初節句を迎えるにあたって五月人形や兜、こいのぼりは祖父母に買ってもらえるのか、親が用意するのか、いったい誰が買うものなのか、またお父さんのおさがりでも良いものなのか悩んでいる親は多いようです。

そしていつ頃から飾るものなのか、飾る場所に決まりはあるのかも気になるところですよね。

そこで、五月人形の購入時の疑問点や飾る時期や飾る場所について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初節句の五月人形は誰が買うもの?

5月5日は子供に日、端午の節句です。

初節句を迎えるご家庭では、五月人形のことで話が盛り上がっていることでしょう。

五月人形や兜、こいのぼりやなど、いったい誰が買うものなのか?

この話題が大半を占めていますよね。

祖父母が用意するという習慣

一般的に、五月人形や兜、こいのぼりは初節句のお祝いとして、母方の祖父母が用意するという習慣があるようです。

男の子の初節句の五月人形は、武家の具足飾りがその原型という時代背景があって、父方の両親が鯉のぼり、兜、武者人形用などを意していたようなのですが、しだいに女の子の初節句の雛人形と同様に五月人形も母方の両親が用意するように変化してきたようです。

 

一方では、子供が女の子(雛人形)の桃の節句の場合は母方が用意、子供が男の子(五月人形)の端午の節句の場合は父方が用意するという地域もあるようです。

 

どうしてこのような習慣になったのか紹介しますね。

昔は、母方の両親は娘の嫁ぎ先の同居している舅や姑に遠慮して、娘や孫に会いたいと思っても会いに行くことがなかなかできなかったのです。
現在のように、娘さんが孫を連れて頻繁に遊びに来てくれるなんてことはありえません。
昔のお嫁さんは自由ではなかったんですね。

だから親は、「娘はどうしているのだろう? 孫は毎日元気に過ごしているかしら?」「舅や姑と仲良く暮らしているのかしら?」と心配していました。

そこで母方の両親は、孫のお宮参りや初節句などの祝い事があるたびに、お祝いの品を用意して娘や可愛い孫の様子を見に行くようになったと言われています。

現在はどうなっているの?

現在は、婚姻の形態も住宅事情なども様々なことが時代とともに変化して、昔とは事情が違ってきていますよね。

今は核家族化が進んでいるので、母方の祖父母は娘や孫にはいつでも会えます。
父方の祖父母以上に孫と関われますよね。

父方、母方どちらの実家も昔のように見栄を張る必要はありません。
また、大きな五月人形や兜を飾ったり、こいのぼりを立てたり、保管するスペースもなくなっています。

 

このようなことから最近では、母方と父方の両家で話し合って五月人形の購入費用を折半するケースも増えているようです。

 

ただこのケースが一般的ということではありません。
母方と父方の両家で話し合うってこともなかなか簡単なことではないですよね。

母方と父方の祖父母の育った環境や地域の風習が違ったりすると、「えっ? お嫁さんの実家から贈られるんじゃないのか?」、「内孫だからこちらで用意するわ。」など、孫が主役の初節句の事が原因で両家でトラブルが起こったりする可能性もあります。

おめでたい初節句に飾る五月人形が原因で、両家の親同士や親子の中、夫婦間がギクシャクしまったらなんだか哀しいし辛いですね。

 

だから、形式などにに強く拘らなくてもいいのです。
自分たちの可愛い子供の五月人形や兜、こいのぼりなどは、親が購入するのが一番良いのではないでしょうか。

 

初節句の五月人形や兜、こいのぼりなどは、どれにするか親の私たちが選び子供のために用意します。」ときちんと両家の親に話をしましょう。

両家の祖父母は「それならばわかった。」と納得し、「それではお祝いは現金で贈るね。」ということになるでしょう。

 

両家の祖父母から頂いたそのお祝い金で五月人形を購入すれば、なんの問題もなくスッキリですよね。

一方の親元に過重な負担とならないように、自分たちにできる範囲で五月人形や兜、こいのぼりなどを買うというケースも多くなってきているようですよ。

 

ちなみに、
わが2人の息子たち夫婦はこの「自分たちにできる範囲で五月人形や兜、こいのぼりなどを買うというケース」でした。
実際ホッとしました。
そして、頼りなく思えるところもあった若い夫婦でしたが、子供が生まれたことでしっかり考える親になってきたことが嬉しかったです。
立派な兜を2人で選んで購入してましたよ。

初節句の五月人形は父親のおさがりでもいいの?

子供の初節句に五月人形や兜、こいのぼりなどを購入しないで父親のおさがり(父親の五月人形をゆずり受ける)というのはどうなんだろうと考える人も少なくないでしょう。

実際に父親の五月人形や兜、こいのぼりなどは実家の押し入れや納戸の中で眠っている場合が多いです。
昔のものでも古びた感じはしないし、父親のものなんだから子供がゆずり受けるのはかえって素敵な感じもしますよね。

 

しかし基本的に五月人形は、子供の身代わりとなって厄を受けると考えられているのです。
1人一体のお守りなんですね。

 

だから、父親の五月人形や兜にはこれまでの父親の厄を受けていると言うことになるので、可愛い子供が父親の厄を引き継いでしまうので縁起が良くありません

おさがりはやめておきましょう

 

この際、父親の五月人形や兜は、子供のために購入した五月人形や兜と一緒に飾ってあげましょう。
父親も自分の幼い頃の端午の節句を思い出して、話が盛り上がり楽しさが広がるはずですよ。

 

実は、
息子夫婦は父親の五月人形と子供のために購入した兜を並べてお祝いしていました。
話を良く聞くと五月人形を2つ飾るスペースないから子供には兜にしたそうです。
だけど、父親の方が勝っちゃってるといってみんなで大笑いしました。

父親の五月人形も嬉しそうに飾られていました。
押し入れに押し込まれている五月人形は可哀そうだと言って飾ってくれたお嫁さんの優しさに感謝をし、さらに温かい気持ちで孫の初節句のお祝いが出来て幸せな1日を過ごすことが出来ました。

大きさや値段ではありませんね。
やはり気持ちです。

初節句の五月人形を飾る時期やしまう時期 飾る場所に決まりはあるの?

五月人形や兜をいつから飾ったらいいのか、いつまでにしまうのか、どこに飾るものなのか悩んでいる人は多いですよね。

初節句の五月人形を飾る時期

五月人形や兜を飾る時期に特に決まりないとのことです。

 

一般的には、桃の節句が終わった3月20日頃~4月中旬くらいの間に出して、端午の節句である5月5日までに飾っているご家庭が多いようです。

 

お祝い事なので大安吉日に飾り始めた方がいいのか迷う人も中にはいるようですが、気にする必要はないようです。

お父さんやお母さんの都合の良い日を選びましょう。

初節句の五月人形をしまう時期

五月人形をしまう時期は、端午の節句である5月5日が終わり、お天気の良いカラッと晴れた爽やかな日を選んでしまうようにしましょう。

女の子の雛人形は早くしまわないと婚期が遅れるなどと言われていますが、男の子の五月人形や兜にはそのような事はありません。

初節句の五月人形を飾る場所に決まりはあるの?

一般的には南向きか東向きの位置で直射日光のあたらない場所に飾るのがベストと言われています。

しかし、五月人形や兜を飾る場所に厳密な決まり事はありません

 

現在は昔と住宅事情が全然違いますよね。
だから、家族が集まるリビングなどに飾るのが良いでしょう。

 

くれぐれも、五月人形や兜を飾る場所を決めてから、その場所に合った大きさの五月人形や兜を購入しましょう。

 

実は私、五月人形の購入の際大きな失敗をしているんです。
自分の家には不釣り合いな大きすぎる五月人形をを実家の両親にねだったのです。

その時は、飾る場所も決めていませんでした。

実家の両親も孫のためならと快く購入してくれたのですがくれたのですが、大きすぎて自宅(家族寮)には飾れなかったのです。
結局主人の実家に飾ることになってしまったという苦い経験があります。

毎年こともの日が近づくと、主人の実家の義母さんから「あの五月人形はどうするの?」と言われ続けていましたが、持ち主の息子に子供が生まれて、初節句に並べて飾ってくれました。

 

大きければいいってものではないですね。
実家の両親には散財させてしまい、主人の実家には押し入れを占領してしまい申し訳ないことをしたと反省です。

まとめ

五月人形や兜は子供の身代わりに厄を受けてくれるお守りです。

こどもの健やかな健康を祈り、夫婦で相談し飾る場所を確認してから五月人形を購入してくださいね。

子供が主役の初節句です。
笑顔で楽しい一日をお過ごしください。