子どもの日(端午の節句)にはなぜ好んで柏餅を食べるのか、知らないと言う人は多いようです。
柏餅にはどんな由来や意味があるのでしょう。

柏餅の餡(あん)には小豆餡と味噌餡がありますが、区別をするために葉っぱの巻き方を変えています。
この葉っぱも桜餅のようにで一緒に食べれるのでしょうか。

また、冷凍保存ができる食べ物なのかも知りたいですよね。

そこで、子どもの日に柏餅を食べる由来や理由、 葉っぱも食べれるものなのか、冷凍保存の方法や解凍方法、賞味期限を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

子どもの日に柏餅を食べる由来や理由

子どもの日に好んで食べられる柏餅は、上新粉で作ったお餅で餡(あん)をくるみ柏の葉っぱで包んだ日本独特のお菓子です。

この柏餅がなぜ、子どもの日に食べられるようになったのか、その由来や理由を紹介しますね。

柏餅の由来

柏餅という上新粉で作ったお餅で餡(あん)をくるみ、柏の葉っぱで包んだ日本独特もお菓子が生まれて、端午の節句の食べ物として定着したのは、江戸時代(徳川九代将軍~十代将軍の頃)の武家社会の頃だと言われています。

 

なぜ、お餅を包んだのが柏の葉っぱだったのでしょうね。

柏の葉っぱに包んだのにはしっかりとした意味がありました。

 

古代より柏の葉は、神様へのお供え物を盛る器として使われていました。
柏の木が「神聖な木」と考えられたのです。

普通の針葉樹は秋になると葉っぱは枯れていき、最後には木から葉っぱは落ちて全て無くなってしまいます。

しかし柏の木の葉っぱは、厳しい冬がやって来ても落ちずに木の上で乗り越えます。
春になって、次の新芽が出るまでは葉が木から落ちないという特性があるのです。

 

このように柏の木は葉っぱは、木から無くなる時がないということから、「家系が絶えないということに繋がり、子孫繁栄の象徴」になるとの意味が込められるようになり、柏はとても縁起のいいものと考えられていたのです。

子どもの日に柏餅を食べる理由

春になって、次の新芽が出るまでは葉が木から落ちないという特性を持った柏の木の葉っぱから、「子供が生まれるまでは親は死なない」「子供が大きく育つまで、父母は亡くなることはない」という意味も持っていると考えられていたので、その柏の木の葉っぱに包まれた柏餅は、「跡継ぎが途絶えない」「子孫繁栄」などに結びつき、家系存続が大切な武家にとって大変縁起の良い食べ物となり、端午の節句に好んで食べられる食べ物となっていったのです。

 

江戸時代に食べられていた柏餅は、もちろん柏の葉っぱに餡は包まれてはいましたが、今のような甘い甘い小倉餡ではなかったようです。
塩餡や味噌餡が主流だったとされ、味は今の柏餅とは全く違っていたようですね。

柏の葉の巻き方の違いが表すものは

柏餅は柏の葉っぱの巻き方の違が何を表しているのか紹介しますね。

柏の葉の巻き方の違いは、次のように柏餅の中身の餡の違いを表しています。

・柏の葉っぱの表側(つるつるした葉)を向けて巻いてある柏餅(小豆餡

・柏の葉っぱの裏側(ざらついた葉)を向けて巻いてある柏餅(味噌餡

 

最近では、柏の葉っぱはどれも表側(つるつるした葉)を向けていて、お餅の色を変えて餡の区別をしているお店もあるようです。
この場合は次のようになっていることが多いようです。

・お餅が白い小豆餡

・お餅がピンク色味噌餡

柏餅は葉っぱも食べれるの?

柏餅より少し前には、桃の節句に桜餅が出回ります。

桜餅は巻いてある葉っぱも一緒に食べることから、柏餅の葉っぱも食べれるものなのかと迷う人がいるということなのですが、基本的、柏餅の葉っぱは食べないものとされています。

いや、食べようと口に入れても吐き出す人がほとんどでしょう。
食用を前提として作られていないので美味しくないのです。

 

桜餅の葉っぱは食材でとして加工してあるので、柔らかく美味しく食べられますが、柏餅の葉っぱは硬く食べても毒ではないので害はありませんが、ハッキリ言って相当マズイです。

 

ただ、もともとは旧暦の5月5日が端午の節句だったので、その頃の柏餅には新しい柔らかい柏の葉を使うことができたでしょうから、これならたとえ美味しくなくても食べれたかもしれませんね。

 

現代では新暦の5月5日に柏餅を食べるので、前年の柏の葉っぱを蒸してから乾燥またはにがりに漬けに保存しています。
乾燥させたものは熱湯で戻し、にがり漬けのものは流水であく抜きして利用しているので、こんなのは絶対美味しくなく食べられたものではありませんよね。

柏餅は冷凍保存できるの? 冷凍と解凍方法

子どもの日(端午の節句)には初節句のお返しなどで、柏餅を一度にたくさん頂いて食べれないという家庭があるようです。

柏餅は生もので、中には餡が入っているので賞味期限は短いです。
柏の葉には殺菌効果があると言われ、常温で2日~3日は日持ちすると言われていますが、5月は気温が高くなるので傷みが早くなる可能性があります。

 

このような時は冷凍保存しましょう。

 

和菓子には冷蔵保存はおすすめできません
和菓子にはでんぷんが多く含まれているので、冷蔵庫で冷やしてしまうと「でんぷんの硬化」が始まってしまいます。

冷凍方法

冷凍することで、旨味や風味も閉じ込めることが出来ますよ。

冷凍方法はいたって簡単です。

1.葉っぱごとでも大丈夫なようですが、出来れば葉っぱは取って1つ1つラップで包みましょう。

2.1つ1つラップで包んだものを密封容器やジップロックなどの冷凍用ビニールに入れ冷凍庫にいれましょう。

解凍方法

食べる時には、たべるぶんだけ自然解凍しましょう。
電子レンジでの解凍はおすすめしません

 

常温では2~3時間で解凍できちゃいます。

冷凍した場合、賞味期限は約6ヶ月ぐらいなのでなるべく早めに食べてくださいね。

解凍後の注意点

・1度解凍したものは劣化がどんどん進むので、出来るだけ早く食べて再度冷凍するのはNGです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
子どもの日(端午の節句)の由来と過ごし方 簡単に子供に説明してみよう

まとめ

柏餅の由来や子どもの日(端午の節句)に柏餅を食べる意味や理由がわかると、さらに柏餅を楽しく美味しく食べることが出来ますね。

子どもの日(端午の節句)は良い機会ですので、子供にも昔の人が柏餅に込めたの願いや想いを、わかりやすく伝えていくことも大切なことかもしれませんね。