七五三には千歳飴は欠かせません。
神社でお参りをした子供たちが、千歳飴の袋を手に持った姿はとても愛らしく目に映ります。

しかし、千歳飴にはどんな意味があるのでしょう。
また、準備は神社? 写真館? 親? 誰がするものなのでしょう。
あの長ーい千歳飴はどのようの食べたら良いのでしょう。

そこで、七五三の千歳飴の意味、誰が準備するものなのか、おすすめの食べ方について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七五三に欠かせない千歳飴の由来と意味

七五三に欠かせない千歳飴は、浅草の浅草寺から江戸時代に発祥したと言われています。
紅白に染めた棒状の飴を浅草寺では、「千年」という名で売り出し評判となったそうです。

これが有名になって子供の健康と幸せを願う親たちが、長寿を願うこの飴を七五三を祝う子供たちに持たせるようになったのが千歳あめの始まりです。
当時は「千年」と言う言葉が「長い」、「長生き」、「めでたい」など、良い言葉として認知されていたのです。

七五三祝いの飴の袋に「千歳飴」と書かれているのは、この「千年飴」に由来すると言われています。

現代は美味しいお菓子があふれているので、飴が何より嬉しいお菓子とはいえませんね。
しかし、甘い物がとても貴重品であった江戸時代は、子供たちだけでなく大人にとっても飴は何よりも嬉しい贈りものだったのです。

千歳飴や千歳飴の袋の意味

昔、親が千歳飴に「子供に健康で長生きしてほしい。」と願いをかけていました。
そのため、千歳飴は縁起の良い紅白で出来ていて、粘り強い細長い棒状になっているのです。

昔は今のように子供の生存率が高くなかったので、「無事に育って長生きをして欲しい。」といった願いが強かったのです。

 

ちなみに、
千歳飴は直径15mm位、長さ1m以内と決められています。
太さや長さが決められているとはちょっとびっくりですね。

しかし最近ではレンタル衣装が多くなったため、衣装を汚さないようにと通常の長い千歳飴だけでなく、短い千歳飴も販売されているようです。

 

そして千歳飴の袋は、おめでたいとされる「鶴や亀」、「松竹梅」、「寿」の絵柄になっています。
「鶴や亀」、「松竹梅」、「寿」の絵柄袋に入れられた千歳飴、長寿と健康を願う縁起物となったのです。

縁起がいい袋のデザインになっている鶴や亀、松竹梅、寿にはそれぞれ意味があります。

・鶴や亀(鶴は千年、亀は万年長生きをする
・松竹梅は(冬でも緑を保つ松や竹、冬を耐えて真っ先に花を咲かせる梅という意味から健康や力強さ
・寿(めでたい

それぞれに、このようなさまざまな思いが込められています。

七五三の千歳飴の準備は誰がするもの?

親から子供への強い愛が込められている、千歳飴は誰が準備するものなのでしょうか?

最近では、親が自分で準備して行かなくても、神社や写真館でプレゼントしてもらえるケースが多いようです。

神社によっては祈祷後に千歳飴、絵馬、破魔矢、絵本などをプレゼントしてくれるところもあるようです。

別売りで千歳飴を販売している神社もあります。

 

しかし当日、プレゼントがなくて慌てることのないように事前に神社や写真館に問い合わせておきましょう。

そこで問い合わせ方ですが、まさか、「千歳飴は貰えますか?」とは聞けませんよね。

そこは、さりげなく、控えめに聞いてみましょう。

・神社に問い合わせる場合は、「お参りの時は、千歳飴を持参した方がいいでしょうか?」
・写真館に問い合わせる場合は、「写真撮影に千歳飴は持参した方がいいでしょうか?」

こちらの問い合わせ方を参考に事前に確認しておけば、当日安心です!

 

ちなみに、
わが息子、長男の七五三では大失敗をしてしまいました。
私たち夫婦のどちらも頭の中に千歳飴のことがすっぽり抜けていたのです。
神社の駐車場で、義母に千歳飴は?と言われ・・・
大慌てで神社周辺で千歳飴を探し、汗だくで用意した経験があります。

皆さん、今の時代ですからプレゼントがないとしても、コンビニというものがあるので心強いですが、直前でアタフタしないよう事前確認は忘れないで下さいね。

七五三の千歳飴の上手な食べ方やおすすめの使い方

千歳飴は縁起物なので、折ったり、砕いたりするべきでは無いという話をよく耳にしませんか?

しかし、あの長い千歳飴をそのまま子供に持たせて食べさせるのはさすがに危険ですよね。
口の中傷つけそうだし、転んでしまったら千歳飴でのどをついてしまいそうで怖いです。

縁起物の千歳飴ならば、なおさら食べ切ることに意味があります。

しかし、あの長い千歳飴を食べ切るのは多少無理がありそうです。
いくら甘いものが好きな子供でも、同じ味をずっと舐めていては飽きてしまうでしょう。
途中でポイッされても困ります。

そこで千歳飴を食べる時は、食べやすい大きさに割って頂きましょう。
千歳飴は細かく砕くのがおすすめです。

しかし、硬いので直接包丁で切るのは難しいですね。
ビニール袋などに入れ、包丁の背の部分やハンマーを使って叩きましょう。

これなら、思い通りの長さに揃えるのは無理ですが、周りに飛び散ることもなくだいたい2~4cmの長さにすることができます。

千歳飴が残った時の使い方

3歳の頃だと、まだ飴などの甘いものを与えていない家庭もあります。
5歳でも、あの長い千歳飴を全部食べれないでしょう。

喜ぶのは最初だけで、ほとんど残すというのが一般的なようです。

そこで、残った分の使い方について紹介します。

砂糖の代わりに使うのが一番のおすすめです。

私のおすすめは、牛乳と一緒になべに入れて甘いホットミルクを作ります。
また、大学芋や肉じゃがなどの煮物に砂糖代わりにします。

千歳飴を煮物に使うことでいつもよりぐっとコクがでますよ。

まとめ

七五三に欠かせない千歳飴には、親が子供を思う愛が込められていました。

千歳飴を虫歯になったら困るから、好みの味じゃないから、などの理由で袋に入れたままにしないで、食べきれずに残った千歳飴は、ぜひ砂糖の代わりに料理に使用して使い切ってください。