読書感想文を書くにはまずは本を読まなくては先に進みません。

小学校の低学年の場合、どのような本を選んだらいいのかお母さんは悩んでしまいますよね。
まだ自分で読みたい本が選べない子供は多いでしょう。

オススメの本があったら知りたいですよね。

また子供に書かせるコツや書き方がわかると嬉しいですよね。

そこで、夏休みの宿題に必ず入ってくる小学校低学年の読書感想文の本の選び方やオススメの本、書かせるコツや書き方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

小学校低学年の読書感想文の本の選び方やオススメ本

子供にとって楽しみな長い夏休みが始まりますが、お母さんにとっては夏休みの宿題の特に読書感想文が憂鬱ですよね。

だって、小学校低学年ではまだ読書感想文を本人に任せるのは無理ですもんね。
一向に進まず、絶対に最後まで残ってしまうでしょう。

 

だから、悩む前にサッサと夏休みの最初から、お母さん主導で本選びをすることから始めてみましょう。

お母さんと一緒に本選びをする楽しさを味わえば、読書感想文の宿題もハイピッチで進むのではないでしょうか。

 

それでは、どんな本を選んだらいいのか、オススメの本はどのような本か紹介していきますね。

まず、課題図書だったら間違いないと思うお母さんは多いですよね。

 

私も昔、息子たちが夏休みに入るとすぐに課題図書を買っていました。
いやぁー、楽をしようと思ったわけではありませんが、書いてある内容も見ずに「学校で推奨しているんだから課題図書がいい。」と子供たちの意見も聞かずにやっちゃってました。
でも、これは一番悪い例です。
真似しないでくださいね。

 

学校で推奨する課題図書はどれも良い本です。
しかし、必ずしも子供にとって「すごく面白い」「とっても興味を持つ」本とは限らないんです。

もちろん課題図書を面白いと感じ、興味を持つ賢い子供もいますよ。

 

だから、課題図書だからこれを読みなさいと子供に薦めても、本人が面白いと感じなかったらそれは無理な話です。
読むはずありません。

 

そこで、お母さんのお手伝いはここが重要になります。

子供興味を示しそうな本、読んで楽しいと感じそうな本お母さんからみて子供が読みやすそうな本感想が書きやすそうな本を何冊か選んであげて、その中から子供に選ばせると良いでしょう。

きっとやる気になってくれます。

 

最初から自分の好きな本を選ばせたいと思いますが、本が普段から好きで読んでいる子供なら自分からどんどん選びますが、本に縁がない遊びをしている子供に好きな本を選んでおいでと言ってもいつになっても決まらないですよ。

お母さんの力が必要です。

本を選ぶ時のポイント

興味を示しそうな本、読んで楽しいと感じそうな本であっても、小学校の低学年が読み進めて行くには次の3つのポイントは重要です。

文字が大きいこと。

絵があること。(絵をみて、想像しながら読む)

・1つの話が短く完結していること。(大切な要素)

小学校低学年の読書感想文にオススメ本

小学校低学年の読書感想文にオススメ本を紹介します。

 

ちょっと幼稚過ぎないと感じてしまうかもしれませんね。
しかし、最後まで読むことが大前提ですよ。

最初からハードルは高くなくていいのではないでしょうか。

 

この本がきっかけになって本を読むことがが楽しい、読書感想文って難しくないと子供が感じてくれたらこんな嬉しいことはありませんね。

もしかしたら、「来年は◯◯の本で読書感想文を書きたい。」と子供から言ってくれるかもしれません。

・ジャックのと豆の木

・大きなかぶ

・はれときどきブタ

・もちもちの木

・力太郎

・スーホの白い馬

・世界名作シリーズ など

小学校低学年に読書感想文を書かせるコツは?

小学校低学年の子供には、読書感想文の本選びも1人では無理なのですから、選んだ本を1人で読んで読書感想文を1人で書くなんて絶対無理でしょう。

字もそこそこ書けるようになったばかりで、スラスラ本を読めない子供もいるはずです。

あれぇ?
今の子供にそんな子はいないのかな?

では、本はスラスラと読めるとしても、読んた後に思ったことを文章にするなんて難しいと思うんですよ。
お母さんは、小学校低学年の場合はまだまだ1人ではできなくて当たり前と考えましょう。

 

だから、いっこうに先に進まないからと言って「早く本を読みなさい。」「早く感想文を書いちゃいなさい。」とお母さんが声を荒げてしまうのはNGです。

そんなことをしてしまうと、本を読むことも読書感想文を書くこともこの先ずーっと嫌いになってしまうかもしれませんよ。

 

そんなことにならないように、「読書感想文が自分で書けた。やったぁ!」と子供が達成感を感じれるように、 お母さんはさりげなく子どもの気持ちを引き出す手助けをするために、一緒に寄り添ってあげましょう。

それでは始めてみましょうね。

お母さんがさり気なく子供の気持ちを引き出すポイント

子どもと一緒に本を読みながら「ここがポイント」と思われる場面ごとに、子供にさり気なく次のように問いかけてみます。

「◯◯(登場人物)さんは何をしたのかな? どう思ったんだろうね?」

「ここおもしろいね。〇〇(子供)どう思う? なんでおもしろいのかな?」

 

このように子供に問いかけ、確認しながら読み進めていきましょう。

 

その時、お母さんからの問いかけに子供が言ったことをしっかりメモしておきましょうね。

本が読み終わったら、メモの中の子供が言った言葉をもとに感想文を組み立てていきます。

 

このようにすれば、子供も幼い頃にお母さんやお父さんに絵本の読み聞かせをしてもらったことを思い出し、楽しくて仕方ない気分になるのです。

お母さんもこれなら、子供と一緒に楽しんで出来る気がするでしょう。

 

感想文を書くのは苦手でも、本を読むと感じたことや思ったことはたくさん出てきます

それを子供に話させると、大人では思いもつかない「えっ?」と思うことを言ってきます
また、大人は常識的なおりこうさん的な考えを書かせたくなりますが、子供は常識なんてまだ考える年齢ではないので「そんな風に思うの?」なんてビックリさせられたりもします。

 

この時、お母さんの常識的なおりこうさん的な考えが正しくて、子供の感じたことは間違えだと考えて「そうじゃないでしょ、そんなこと言ったらダメ、あなたは間違ってる。」などとお母さんと同じ思いにさせようとしないでくださいね。

「そんな風に思うの?」でいいのです。

小学校低学年の読書感想文の書き方

小学校低学年の子供にとって、感じたことを文字にすることはまだまだ難しいことです。
そこをお母さんがお手伝いしてあげましょうね。

子供と一緒に本読みをしながら、子供が感じた思った事を書いたあのメモを活用して感想文を仕上げていきましょう。

子どもならではの言葉遣いはそのままにします。
この時も、こんな言い回しのほうがいいとか、大人受けの良い思いはこれなどと、お母さんの考えを付け加えることは止めてくださいね。

子供が「自分で読書感想文が書けた。 やったぁ!」達成感を感じることが一番大切なのです。

書き方のポイント

1.登場人物
だれがでてきたかな?

 

2.状況
主人公はどこにいる?
何をしようとしているのかな?
どんなことが起こったのか
今、なにがあったかな?

 

3.登場人物の気持ち
そのとき登場人物はどんなふうに思ったと思う?

 

4.自分の気持ち
それを読んでどう感じたかな?
どのページが好き
このセリフが好き
登場人物の中でだれが好き

 

このようなことを入れてみましょう。
メモの内容をもとに、子供と一緒に文章に組み立てていけば、立派な読書感想文の出来上がります。

 

それでもなかなかまとまらない時は、登場人物にお手紙を書くような書き方でも良いのではないでしょうか。

楽しい感想文が出来あがること間違いありませんよ。

まとめ

読書感想文は難しく考えてしまうとなかなか手がつけられず、どんどん先伸ばしになってしまいます。

今回ご紹介したやり方なら、子供もお母さんも楽しんでできること間違いありませんよ。

素晴らしい感想文が書けなくても、本を読むのってワクワクする。
感じたことをお母さんと話し合うのっておもしろい。
文を書くのって楽しい。

このようなことを子供が感じてくれたら最高ですね。

こちらの記事も参考にしてください。
小学生の夏休み自由研究が1日で簡単にできる内容とまとめ方

大切なのは、子供が頑張っていることにお母さんが一緒に付き合うことなのではないでしょうか。