入学祝いを祖父母や兄弟、親戚から頂いた場合、お返しをどうしたらいのか悩んでいる人は多いようですね。

入学祝いのお返しは必要ないと言われていることもあって、お返しのギフトは本当に贈らなくていいのか、気持ちを表すにはやはり贈るべきか迷ってしまいます。

贈る場合の時期やお返しの金額の相場はいくらなのかも知りたいですよね。

そこで、入学祝いお返しのマナーや時期、金額の相場について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

入学祝いのお返しのマナー ギフトは必要なの?

通常お祝いを頂くとお返しをするのが一般的ですが、入学祝いに対するお返しも同じと考えていいのでしょうか?

入学祝いにはお返しはしなくていいのよ。」とか、「頂いたお祝いにはお返しするのが当たり前でしょ。」とか、尋ねる人によって答えが違い「何が本当なの?」と悩んでいる親は多いようです。

 

それでは入学祝いのお返しのマナーについて紹介しますね。

入学祝いのお返しは基本的には不要

入学祝いのお返しは、基本的には不要とされています。

 

通常お祝いを頂くとお返しをするのが一般的なのに対して、入学祝いのお返しはは不要なのはなぜなのでしょう。

身内や親戚から頂く入学祝いには、「学用品などで物入りなこの時期に子供が安心して勉学に励めるよう援助する。」という意味合いが込められているからです。

 

良く考えてみると、入学祝いをもらうのは入学する子供です。
お父さんやお母さんではありません。

入学祝いをもらった子供には、入学祝いのお返しをする経済的能力はありませんよね。
だから入学祝いに対するお返しは基本的には不要ということなのです。

収入のない子供への入学祝いなので、基本的に子供がこれからの学校生活で必要なものを購入するのに使わせて頂くのが筋なのです。

 

一般的に入学祝いをされた相手(身内や親戚)も、入学祝いのお返しを期待してはいないでしょう。

気が利かない人と思われないためには

しかし、世間には色々な価値観の人がたくさんいるのも確かです。

相手によっては、「入学祝いのお返しがない。気が利かない人ね。」思われるかもしれませんね。

 

このように、気の利かない人と思われないようにするには、次のようにしてみましょう。

入学祝いを身内や親戚、親しい友人から頂いたら、お祝いを頂いた子供本人から、「ありがとうございました。」とお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

このお礼の言葉を本人から伝えることが、とても大切なポイントになるのです。

 

入学祝いを身内や親戚に直接会って「ありがとうございました。」と伝えることが出来れば一番良ですが、電話で「ありがとうございました。」の一言を伝えるだけでも、相手の人も子供本人からの感謝の言葉に感激し、微笑ましく、役に立てた、喜んでもらえて良かったと納得してくれることでしょう。

 

出来る事なら、たとえ字が上手に書けなくても子供にできる範囲で、手紙を書いてお礼をさせるのも良い方法です。

 

まずはこのような「心くばり」が何よりも嬉しいお返しの気持ちの表れになるのです。

 

ただ、地域の慣習や親戚同士の決まり事などがあって、入学祝いでもお返しをすることが当然という場合はそれに従いましょうね。

 

後になって、あの時お返しをすべきだったと後悔しない為にも、気になる場合は入学祝いのお返しのギフトを贈ることをおすすめします。

祖父母に入学祝いのお返しを贈る場合

祖父母は、ただただ可愛い孫の成長を実感できる一大イベントの入学式に、孫の喜ぶ顔がみたくて入学祝いを贈るのです。

 

だから単なる入学祝いのお返しとして、無難な品物を贈ったのでは寂しい思いをさせてしまうかもしれませんよ。

入学式の写真や、いただいたお祝いでこれを買いましたとわかる写真、子供(孫)が祖父母宛てに書いた手紙や絵などを用意して、子供(孫)と一緒に楽しめる会食の場を設けるのが良いでしょう。

 

ただ、あまり入学祝いのお返しを派手にし過ぎると「お返しにお金をかけるより孫のために使って欲しい。」と遠慮させてしまう可能性があるので気をつけましょう。

親戚や友人などに入学のお返しを贈る場合

親戚や親しい友人などに入学のお返しを贈る場合、消耗品が喜ばれます。

人気があるのは、お菓子やコーヒーなどの食品やタオル、洗剤です。

入学祝いのお返しを贈る時期はいつ?

入学祝いを頂いてそのお返しをする時期はいつが良いのでしょう。

お祝いを頂く時期も人によってまちまちですものね。

 

一般的に、入学式以前に入学祝いを頂いている場合は、4月の上旬が基本です。
遅くとも4月中にはお祝いのお返しをしましょうね。

 

入学後に入学祝いを頂いた場合は遅くても、頂いた日から1カ月以内にはお祝いのお返しをしましょう。

入学祝いのお返しの金額の相場はどれくらい?

入学祝いのお返しする場合の金額の相場はどれくらいなのか悩んでしまいますよね。

祖父母の金額の相場

前述した通り、入学式の写真や、いただいたお祝いでこれを買いましたとわかる写真、子供(孫)が祖父母宛てに書いた手紙や絵などを用意して、子供(孫)と一緒に楽しめる会食の場を設けるのが良いでしょう。

だから、金額の相場はありません

「ありがとうございました。」という感謝の気持ちを届けられればOKです。

親戚や親しい友人などの金額の相場

一般的に、親戚や親しい友人などへの入学祝いのお返しの相場は、入学祝いで頂いた金額や贈られた品物の半分~3分の1程度の品物をお返しします。

入学祝いが現金ではなくて品物で頂いた場合は、だいたいのお値段を調べてそれに見合ったお返ししましょう。

 

お祝いの気持ちとして頂いた入学祝いより高額のものをお返しとして贈ることは、相手に失礼にあたるのでくれぐれも気をつけましょうね。

 

絶対に避けて欲しいのが全額返しです。

悪気はなくても全額返してしまった場合、相手はお祝いの気持ちとして贈った入学祝いを返されたと思ってしまう可能性があります。
くれぐれも注意してくださいね。

 

それと前述した通り、お祝いを頂いた子供本人から、お礼の言葉を伝えるはとても大切なことです。

子供の明るい元気のいい「ありがとうございました。」の声で入学した喜びと感謝の気持ちを表しましょう。

内祝いの祝い袋のポイント

入学祝いのお返しを贈る場合は、表書きは「内祝い」として贈りましょう。

水引は白赤の蝶結びのものを使用しましょう。

・のしの上段は「内祝」、下段は子供の名前を書きましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
小学校入学式の男子の服装と靴選びは?レンタルはお得?
大学の入学式で男子スーツの色や値段とコーディネートに必要な物は?
大学入学式の服装 男子はスーツいつ買うの?成人式や就活に兼用できる?

まとめ

一般的には入学祝いにお返しの必要はありません。

しかし、お祝いを頂いた子供本人から、お礼の言葉を伝えるはとても大切なことです。

子供の明るい元気のいい「ありがとうございました。」の声で入学した喜びと感謝の気持ちを表しましょう。

状況によってはお返しをした方が良い場合もあります。

親戚とのお付き合いなどを考慮して、ご家庭でしっかりと判断して決めましょう。