お花見と言ったら、ほとんどの人が「桜の花」と答えるのではないでしょうか。
桜は日本人にとって特別な存在です。

しかし、お花見の起源や由来をみると当時は「梅の花」だったようです。

毎年多くの人が待ち望んでいるお花見ですが、実はよくわかっていないことって多いですよね。

そこで、お花見の起源や由来、守るべきマナー、宴会以外の楽しみ方のポイントや、おすすめのお花見バーベキューできる千葉県野田市の「清水公園」を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お花見の起源や由来

桜は特別な存在。」ほとんどの日本人がそう思っているのではないでしょうか。

そして日本人はお花見好きですよね。

 

桜が咲き始めると春がやってきたとと嬉しく思い、桜の開花情報が気になり、お花見の予定を立てるのにウキウキしちゃいます。
私たち日本人をウキウキさせるお花見はいつの頃から行われていたのでしょう。

 

お花見を楽しむ風習は古く昔からあり、奈良時代の貴族が始めたと言われています。

しかし、当時のお花見は「梅の花」でした。
確かに、桜の前には梅の花が春が近づいていることを知らせてくれていますね。

 

お花見が桜の花になったのは、平安時代です。

平安時代の貴族は、桜を愛でては歌を詠んで宴を開いて楽しんでいたのです。

 

江戸時代になると園芸技術や品種改良が進み、桜はより多くの場所で見られるようになります。

一般庶民がお花見を楽しむようになるのは、八代将軍 徳川吉宗が隅田川堤や飛鳥山(東京・北区王子)などに桜を植えたころからです。

江戸時代も春は色とりどりな様々な花が咲き誇っていましたが、やはり「桜」は特別だったようですね。

 

昔も今も、桜は一目置かれる存在です。

桜は田の神様が宿る木

桜(さくら)の「さ」は、早苗・早乙女・皐月などと同じく稲や田の神様を指します。
桜(さくら)の「くら」は、神様の座る場所という意味を指します。

 

このことから「桜(さくら)」は、春になって舞い降りた「田の神様が宿る木」と考えられていました。

 

だから農民は、田の神様が宿る木の桜(さくら)の開花を目安に農作業を始めたのです。

 

この頃のお花見は、豊作祈願の行事で農業と深い関わりがあり、桜の咲き方でその年の収穫を占うほど神聖なものでした。

桜の種類

奈良時代の貴族 → 平安時代の貴族 → 江戸時代の一般庶民、農民などによって私たちに広がったお花見ですが、桜の種類は大きく次の2つに分けられます。

・古くから詩や歌に詠まれてきた「山桜」をはじめとする野生のものです。

・鑑賞を目的に人の手によって広げられた園芸品です。
園芸品の種類は300以上あると言われています。

 

桜の木は10年ほどで立派に成長するので次々と植えられました。
しかし自力で繁殖できないので、今では多くの「染井吉野(そめいよしの)」が寿命を迎えてしまい、植え替えを進めているところです。

桜にまつわる美しい言葉

今年はこの起源や由来のを思いながら、いつもよりちょっとだけお花見を風流に楽しんでみませんか。

平安時代の貴族は、桜の花を愛でては歌を詠んで宴を開いて楽しんでいたのです。

それだけ、桜には美しい言葉が存在していますよ。
いくつ知っているか確認してみましょう。

「花盛り」
満開の頃を表す

 

「こぼれ桜」
散る桜を表す

 

「桜吹雪」
花びらが舞い散る様子を表す

 

「夜桜」
夜に見る桜を表す

 

「花あかり」
花の白さで辺りがぼんやり明るく見えることを表す

 

「花曇(はなぐもり)」
桜の季節に曇りの日を表す

 

「桜流し」
雨や水で花びらが流れる様を表す

 

「花筏(はないかだ)」
水面に散った花びらが、風や流れで吹き寄せられている様子を表す

 

日常の生活の会話の中で、このような言葉を自然に使えたら素敵ですよね。

お花見で私たちが守るべきマナー

お花見の席で絶対にやってはいけない、最低限のマナーが存在します。

お花見を風流に楽しむには、まずはマナーを守れなくては話になりませんよね。

遥か昔、風流で神聖だったお花見の習慣を守りつつ、現代の私たちがこれから先お花見を楽しんでいく上でも、キレイな花を咲かせてもらわなくてはいけません。

それでは、私たちが守るべきお花見の最低限のマナーを紹介しますね。

主役の桜の木に対するマナー

・お花見の場所に敷くシートは、絶対に桜の根の上にかからないよう注意しましょう。

根は、桜の木に限らず全ての植物の命ですよね。

そこに座り込んだり汚したり、傷めつけるような行為をしないよう気をつけましょう。

 

・桜の花がキレイきれいだからと言って桜の枝を折るのはNGです。

キレイな桜を持ち帰って家で見ていたい気持ちはわかりますが、大切な桜を傷つけてはいけません。
家に飾りたいのであれば、お花屋さんで販売している桜を購入しましょうね。

場所やその周囲に対するマナー

・近隣住民や他の花見客の迷惑にならないよう気配りしましょう。

お花見ではお酒を飲む人が多いですが、居酒屋さんで飲んでいるのとは違うということを自覚して、ほろ酔い程度で桜を愛でて楽しみましょう。
桜を愛でるのを二の次にしてお酒が飲みたいならば、居酒屋さんへ行って思う存分飲みましょう。

 

気持ちが大きくなって興奮してくると、話し声などは段々と大きくなってしまいます。
さまざまな人が集まるお花見では、話の内容にも十分注意しましょう。

 

・場所取りは、他の花見客もいるので常識の範囲内で、必要人数分のみのスペースにしましょう。

お花見を楽しみたい人はたくさんいます。
無意味に広い場所取りで、自分たちさえ良ければそれでいいというのでは大人気ありません。
譲り合って、子供の模範となれるようにしたいですね。

環境に対するマナー

・ゴミ箱が設置されていても自分たちで出したゴミは自分たちで持ち帰りましょう。

楽しませてもらった後は、後かたずけをして帰るのがマナーです。
汚れてしまった場所は地域方々が結局片付けることになります。

問題が起こると、お花見禁止になってしまう可能性があります。
また来年もお花見が出来るよう、自分の居た場所はキレイにして帰りましょう。

その他のマナー

・「火気厳禁」をうたっている場所は、予め確認をしておき火を使う時には火の始末に注意しましょう。

火の後始末は携帯コンロだけではありません。

たばこを吸っている人は気をつけてくださいね。
路上やその辺に「ポイッ」っと吸い殻を捨てるの絶対にやめ、マナーとして携帯灰皿は持ち歩きましょう。

 

・お花見会場の全てに駐車場があるとは限りません。

できるだけ自家用車ではなく公共交通機関を使用しましょう。

お花見の楽しみ方のポイント おすすめはバーベキュー

お花見と一言でいっても、いつ誰とどう見るかによって、一緒に行く人が違えば楽しみ方も違ってきます。

また、満開時期か散り際か、賑やかな昼か妖艶な夜かでも表情は様々です。

お花見は誰と一緒に?

家族とのお花見。

気の会う友人とのお花見。

会社の人たちとのお花見。 など

お花見のいろいろな楽しみ方

お酒を飲む

お花見 = 宴会と考える人が意外に多いようです。

「桜の風情を感じながら飲みたい。」という意見の人は少数で、「とりあえずお酒が飲めればいい。」という方の方が大半のようです。

お弁当を持ってピクニック

お弁当持参で桜を見に行くのは家族連れに多いようです。

彼氏とのデートにお弁当を持参するのもおすすめですよ。

 

桜を眺めながらの食事は華やかで特別なものになるでしょう。

桜を観賞しながらの散歩

散歩しながら桜を観賞するのが、一番桜を堪能できるのではないでしょうか。

ゆっくり歩くただこれだけですが、ゆっくりとした時間の流れに浸かり春という季節を感じるのもいいですね。

屋形船からの桜を観賞

屋形船に乗って川の上からお花見を楽しむことで、盛り上がること間違いなしですね。

ちょっと贅沢で割高なお花見になりますが、ごちゃごちゃした花見客をよそに、ゆったりとお花見を楽しむことが出来るのは最高です。

お花見にバーベキュー

お花見をしながらバーベキューが出来るところは限られしまいますが、家族でも、大勢集まっても対応できるのでおすすめです。

お酒を飲みたい人も、飲まない人も、子供たちも、好きなものを好きなだけ焼いて食べるそれだけでも楽しいですが、それにお花見という楽しみがプラスされるんですからたまりませんよね。

 

シートを敷いて携帯コンロを囲んで、食べてお酒を飲む花見とは違って周りに迷惑かける心配がありません。

家族で、友人たちと、職場の仲間と、ワイワイやりたい人にはこのお花見バーベキューが最高でしょう。

 

千葉県野田市の「清水公園」を紹介します。

こちらの記事も参考にしてください。
清水公園のバーベキューは手ぶらでOK 予約方法とアクセスや駐車場料金は?

★住所

〒278-0043
千葉県野田市清水906

TEL 04-7125-3030
FAX 04-7122-1670

 

バーベキュー棟が12棟あり、最大1,000人収容できます。

すべて屋根付の施設なので雨天でも安心です。

 

炉 + テーブルを提供してもらい、食材をご自身で調達する通常のプランと、手ぶらでOKな食材が選べる「手ぶらでBBQ」プランがあります。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お花見デート彼氏にお弁当持って行く?簡単なおかずや女子力アピールする持ち物

まとめ

満開の桜の下で大宴会は日本の典型的な風物詩です。
今年は、花見の由来やルーツについて思い浮かべながらお花見をしてみましょう。

桜並木をのんびり歩くお花見にするか、木の下に座り本格的なお花見を楽しむか、おすすめのお花見バーベキューで盛り上がるか、マナーを守ることを忘れずに、あなたのお好みのお花見の楽しみ方を見つけてくださいね。