩れしてもお直しができるというメリットもあります。

七五三だけでなくお正月の初もうでやひな祭りなどでも着せてあげられますね。

七五三 3歳女の子の着付けに必要な物は?

一般的に、3歳の女の子は三つ身と呼ばれる着物に被布(ひふ)というベストのようなものを着せます。

被布を着せる着付けは超簡単で、何しろ子どもが一番楽なのでおすすめです。

まず、三つ身の着物は2歳~5歳くらいまでの子供にちょうど良いサイズの着物です。

3歳女の子の着付けに準備するもの

3歳の女の子の被布の着付けに必要なものは下記の通りです。

着物(子供のサイズの合わせた肩上げ、腰上げをしたもの)
長じゅばん(半襟を付け、子供のサイズの合わせた肩上げ、腰上げをしたもの)
肌じゅばん または 普段着ているノースリーブの肌着でもOK
足袋(ソックスタイプ)
腰ひも(2~3本)
被布
草履
・巾着バッグ(なくてもよい)
・兵児帯(なくてもよい)
・伊達締め(なくてもよい)

肩上げの仕方

肩上げが必要な場合はこちらの動画をご覧ください。

 

腰上げの仕方

腰上げが必要な場合はこちらの動画をご覧ください。

 

七五三 3歳女の子の着物の着付け方法

七五三3歳女の子の着物は、お母さんでも簡単に着付けが出来て、子供本人も着ていて楽ちんな被布を着せるタイプをおすすめします。

着物の着付けポイントはただ一つです。
えり合わせを逆にしないこと。」この点のみを注意すればOKです。

 

ただ、3歳の子はじっとしてと言っても無理です。

女の子なので可愛い着物を着れることが嬉しく、興奮してしまい言うことを聞いてくれない可能性もあるので、お母さんは手早く着付けることが出来るように事前のイメージトレーニングをしておきましょう。

また、当日の本番前に子どもをモデルにして何回か練習をしておくことをおすすめします。
この練習をすることで、お母さんだけでなく子供本人が着物に慣れることができて、七五三当日に興奮して言うことを聞かないという状況になることはないですよ。

着物(被布)の着付け方法

着物(被布)の着付け方法紹介します。

1.足袋を履かせます。
この場合の「足袋」はソックスタイプがいいでしょう。

 

2.肌じゅばんを着せます。
肌じゅばんがない場合は、普段着ているノースリーブの肌着でもOKです。

このとき、寸胴な体型の幼児には補正は不要です。
しかし、痩せすぎているようならタオルを縦半分に折って腰に巻着付けると着物が着せやすくなります。

 

3.長じゅばんを着せます。
着物と同じような長いそで(振り)がついているものが長じゅばんです。

事前に刺しゅう入りの半えりを付けておきましょう。
着物を着た時に見える範囲がしわにならないように気を付けて縫い付けてください。
縫い付けるのが得意でない場合は、両面テープで貼ってしまうという方法もあります。

肌じゅばんの上に長じゅばんをそでに片手ずつ通して着せます。

背中の中心を合わせ、子どもの右手側(向かって左)を左脇下に、左手側を上前にして右脇下に来るよう着付けます。
右手が懐に入るように着付ける」と覚えると間違えありません。

このとき、襟元はのどの中心で約90度くらいになるように合わせ、首の後ろはぴったりと首に沿わせます。

付け紐がある場合は、右手側の紐を左わきの穴の開いた部分、身八つ口から出し背中を通して右前で結びます。
付け紐がない場合は、腰ひもで胸元で押さえます。

 

4.着物を着せます。
着物は長じゅばんに合わせて着せるだけです。
長じゅばんがしっかり着せられていればあとは簡単です。

着物を肩に羽織らせ、そでを片方ずつ通し、長じゅばんのそでを着物のそでに合わせて振りを整えます。
背中の縫い目が中心に来るように整え、長じゅばんの襟合わせと同様に右手側を下に、左手側を上前にして着付けます。

首の後ろでは半えりが見えないように、襟元は半えりが少し見えるように着物を合わせましょう。

長じゅばんと同じように付け紐があれば付け紐を前(中心を避け左右どちらか)で結びます。
付け紐がなければコーリンベルト(両端にクリップの付いたゴムベルト)や腰ひもで結びます。

被布を着る場合はこれでOKです。

 

さらに、伊達締めがあればそれで押さえてあげると着崩れしにくくなりますよ。
そしてその上に兵児帯(へこおび)を結んであげられたら完璧です。

もしも被布を脱着たいと言った場合もかわいく過ごすことができます。
たとえ脱がなかったとしてそのまま被布を着ている場合でも、背中の部分がぽっこりボリュームが出てそれはそれは可愛いです。

 

5.被布を着せます。
さいごに被布を着せ、スナップボタンを留めて完成です。

 

こちらの動画でイメージトレーニングをしてから練習を何回か行えばもう心配はいりません。

 

こちらの記事も参考にしてください。
七五三の草履サイズの選び方と嫌がるのを防ぐ方法 着物に靴はあり?

まとめ

3歳の女の子の着物(被布)の着付けはとても簡単です。

着付けの経験がなくても動画もみてイメージトレーニングをすれば大丈夫です。

お母さんが着物に慣れるため、お子さんを着物に慣らすためにも当日までに何度か練習してみましょう。

当日はお母さんが着付けた着物(被布)を着てキラキラ輝くお子さんと、思い出に残る七五三をお過ごしください。