子供の初節句に両親(祖父母)や親戚からもらったお祝いにお返しはどうしたら良いのかなやんでいる親は多いのではないでしょうか?

ホームパーティーや食事会に招待するのであればお返しは必要ないと言われています。

しかし招待できない、遠方で欠席の人にはいつどのような品物を贈ったら良いのでしょう。

そこで、初節句のお祝いのお返し(内祝い)の疑問点について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初節句のお祝いのお返し(内祝い)は両親や親戚に必要?

子供の初節句のお祝いを双方の両親(祖父母)や親戚などからもらった場合、お返しをどのようにしたら良いのか悩んでしまいますよね。

ホームパーティーや食事会を開いて、お祝いをもらった人を招待して一緒に初節句をお祝いすることが出来るのであれば、出席してもらった人へのお返し(内祝い)必要ありません
ホームパーティーや食事会にお招きするということがお礼(お返し)になるのです。

 

ただ、わざわざ時間を作って来てくれた人に手ぶらでお帰りいただくのは心苦しいですよね。
ホームパーティーや食事会のお帰りの際には、3月3日の桃の節句であれば桜餅や可愛らしいお菓子5月5日の端午の節句であれば柏餅や子供の名前を入れたカステラなどをお土産として持ち帰ってもらうのが良いでしょう。

 

このように、お祝いをもらった人全員をホームパーティーや食事会に招待できれば良いですが、実際はなかなか難しいくれませんようです。
自宅が手狭だとホームパーティーに大勢招くのは無理だし、外での食事会も広い会場を用意するのも予算が許してくれませんよね。

招待出来たとしても、相手の方が遠方だったりすると欠席されたり、色々な事情で欠席される可能性があります。

このような理由から、最近は双方の両親(祖父母)のみ招待という家庭が多いようです。

 

なので、初節句のお祝いをもらったけれど、ホームパーティーや食事会に招待出来ない場合や、招待したけれど都合が悪く欠席だった人には、お祝いを頂いたことへの感謝の気持ちをしっかり伝え、無事に初節句を迎えられたことを報告しなくてはいけません。

それをお礼のお返し(内祝い)というのです。

子供の名前でお返し(内祝い)の品物を贈り感謝の気持ちを伝えましょう。

初節句のお祝いのお返し(内祝い)をする時期はいつ?

初節句のお祝いのホームパーティーや食事会に招待できなかった人や、都合が悪く欠席された人のお祝いのお返し(内祝い)は、「3月3日の桃の節句」も「5月5日の端午の節句」も、ホームパーティーや食事会の一週間以内にお返し(内祝い)の品物を手配しましょう。

遅くても「3月3日の桃の節句」は3月中まで、「5月5日の端午の節句」は5月中までには済ませましょうね。

のしや表書きは?

初節句のお祝いのお返し(内祝い)には、紅白の蝶結びののし紙で、表書きは「初節句内祝い」「内祝い」とします。

下には子供の名前を書きましょう。

 

直接お店から発送する場合は、お店の人に「初節句の内祝いで使います。」と伝えれば間違いなくやってもらえるので安心です。
しかし、インターネットなどで手配する場合は、しっかりと確認しながら間違えないように手配しましょう。

また宅急便などで配送する場合、差出人は親の名前で送りましょう。

初節句のお祝いのお返し(内祝い)の品物は何がいいの?

初節句のお祝いのお返し(内祝い)は、お祝いとして頂いたお祝い金や品物の3分の1~半額程度の日持ちのするお菓子を贈るのが一般的です。

クッキー、カステラ、ゼリーなどですが、最近はカステラに子供の名前を入れるのが人気です。

また、お菓子の中に感謝のメッセージを入れたり、目上の方であったら手紙でお礼状を出せばさらに感謝の気持ちが伝わります。

高額なお祝いをしてくれた祖父母には?

高額の節句飾り(雛人形、五月人形、兜、鯉のぼり)や現金でお祝いしてくれた祖父母へのお祝いのお返し(内祝い)はどうしたらいいのでしょう。

お祝いとして購入してもらった節句飾り(雛人形、五月人形、兜、鯉のぼり)や現金の3分の1~半額程度としたら相当な金額になってしまいます。
自分たちの両親であっても、やはり他の人と同様にした方がいいのか悩んでしまいますよね。

両親(子供にとっての祖父母)には、3分の1~半額程度のお祝いのお返し(内祝い)は必要ありません。
祖父母というものは、可愛い孫の成長をただただ喜んでいるのですから、逆に3分の1~半額程度のお祝いのお返し(内祝い)をされたら寂しい思いをするでしょう。
「可愛い孫に贈ったものなのに、なんで返すの?」こんな気持ちでしょうね。

 

そうはいっても、お父さんもお母さんも息子として、娘として心苦しいかもしれませんね。

そんな時は、気持ちとして商品券やギフト券、節句飾り(雛人形、五月人形、兜、鯉のぼり)の前で子供の楽しんで遊んだり、笑っている写真を撮影しフォトフレームに入れて贈りましょう。

 

可愛い孫の様子を知りたい祖父母にとっては、このような記念に残るプレゼントをとても喜んでくれるでしょう。
また、気持ちとして贈った商品券やギフト券は、また孫の喜びそうなものを買うのに使って子供の元に帰ってくるでしょう。

まとめ

初節句は初めてのことで色々迷ったり悩んだり、考えたりすることが多いので大変でしょうが、可愛い子供のお祝いです。

どうか楽しみながら計画を立ててください。

少々の手違いがあったとしても、一緒に初節句をお祝いしてくれるみなさんに感謝の気持ちを忘れずにいたら問題はありません。