初節句を迎える孫、または姪や甥に渡すお祝い金の金額の相場はいくらなのか、わからず悩んでいる祖父母や兄弟、姉妹は多いです。

また、いつ頃渡したらいいのかも迷いますよね。

そこで、初節句に祖父母が孫に、兄弟、姉妹が姪や甥に渡すお祝い金の金額の相場、渡す時期や渡し方のマナー、のし袋の選び方や表書きの書き方について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初節句のお祝い 祖父母や兄弟の金額の相場はいくら?

可愛い孫や姪や甥の初節句のお祝いですから、出来ればたくさんあげたいと誰もが思いますよね。
しかし現実は厳しいのが本音ではないでしょうか。

そこで祖父母が孫に、兄弟が姪や甥に渡すお祝い金の金額の相場を紹介します。

祖父母の場合

祖父母の一般的な相場は次のようになっています。

・父方の祖父母 30,000円 ~ 300,000円
・母方の祖父母 100,000円 ~ 300,000円

 

相場の祝い金の金額に大きな開きがあるのにびっくりし、さらに祖父母であっても、父方と母方ではお祝い金の金額が違うことにもびっくりされているかたも多いのではないでしょうか。

祖父母が孫に渡す初節句のお祝い金の相場は、あってないようなものなのかもしれません。

 

このようにお祝い金の金額に大きな違いが生じるのは、以前(昔)からの習慣からきているようです。

その習慣とは、端午の節句の場合は「五月人形、兜、こいのぼり」、桃の節句の場合は「雛人形」など、母方の祖父母が買い揃えて贈っていたのです。
五月人形、兜、鯉のぼり、雛人形はとても高価なので、母方の祖父母の方が金額の相場が上がっていたんでしょう。

ただ地域やそれぞれの家庭の習慣で、父方の祖父母が端午の節句の場合の五月人形、兜、鯉のぼりを買い揃えることもあるようです。
だから、30,000円 ~ 300,000円とういう金額の開きが生じたのでしょう。

 

実際には、母方の祖父母は五月人形、兜、鯉のぼり、雛人形の軍資金として半額~全額を現金で渡し、父方の祖父母は30,000円 ~ 100,000円をお祝い金として現金で渡すケースが多いようです。

 

しかし、初節句のお祝い金額がかなり高額であることには間違いなく、すべての祖父母が孫してあげれる訳ではありません。
これからやってくる七五三や入学式もあるので、大金をここで出してしまったら先々のことが心配でしょう。

このような祖父母の金銭的な負担や、近年は核家族が増え五月人形、兜、鯉のぼり、雛人形などを飾る大きな広い余分なスペースのある家が少なくなっていることから、両家で話し合いをして金額を分担することも増えてきています。

昔は人気のあった五月人形や7段飾りの雛人形は、置き場所の確保ができないという理由から、兜や男雛と女雛だけの親王飾りが主流になりつつあります。

 

先ずは、初節句を準備するお父さん(息子)、お母さん(娘)にどのように考えているのかを確認してからお祝いを用意するようにしましょう。

 

また祖父母として、今できるのはここまでと割り切って、ざっくばらんにお父さん(息子)、お母さん(娘)に話せたら一番良いですよね。

分相応の中で、可愛い孫に出来る限りことをしてあげることが双方の祖父母、お父さん(息子)、お母さん(娘)にとって幸せなのではないでしょうか。

兄弟、姉妹の場合

兄弟、姉妹の一般的な相場は次のようになっています。

・兄弟、姉妹 5,000円 ~ 10,000円 + 品物をプレゼント

姪や甥に渡すお祝いは、お祝い金だけではちょっと味気ないということで、おもちゃを一緒にプレゼントする人も増えているようです。

しかし、この5,000円 ~ 10,000円 + 品物をプレゼントというパターンは、兄や姉の場合が多く、弟や妹からは品物のプレゼントだけを渡すというケースも多いようです。

兄弟姉妹の場合は、既婚、独身の立場の違いでも違うでしょう。

こちらの場合も、分相応の中で可愛い姪や甥孫に心を込めたお祝いをしてあげることが一番なのではないでしょうか。

初節句のお祝いはいつ渡すの?

初節句のお祝いを渡す時期は、祖父母と兄弟では違いがあるので注意しましょう。

祖父母の場合

祖父母が初節句のお祝いとして、現金または五月人形、兜、こいのぼり、雛人形などを贈る場合は、初節句の1ヶ月以上前までに贈りましょう。

「なぜ? こんなに早いの?」その理由は、五月人形、兜、こいのぼり、雛人形を飾るのは初節句当日の2~3週間前からです。
それまでに五月人形、兜、こいのぼり、雛人形などは用意しておかなくてはいけませんよね。

お父さん(息子)、お母さん(娘)が用意することとなった場合も、安心して準備が出来るようお祝い金は早めに渡して軍資金として活用してもらうのがベストです。

兄弟、姉妹の場合

初節句のお祝いの現金やギフト券、品物のプレゼントは1週間くらい前までに渡しましょう。

ただし、ホームパーティーや食事会に招待されている場合は、お祝い当日でもOKです。

初節句のお祝いを渡す時のマナーは?

初節句のお祝いを渡すの日はお日柄の良い日を選んだ方がいいのか、悩まれる人も少なくありませんよね。

普段から、お日柄や縁起などは気にしないとしていても、お祝いごとなので出来ればお日柄の良い日を選んで届けた方が良いでしょう。
五月人形、兜、こいのぼり、雛人形などは購入したお店で必ずお日柄の良い日を選んで届けるので心配いりません。

 

お日柄が良いと言われているのは次の通りです。
カレンダーに記載されていることが多いので、確認してみましょう。

大安(一日中なにをするにも良い日)
友引(午前、午後ともに「吉」、しかし正午のみ凶)
先勝(午前中のみ吉)
先負(午後が大吉)

 

しかし、お日柄が良いからといっても平日にお祝いの現金やギフト券、品物のプレゼントなどを持って行くことや配送してもらうことは難しいですよね。

そこでこのような時のために良い案があるので紹介しますね。
お祝いを渡すときに「お日柄がいい日に封を開けて下さいね。」と一言付け加えて渡せばOKです。

配送をお願いした場合は、電話で同様に「お日柄がいい日に封を開けて下さいね。」と伝えましょう。

 

またお祝いを現金にした場合、渡す際にご祝儀袋をむき出しのまま手渡したり、このような人はいないとは思いますが、店頭に置いてあったままの状態のようにセロハン袋に入れて渡すのはNGです。

きちんと袱紗(ふくさ)に包んで持って行くようにしましょう。

 

直接手で祝儀袋を持って渡すのは「不浄の物が人の手によって渡る」という説があるんです。
だから正式には、祝儀袋は袱紗に包んだままで渡すとされているんです。

しかし、袱紗のまま渡されたら相手の方がびっくりしてしまうでしょうから、袱紗から祝儀袋を出したら袱紗をたたんで、その上に祝儀袋を置いて渡すようにしましょうね。

初節句のお祝い のし袋の選び方と表書きの書き方

初節句のお祝いの場合、どのようなのしを選んだらいのか迷ってしまうほど、祝儀袋をお店に買いに行くとあまりの種類の多さにびっくりしますよね。

そこで、間違えて購入しないようにのし袋の選び方と表書きの書き方を紹介します。

のし袋の選び方

初節句のお祝いを現金で贈る場合には、次のようなご祝儀袋を選びましょう。

・のし    あり
・水引の色  紅白
・水引の結び方蝶結び

 

ただし、中に入れる金額によって祝儀袋は違ってくるので注意しましょう。

金額が10,000円程度なら、のしと水引が印刷された普段見慣れたものでOKです。
しかし金額が10,000円以上の場合は、本物の水引がついた祝儀袋を選びましょう。

ご祝儀袋が入ったセロハン袋の裏側を見ると包む金額の目安が明記してあるので、それを目安に選ぶと間違いありません。

表書きの書き方

桃の節句、端午の節句どちらであっても、表書きは「御祝」または「初節句御祝」にしましょう。

母方の実家からお祝い金を贈るとき桃の節句の場合、「初雛御祝」または「祝御初雛」、端午の節句の場合、「初幟御祝」または「祝御初幟」でもOKです。

下には送り主の名前を書きましょう。

まとめ

初節句のお祝いですが、贈りたいものと、貰いたいものが必ずしも一致していないということを頭に入れ、お父さん(息子)、お母さん(娘)と良く相談しましょう。
五月人形、兜、こいのぼり、雛人形などを購入する場合は特にです。

こちらの記事も参考にしてください。
初節句の雛人形は母親のおさがりでいいの?処分方法や何歳まで飾るの?

初節句のお祝いは祖父母の場合は、1ヶ月以上前までに贈りましょう。

兄弟、姉妹の場合は、1週間くらい前までに、ホームパーティーや食事会に招待されている場合は、お祝いの当日でもOKです。

男の子の七五三はいつする?数え年や満年齢、早生まれの場合は?

かわいいお孫さんのためにも予定しておかなければなりませんね。