子供の初節句のお祝いに食事会は付きものです。

その食事会の支払いは誰がするものなのかわからないいう親は少なくないようです。

自分の子供の初節句で、お祝いが内祝いになる食事会なので、親が主催し支払いをするのが一般的ですが、中には祖父母が支払いをすることもあるようです。

また、食事会の予算の相場や開催する時期、場所も気になることでしょう。

自宅でのホームパーティーをする場合のやり方も知りたいですよね。

そこで、初めてづくし初節句の食事会について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初節句のお祝いで食事会の支払いは誰がするの?

子供にとって初めての節句となる初節句は、「無病息災」、「健やかな成長」を願う大切な行事ですよね。

その大切な行事の初節句に食事会をして、みんなで一緒にお祝いするご家庭が多いですが、その食事会は誰が主催し、誰が支払うものなのでしょう。

 

食事会には、お初節句を迎える子供にお祝いをお頂いた人をお招きするのが一般的です。
食事会やホームパーティーにお招きするということが、お祝いをお頂いた人へのお礼(お返し=内祝い)になります。

 

だから、あくまでも主催は初節句を迎える子どもの親ということになるので、食事会の支払いも初節句を迎える子どもの親というのが一般的です。

 

しかし、実際には、各家庭の事情も色々あるようで、初節句を迎える子どもの親が食事会を主催し、祖父母がその支払をするという場合もあります。
祖父母の経済状況にもよりますが、若い夫婦の負担が大きい場合はこのようなことになるようですね。

 

ただ、この場合は双方の祖父母が相談して支払いが出来ると良いですね。
どちらか片方の祖父母が一方的に全て支払ってしまうことで関係性がギクシャクてしまったら大変ですよ。

 

当日バタバタしない為にも、支払いについては事前によく話し合い、全ての人が当日笑顔で初節句を迎える子供のお祝いが出来るよう気を配りましょう。

 

ちなみに、
わが家には息子が2人いるのですが、二家族とも子供のお祝い事で食事会をする時は、主催するのは親、支払いは双方の祖父母が折半となっています。
祖父の母経済状況も良好とは言えませんので、食事会の支払いも想定してお祝い金は控えめにしています。

 

子供夫婦と双方の祖父母とも、出来る範囲で無理をしない、派手なことをしたがらない、これがみんなが笑顔で行事を行う上で一番のポイントだと思っています。

食事会の予算の相場

食事会の予算の相場を紹介しておきますね。

一般的な飲食店(個室でお座敷)での食事会の予算は1人10,000円くらいが相場になります。

お料理5,000円 + 飲み物代3,000円 + 追加料金などの予備費2,000円 = 10,000円くらいを目安にしておけば慌てることはないでしょう。

 

やはり外食では飲み物代が高くつくようです。
お祝いの席では皆さん楽しくてついつい飲んでしまう、これはしょうがないですよね。

自宅でのホームパーティーで、お料理を手作りしたりデリバリーなどを利用し、飲み物を量販店などで用意すると費用を抑えれられますよ。

初節句のお祝い 食事会の時期はいつ?

初節句のお祝いの食事会はいつ開催したら良いのか迷ってしまう親は多いようです。

特に生まれて間もない場合は、翌年に初節句のお祝いをするのが一般的と言われています。
これは、少しでも初節句を迎える子供も一緒にお祝いを楽しめた方がいいと考えるからでしょう。

 

ちなみに、
わが息子夫婦に昨年の4月に男の子が生まれたのですが、5月に初節句はしないで今年行うことになっています。

 

細かい日程ですが、女の子の場合は3月3日の桃の節句に合わせてとか、男の子の場合は5月5日の端午の節句になどと必ずしもピンポイントで合わせなくて大丈夫ですから安心してくださいね。

 

食事会に参加する祖父母や身内の都合のつきやすい、女の子だったら3月3日前後、男の子だったら5月5日前後土曜日や日曜日に行うと良いでしょう。

 

ただ自宅でホームパーティーをする際は、女の子の場合はお雛様を片付けた後では寂しいですから、そこは考慮して日程を設定してくださいね。

 

また昔は、大安や友引など日柄のよい日を選ぶ方が良いと言われていたようですが、今は気にしない家庭の方が多いです。

初節句のお祝い 食事会をする場所や自宅でのやり方は?

初節句のお祝いの食事会は、飲食店を予約して外で行う家庭が多いようです。

しかし、私のおすすめは自宅でのホームパーティーです。

 

初節句を迎える子供はまだまだ赤ちゃんですよね。

子供の食事(離乳食)はどうしましょう。
またヨチヨチ歩けるようになっていたら、100%おとなしく座っていてくれないです。
好きなように遊ぶことが出来なくて、ぐずって泣いてしまうのは当たり前ですよ。
他のお客様に迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

このようなことをずっと気にしていたのでは、食事会を主催する親は疲れてしまうでしょう。
美味しいお料理が運ばれてきても、ゆっくり味わうなんてことは出来ません。

ましてや、孫と触れ合うことを楽しみにしている祖父母はちょっと寂しい思いをするかもしれませんね。

 

自宅でのホームパーティーならこれらの心配が一気に解決できます。

周りの人たちに遠慮することも、時間を気にすることもありません。

子供はいつもの場所で、お気に入りのおもちゃで遊びまわれます。
おっぱいやミルクを飲んだり、離乳食を食べて、お昼寝することも出来ますよ。

何より、可愛い孫と触れ合える祖父母はそれだけで満足してくれるでしょう。
成長した孫の様子を見れて幸せを感じる初節句になること間違いないでしょう。

 

雛人形や五月人形の前でみんなで記念写真を撮ったり、お祝いの様子をビデオに撮ったり、スペシャルな一日になること間違いありません。

初節句のお祝い 自宅でのホームパーティーのやり方

初節句のお祝いを自宅でのホームパーティーにする場合、どのようにしたら良いのが心配になるお母さんは少なくありません。

でも、初節句のお祝いのやり方に、これといった決まりないので、「主役は子供。」これを一番に考え、難しく考え過ぎるのはやめて楽しく初節句のお祝いをしてあげましょう。

それでは、初節句らしいホームパーティーにするために用意するものを紹介しますね。

3月3日の桃の節句の場合

■季節の花
桃の節句にふさわしい季節の花、「桃」を飾りましょう。

桃が持つ不思議な力によって人々が救われたという数多くの伝説があるように、桃の花は美しいだけではなく、厄払いや魔除け、長寿をもたらす力も持っているといわれています。

 

■お菓子
ひしもち、ひなあられを用意しましょう。

ひしもちもひなあられもキレイな、赤(ピンク)、白、緑色ですがこれには意味があるのです。
・赤  健康を祝い桃の花を表わしています。

・白  清らかさを意味し春の雪を表わしています。

・緑  春の生命力に溢れる若草を表わしています。

 

■料理
ちらし寿司

はまぐりのお吸物

白酒 など

5月5日の端午の節句の場合

■季節の花
端午の節句にふさわしい季節の花、「菖蒲」を飾りましょう。

菖蒲は尚武、勝負に通じると言われていて、「世間に負けずにたくましく育つように」という願いが込められています。

 

■お菓子
柏餅を用意しましょう。

柏餅には、カシワの葉が使われているのですが、それはカシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちないことから、子孫繁栄(家系が途切れない)という縁起をかつぐ意味があります。

 

■料理
赤飯

お煮しめ

お吸い物

鯛や鰹

 

張り切ってお料理を頑張るのも良いですが、子供がまだ離乳食の場合などは離乳食も用意しなくてはなりません。
ここで疲れて切ってしまわないためには、仕出しの折弁当やオードブルなどデリバリーを利用したり、ケータリングを頼んだりして楽しいホームパーティーを演出しましょう。

 

きる範囲で無理をしないことが一番です。

 

こちらの記事も参考にしてください。
初節句お祝いのお返しは両親や親戚に必要?時期はいつで品物は何がいい?
初節句の内祝いにお礼の手紙やメッセージカードは必要?書き方と文例を紹介

まとめ

初節句のお祝いの食事会は、親が主催し支払いをするのが一般的です。

ただ、さまざまな事情から祖父母が支払う家庭も少なくありません。

しっかりと相談をして、当日はみんな笑顔で子供の初節句をお祝いしましょう。

外で食事会をするのも良いですが、できる範囲で無理をしないホームパーティーもおすすめです。