鯉のぼりを飾るのを子供が楽しみにしてる時は、迷うことも悩むこともありません。
しかし子供の年齢が大きくなり興味が薄れてくると、「鯉のぼりを飾るのを今年はどうしようかな?」と悩む親は毎年増えているようです。

朝飾って夜にはしまう。
この単純な作業も長い期間繰り返すのですから迷うのも当然です。

そこで、鯉のぼりは何歳まで飾るのが縁起がいいのか、飾る時期やしまう時期と夜しまう理由について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

鯉のぼりは何歳まで飾るのが縁起がいいの?

5月5日は子どもの日ですね。
男の子にとっては端午の節句です。

子供の健やかな成長と幸せを願い、鯉のぼりを飾っている家があちこちに見られます。

 

小さな子供たちからは「屋根より高い鯉のぼり~」と唄う声もたくさん耳にしますよね。

元気な歌声や気持ち良さそうに青空を泳ぐ鯉のぼり見ると、何だか懐かしくほのぼのとしたし幸せな気分にななれるから不思議です。

 

こんなに素敵な鯉のぼりなのですが、子供の年齢が大きくなるにつれて興味が薄れてくると「何歳まで飾るものなのだろう?」「飾らないと縁起が悪いの?」という疑問がわき、親は悩むようです。

 

でも、迷ったり悩んだりする必要はありませんよ。
「鯉のぼりは〇〇歳まで飾るもの。」などという特に明確な決まりやルールはないそうです。

「やめたい時に飾るのをやめる。」それでOKなのです。

 

ただ、縁起を担ぐ意味のある年齢があるので紹介します。
迷う人はこちらを参考にして何歳まで飾るか決めるのも良いですね。

7歳まで飾る

地域によって鯉のぼりを飾る1つの目安として、まずは7歳までとするところがあるようです。

 

これには諸説あります。

はるか昔は子供の死亡率が高く、現代のように大人になっておじいさんになるまで長生きすることが難しい時代でした。

7歳までは「神の子」と言われて、この7歳を過ぎた子供は無事に育つと考えられていたのです。

 

だから、7歳まで無事に育ってくれたという感謝を込めて、ここで鯉のぼりは卒業し盛大に御祝いをするそうです。

15歳まで飾る

次の目安は15歳です。

 

15歳は、昔の「元服」にあたる年齢です。

この年齢の男の子は思春期に入り、受験を控えていることもあり全ての事にデリケートになっているお年頃です。

15歳は昔も現代も男の子にとって節目になる年ということなので、「せっかくの鯉のぼりを7歳で最後にするにはちょっと早すぎるわ。」と思う人は、最後の年を15歳にしてみましょう。

20歳まで飾る

最後に目安とする年齢は20歳です。

 

20歳はそのまんま成人して大人になったということで、鯉のぼりを飾るのを最後とする年齢としてちょうど区切りがいいかもしれません。

鯉のぼりを飾る時期やしまう時期は?

鯉のぼりを飾る時期や飾っておく期間も迷いますよね。

せっかくだから早くから飾りたいと思う人もいれば、朝出して夜しまってそれを毎日続けるのは大変と考える人がいてもおかしくありません。

鯉のぼりを飾る時期

鯉のぼりは比較的ラフな感じで大丈夫、「いつからいつまで飾る」という決まりないそうです。

 

一般的には、春分の日から4月中旬ぐらいの間に飾ることが多いようです。

遅くても5月5日こどもの日の1週間前には飾ってあげましょう。

 

ただ、地域によっては次のような違いもあるようです。

・春彼岸(3月24日)を過ぎたら飾る。

・雛祭り(3月3日)を過ぎたら飾る。

地域の慣習が色濃い地域ならば、おじいちゃんやおばあちゃんなど年配の人に聞いてみた方が良いでしょう。

鯉のぼりをしまう時期

鯉のぼりは比較的ラフな感じで大丈夫と言われていますが、あまり急いでしまうのおすすめできません。

 

本来、端午の節句は旧暦の5月でした。
この時期は今で言うと梅雨に入る時期なのです。

「鯉の滝昇り」と言われるように、鯉は雨との関わりがあるんですね。

 

だから、5月5日が過ぎたらすぐにしまうのではなく、5月の中旬頃にしまうのがベストのようです。

 

鯉のぼりを飾る機会は年に1度しかないわけだし、子供が喜んで楽しみにしていてくれる期間は親も張り切って、できるだけ1か月間は飾ってみてはみてはいかがでしょうか。

鯉のぼりを夜しまう理由

鯉のぼりは五月人形や兜などと違い、1度飾ったらしまう時までそのまま飾っておけばいいものではありませんよね。

朝飾ったら夕方や夜には家の中にしまうという、単純ですがとても面倒な作業があります。

 

どうして毎日夜にしまうの?」「雨が降ってないなら出しっぱなしで良くない?」など、夜しまう必要はあるのかと考える人も少なくないようです。

 

それでは、どうして鯉のぼりを夜しまう必要があるのか、その理由を紹介しますね。

鯉のぼりは風になびくとバタバタとけっこう大きな音がするのです。

うちの鯉のぼりはマンションタイプで小さいから、風に打たれてバタバタと音を立てないから大丈夫と思いがちですが、鯉のぼりは風に打たれる音の他に、一番上で回る駕籠玉(かごだま)や矢車の音、設置しているポールや金具がきしむ音思っている以上にうるさいものなのです。

鯉のぼりの由来 一番上の矢車や吹き流し色の意味と鯉の名前は?

日中はそれほど気にならないとしても、静かな夜の時間に他人の家の鯉のぼりの音は耳障りになるようです。

 

特にマンションやアパートのような集合住宅の場合、余計なトラブルに巻き込まれるのは困りますよね。
無用なご近所トラブルを避けるためにも、毎日夜には鯉のぼりをしまうようにしましょう。

 

また、鯉のぼりは比較的丈夫な素材を使っていますが、夜に出しっぱなしにしていると鯉のぼりの傷みも早くなってしまいます。

雨は降らなくても、夜露で濡れる可能性があります。
濡れたままの時間が長くなると、色あせの原因になりますよ。

子供のために購入した鯉のぼりですから、できるだけ長持ちさせたいですよね。

 

そして、いたずらの心配もあるのです。

これは1階に住んでいる人の場合ですが、夜中に盗まれてしまったり切られたり、まさかと思いたいですが、今の時代は物騒です。
心ない人のいたずらにあった人も実際いるようなのです。

子供の大切な鯉のぼりが狙われないとも限りません。

 

朝の出勤時間にはしっかり風にたなびいていて、帰宅時間の夜には家の中にしまい見えなくなっている。
これが鯉のぼりの理想ですね。

約1か月間大変ですが子供のために頑張ってみましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
鯉のぼり片付け時の洗濯の仕方 クリーニングに出せる?収納方法は?初節句の五月人形は誰が買うものでおさがりはあり?飾る時期や場所は?
初節句のお祝いで食事会の支払いは誰がするの?時期や場所 自宅でのやり方は?

まとめ

鯉のぼりは何歳まで飾るものなどと言ったにキッチリしたルールはありません。
各家庭で切りのいい縁起の良い年齢を選びましょう。

飾る時期やしまう時期も比較的ラフな感じで大丈夫ですが、4月の中旬~5月の中旬くらいが鯉のぼりを飾る期間としてはベストのようです。

毎日夜にはしまうようにして、日中大空を優雅に泳ぐ鯉のぼりを子供と一緒に眺め、健やかな成長をお祝いしてください。