鯉のぼりを飾る期間は長い人で2ヶ月近く、一般的には1ヶ月ほどですよね。
目に見えにくいチリやホコリ、花粉やPM2.5など、汚れもたくさんついていることでしょう。

だから子どもの日(端午の節句)が済んで片付ける時には、洗濯をしてキレイにしてから収納したいですよね。

しかし、大きなものだし洗うのが面倒くさいなと感じる人も多く、クリーニングに出せたらいいなと考え人もいるようです。

そこで、鯉のぼり片付け時の洗濯の仕方やクリーニングに出せるのか、来年気持ちよく飾るための収納方法を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

鯉のぼり片付け時の洗濯の仕方

男の子の節句の端午の節句には、五月人形や鎧や兜のように家の中に飾るものと、鯉のぼりのように家の外に飾るものとがあります。

 

鯉のぼりのように家の外に飾る場合、空気中の目に見えにくいチリホコリ花粉PM2.5の他に、鳥の糞などがついて汚れてしまったり、夜しまい忘れがあったりすると夜露や雨で鯉のぼりの生地に水分を含んでしまい、カビが発生しているかもしれません。

 

だから、片付ける時には洗濯が必要なのです。

 

ただ、金箔付きの鯉のぼりや金属の金具がついてるので、どのように洗ったら良いのか悩んじゃいますよね。

やはり金箔付きの鯉のぼりや金属の金具がついていることから、洗濯機は止めておきましょう。

 

現在の鯉のぼりは、ナイロン素材やポリエステル素材が主流なので、洗濯方法は「手洗い」が基本となります。

自宅で手洗いする手順

短期間しか飾らずほとんど汚れがない場合

子どもの日(端午の節句)の1週間前頃から飾り出してほとんど汚れがない場合は、洗剤をつかって浸し洗いする必要はないでしょう。

 

しっかりとチリやホコリ、花粉やPM2.5などを払い、タオルをぬるま湯に浸け固く絞ったもので鯉のぼり全体をキレイになるよう拭きましょう

汚れが目立つ場合

大きなタライがあれば良いですが、最近ではタライが家にある人の方が珍しいですよね。
だからタライの代わりは浴槽を使用します。

 

1.浴槽にぬるま湯をはって中性洗剤を入れます。

 

2.1の中に鯉のぼりを入れてしばらく浸けておきます。(1時間~1時間半くらい

汚れ具合で浸けておく時間は調節してくださいね。

 

3.浸けた後にまだ汚れのひどい部分があった時は、軽く揉み洗いして汚れを落とします。

ただ、金箔付の鯉のぼりの場合は浸けおき洗いでも金の粒子が浮いてくることがあります。
また、金箔や金シールが付いたものはデリケートなので、揉み洗いをしたり、擦ったりすったりすると金箔は剥がれやすく、素材を痛めてしまう可能性が大きいので軽く押し洗い程度にしましょう。

 

4.中性洗剤入りのぬるま湯は捨てて、浴槽にあらたに水をはり鯉のぼりの洗剤を軽く押しながら落としましょう。

 

5.洗剤を落とした水は捨てて、水道水を出しながら手ですすぎ洗いします。

 

6.洗剤を完全に落としたら最初は軽く絞り様子をみなが水気が無くなるように絞り風通しの良い日陰干しにしましょう。

ポリエステル製の鯉のぼりは日光に当てて干しても大丈夫です。
また濡れてもほとんど色落ちしません

ただし、ナイロン製ものは日光に当たることで変色してしまったり、濡れたままにしておくと色移りする可能性が有るので注意しましょう。

 

金箔付のこいのぼりの場合は、干すときは絞らずに水を切るだけでそのまま干しましょう。
強く絞ると金箔が剥がれる原因になります。

 

さらに乾燥が不十分だと、カビや臭いの元になる場合があるので、十分に乾燥させましょうね。

鯉のぼりはクリーニングに出せる?

鯉のぼりを自宅で洗濯できるけれど手洗いするのは面倒いクリーニングに出したいと思う人もいるでしょう。

確かに大きなものになると1人で扱うのが憂鬱になりますよね。

 

しかし、普通のドライクリーニングでは、生地を傷め、金箔の変色やはがれの原因になると言われています。

また、金属の口輪の部分の破損の原因になるので出すのはやめておいた方が賢明かもしれません。

 

ただ、鯉のぼりなどの特殊クリーニングを扱う店舗もあるようです。
しかし、お値段もばかにならないくらい下記の通り高額のようです。

・吹き流し・鯉のぼりの小さなサイズ(4mまで)各々2,160円~
・吹き流し・鯉のぼりの4m以上        各々4,320円~

 

面倒であっても、大切な子供への思いが入っている鯉のぼりですから、ここは一つ頑張って手洗いしてみませんか。

鯉のぼり片付け時の収納方法

鯉のぼりを片付け収納する際に一番気をつけたい点は、洗った後完全に乾燥しているかどうかです。

完全に乾燥していないとカビや臭いの元になり、ナイロン製の場合は変色することもあり、来年飾ろうと取り出した時に残念なことになっている可能性がありますよ。

 

しっかり乾燥させた鯉のぼりは、購入した時の箱に丁寧に畳んで湿気とカビ予防のために乾燥剤を入れ、なるべく日の当たらない(温度が高くならない)タンスの上や押し入れなど、高い所を選び収納しておきましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
鯉のぼりは何歳まで飾るの?飾る時期やしまう時期と夜しまう理由
鯉のぼりの由来 一番上の矢車や吹き流し色の意味と鯉の名前は?

まとめ

子供の大切な鯉のぼりは、出来るだけ長く持たせたいですよね。

それには、手洗い、完全乾燥、正しい収納が重要です。

鯉のぼりが良い状態で来年飾れるよう心を込めて、お天気の良い日を選び、鯉のぼりの素材に合わせた手洗い方法で汚れを落とし、完全に乾燥させてから、湿気の少ない場所に乾燥剤を入れ正しく保管しましょう。