七五三の記念写真をいつ撮ったらいいのか悩んでいるお父さんやお母さんは多いのではないでしょうか。

最近では前撮りが主流ですが、ゆっくりと後撮りもありですよ。
特に3歳の七五三にはこの後撮りがおすすめなのです。

そこで、七五三の記念写真はいつ撮ったらいいのか、前撮りのメリットや3歳に後撮りがおすすめの理由を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七五三の記念写真はいつ撮るの?

七五三の記念写真はいつ撮るのがいいのか、悩んでいるお父さんやお母さんは多いですよね。

七五三のお祝いの当日に着付け&ヘアメイクを写真撮影。
その後に神社にお参りに行く。

または、七五三のお祝いの当日に着付け&ヘアメイクをして神社にお参り。
その後に写真撮影をする。

以前(昔)はこの流れだったのです。
この流れが一度に全て済ますことが出来て、とてもいい感じと思われるかもしれませんが、神社へのお参りと写真撮影を同じ日に行うことは避けたほうが無難です。

ほどんどの家庭がお参りの後に、会食の場を設けているのではないでしょうか。

普段着なれない着物を着て長時間過ごすことは大人でも疲れますよ。
草履で歩くのも初めて子供がほとんどでしょう。

子どもにとってはかなりのストレスになります。

年齢が低い3歳児の場合、疲れて機嫌が悪くなったり寝てしまうかもしれません。
主役の子どもがぐずったり、泣いたりしたのではせっかくのお祝いムードも半減してしまいますよ。

全てを一日で済ませられるのは合理的ですが、それは大人の場合です。

最近では、写真スタジオなどが七五三のシーズンを避けて前撮りキャンペーンや後撮りキャンペーンというものを行っています。

これらを利用して写真撮影と七五三のお参りは別の日に行うのがおすすめです。

写真撮影が出来る日が決まったら、早めに予約を取りましょう

ちなみに、
私の子どもが七五三のお祝いをした時代には、着付け&ヘアメイク、写真撮影、神社にお参り、会食、この全てを一日で済ませるというのが当たり前でした。
下に兄弟がいたので、もう朝早くからバタバタと親子共々大変でした。
もっと気持ちに余裕を持って、親としてお祝い当日を過ごしたかったなぁーって思います。

昨年は孫の5歳の七五三を初めて経験しましたが、やはり前撮りをしていました。
記念写真は既に撮影済みということで、息子夫婦は気持ちに余裕を持っていましたよ。

七五三の記念写真 前撮りのメリットは?

七五三の前撮りとは、七五三の写真撮影を神社にお参りする当日ではなくその前に行うことです。

どんなメリットがあり、実際にはいつ頃撮ればいいのか紹介しますね。

・子どもが着付けやヘアメイクに慣れて、神社へのお参り当日はスムーズに着ることができる。
・11月では年末のむけて忙しくなり出費も多くなるので、その前に予算を組むことができる。
・早撮り割引サービスを利用することができる。
・子供の体調が不良な場合、スケジュールの変更もしやすい。
・衣装選びや写真撮影もあせらずにリラックスして行うことがで着る。

では前撮りをはいつ頃行うのが良いのか参考にしてくださいね。

6月に前撮り

スタジオからのおすすめの時期は、5月、6月だそうです。
早すぎると思う人が多いいでしょう。

ただ、9月、10は前撮りのピークになるのでその前にゆっくりとという狙いがあります。

さすがに7月、8月は家族旅行やお盆の時期で忙しいでしょう。
また真っ黒に日焼けをしていては着物がなかなか似合わないこともあるので、着物をきれいに着こなすためにも日焼けをしてない時に撮影ということで、日焼けをする前の6月に撮影をおすすめしているのです。
たしかに、一生残る七五三の記念写真は、色白の愛くるしい姿を残したいですよね。

9月、10月に前撮り

9月、10月は前撮りのピークです。
9月、10月はどこのスタジオも混んでいるところが多いので、人気の写真スタジオで前撮りをする場合には予約を早めにすることが必須です。

七五三の記念写真 3歳には後撮りがいい理由

3歳の七五三には後撮りがおすすめです。

普段着なれない着物を着て、慣れない場所で写真撮影をするのはかなりのストレスです。

また、体格が小さめの子どもや、数え年で七五三をやる子どもが前撮りをするとなるととっても幼い姿の記念写真になります。
それはそれで可愛いかもしれませんが、体力的にもちょっと心配ですよね。

3歳のお子さんの場合、まだまだイヤイヤ期で着物を素直に着てくれなかったり、好奇心旺盛でやんちゃ盛りだとジッと出来ずにスムーズに撮影できなかったりとお父さんもお母さんも気が気ではないでしょう。
数えで3歳(満2歳)なら尚更ですよ。

そして、体型が小柄な場合、スタジオによっては着られる衣装が限られてしまうという可能性があります。
この時期の子どもは数カ月でグッと成長するので、できるだけ後にしたほうが選べる衣装も多くなるのです。

11月末頃に写真を撮れば、年賀状にのせる写真にも丁度いいですよね。
最近の様子をみなさんにお披露目できます。

まとめ

笑顔で余裕を持って一日を過ごすには、七五三のお参りと写真撮影は別の日にするのがいいでしょう。

一日で全てを済ませるのはお子さんにとってもお父さんお母さんにとってもストレスです。

前撮りにするにしても、後撮りにするにしても、計画は早めに立てて予約も早めに入れましょう。

七五三には千歳飴は必需品です。
七五三の千歳飴の意味 誰が準備するもの?おすすめの食べ方は?

こちらの記事もよんで参考にしてください。