小学校の入学式は親子でウキウキ気分ですが、その後に親にはちょっと気が重いPTA役員決めが必ずやって来ます。

PTA役員は大変と言われているけれど、初めての子供の場合どんなことをするのかわからないですよね。

PTA役員を断ることはできるのでしょうか?
免除してもらえる理由があったら知りたいですよね。

そこで、小学校PTA役員の仕事内容や断り方のコツ、免除してもらえる理由はどんなものなのか紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

小学校PTA役員の仕事内容

小学校のPTA役員の限らず、できるなら避けて通りたいの役員ですよが役員ですよね。

しかし、小学校には6年間通う子供がお世話になるのですから、PTA役員は子供を持つ親ならだれもが通る道なのです。

 

PTA役員にはどんな種類があって、どんな仕事をしているのか理解しておきましょう。

各小学校によって名称や呼び名などに多少の違いはあると思いますが、小学校の活動内容はほぼ同じと考えて良いでしょう。

 

まずは、PTAの組織を頭にイメージしましょう。

小学校にはPTAという大きな組織が1つあります。

PTAという大きな組織の中には本部があって、そこに本部役員(会長、副会長、書記、会計、監事)がいます。

その本部役員の下に、各学年単位の「学年委員」と「専門委員」がいるのです。

 

一般的には、これらの本部役員、学年委員、専門委員を一般のPTA会員(父兄)と区別して「役員」と呼んでいます。

中には、本部役員のみを「役員」と呼んで、学年委員と専門委員は「委員」と呼んでいる学校もあるようです。
また、本部役員は理事とか執行役員という呼び方をしているところもあります。

 

ちなみに、
わが息子の通っていた小学校では、本部役員は「執行部」、学年委員、専門委員は「役員」と呼んでいました。

 

それでは、小学校PTA役員の種類とその仕事を紹介しますね。

本部役員

会長

会長とはPTA会員の代表です。

 

校長先生以上の発言力を持つ人がなる場合が多く、地元などでそれなりの基盤を持っている人が選出されることが多いようです。

子供の通う学校のPTA活動だけではなくて、対外的な後援会への出席やイベントなどへの参加も多くなります。

副会長

常に会長を補佐します。
対外的な仕事で忙しい会長の代役をします。

 

ただ、会長次第(積極的)で、何もやることがなかった(お飾り)などといったことになることもあるかもしれません。

書記

PTA総会など色々な会が開かれる時の、会議内容(議事録)を正確に記録します。

ただ、意外と雑務が多いので、実質的な仕事量は一番多いかもしれません。

会計

全ての会の金銭の出し入れ(支出と収入)を正確にチェックし、決算報告をします。

相当な金額を管理しますが、会計に慣れた人なら苦になることはないでしょう。

監事

会計を監査します。

 

仕事量としては会計報告前が忙しくなりますが、一番ねらい目の仕事かもしれません。

クラス役員

クラス役員は、PTA活動の実行部隊と言ったらイメージしやすいかもしれません。

 

クラス役員の仕事は、学年委員(学級委員)と専門委員との2つです。

学年委員(学級委員)

各クラスの世話係と言ったらわかりやすいかもしれません。
また、担任の先生とのやり取りが多くなるのが特徴です。

 

PTA活動は学級単位で行うものや、学年単位で行うものがあります。

授業参観日の後の懇談会などの司会進行や、学年単位でのイベント開催、本部役員からの仕事もあるので、仕事の種類からしたら多いでしょう。

広報委員

PTAの広報誌を作成します。

発行回数は学校によって違いますが、一般的には最近では年2~3回位の学校が多いようです。

そんなに少ないなら大丈夫かもと思う人も出てきそうですが、広報は取材や撮影から、印刷業者への発注や文書の校正をして、会長に確認を取ったりと、仕事量が多いので、比較的避けたいと思っている人は多いかもしれません。

 

実際に私が経験した役員決めの時は、広報委員が最後まで話し合いでは決まりませんでした。
担任の先生困って考えたのがくじでした。
先生が作ったくじを翌日子供が引いて決めるという騒動まで持ち上がったほどです。

 

ただ、くじに当たってしまったお母さんが一年が終わるころに、皆さんの前で「やって良かったです。」と笑顔で言っていたのが印象的でしたよ。

やりがいを感じられる仕事と言えそうです。

体育委員

PTAの球技大会を開催したり、運動会への参加やお手伝い、校内のマラソン大会のお手伝いなど、親の誰もが大人になるまでに経験したことをする仕事内容が多いので人気は高いです。

 

何といっても一番とっつきやすい仕事でしょう。

文化教養委員

親と子どもが一緒に教育に関して学習しあう場を設定したり、親の生涯学習の場として講演会や講師を招いて手芸講習会を行ったり、自分たちで企画をします。

 

趣味の多い方にはうってつけの仕事かもしれません。

環境委員

学校の校庭の草むしりや花植え、お祭りの時などにパトロールをするなど、比較的縁の下の力持ち的な仕事内容かもしれません。

小学校のPTA役員の断り方のコツは?

小学校のPTA役員を断ることができるのか気になっている人は少なくないでしょう。

PTA役員の仕事内容を理解して子供のためにも一度は引き受けなくてはならないとわかっていても、役員を免除してもらうことはなかなか難しいことだとわかっても、それでも断りたい時があるかもしれませんね。

 

それでは、小学校のPTA役員の断り方のコツを紹介します。
私が今まで経験してきたこと、また周りの人たちを見てきて感じたことです。

とにかくきっぱりと簡潔に

「小学校のPTA役員を今回は断る。」と、強く心に決めたならばとにかくきっぱりと簡潔にお断りしましょう。

この時注意する点は、感情的にならないことです。
冷静に声を荒立てたりせず和やかに、「今回はどうしてもお引き受けできません。申し訳ありません。」と繰り返しみなさんに伝えるのです。

 

そして下手な言い訳は一切しませんよ。

間違っても「私より〇〇さんの方が適任です。」などと、他の人の名前を出して押しつけようとしたりするのは絶対に無しです。
その後の保護者間の関係も険悪になってしまいます。

 

場合によっては、本部役員さんが出てきたり、すでに選出され委員になった人たちがあれやこれや必死に説得しに来るかもしれませんよ。

それでも、「今回はどうしてもお引き受けできません。申し訳ありません。」と伝えるのです。

 

ここで、意思がぐらついてPTA役員を引き受けるつもりがないのに、その場の空気に流されて「もし誰もいなければ・・・」や「ちょっと考えてみます」など、曖昧な返事をしてしまったら「私がやります」と言っているのと同じになってしまい、最終的には引き受ける羽目になるので気をつけましょう。

 

どうしても今回PTA役員を引き受けたくない、引き受けられないのであれば、噂や悪口は覚悟の上でぶれない態度をとり続けるしかないのです。

「できないものはできません。」と冷静に和やかに開き直ってしまう方法が一番良いでしょう。

 

しかしこのようなことは、どうしてもお引き受けできない時だけにしましょう。
ただ何となく面倒だからなどという理由で、毎年こんな断り方をしていたら人間性を疑われてしまいますよ。

 

噂や悪口が出たとしても今回に限ってのことなら、来年になれば「本当に去年引き受けられない事があったのね。」ということになり親同士の関係もぎくしゃくすることないでしょう。

じゃんけんやくじ引きになるときは?

あっ、どうしても話し合いで決まらず、その場でじゃんけんやくじ引きになる場合もあります。

その時も同様、「じゃんけんに負けたらどうしよう。」、「くじに当たっちゃったらどうしよう。」などと弱気になったらダメです。

私は絶対に役員にはならないと「強いぶれない意思」を持って、じゃんけんやくじに臨んでください。

 

この「強いぶれない意思」で私は2回じゃんけんに勝ち、当たりくじを引いたことはありませんよ。

小学校のPTA役員を免除してもらえる理由はある?

最初に、小学校のPTA役員を断る理由ってどんなものがあるのか紹介してみますね。

以前は「1人の子供について1度は役員をしなくちゃね。」と言われていましたが、近年は少子化のため、小学校を卒業するまでに1人の子供について1度の役員では終わらず2度やる学校もあるようです。

 

だから相当な理由がない限り、役員を免除してもらうのはなかなか難しいのではないでしょうか。

 

・両親フルタイムで働いている

・親の介護をしている

・夫の転勤が今年あるかもしれない

・体調を崩して病院通いをしている

・下の子がいる

・母子家庭(父子家庭)だから

 

このような理由がほとんどです。

しかしこれらの理由で、役員を免除してもらうことはなかなか難しいでしょう。

小学校のPTA役員を免除してもらえる理由

小学校のPTA役員を断り、免除してもらえる理由として認められるのは次の4つではないでしょうか。

 

・すでに役員をしている(新入生の場合は、上の子で昨年した)

乳児がいる

高度の要介護認定の家族を自宅で看ている

現在妊娠中である

 

こちらの記事も参考にしてください。
小学校卒業式の男子の服装 スーツの場合レンタルもあり?靴選びは?
卒業式で母親が着る着物の種類や色と羽織は必要?自分で出来る髪型は?
卒業式で母親の服につけるコサージュは必要?色や位置に決まりはある?
卒業式の母親のバッグ色や大きさ フォーマルバッグやブランド物でいい?

まとめ

小学校PTA役員を断るにはとてもパワーが入ります。

「自分だけが大変だ」という考えでの発言は控えましょう。

事情があるにもかかわらず引き受けてくれた人に感謝し、「できることがあれば手伝う」というスタンスで、周囲への配慮を心がけたいですね。

また、絶対に無理と決めつける前に、子供のため、自分を成長させる良い機会と考え前向きに頑張ってみてはいかがでしょうか。