雛人形はいつ頃から飾り始めたら良いのか、初節句で迷っているお母さんは多いのではないでしょうか。

飾る向きや場所に決まりがあるものなのかも気になるところでしょう。

男雛と女雛は左右どっちなのか、飾り方も神経質になりますよね。

また、3月3日が過ぎたらいつしまうものなのかも知っておきたいでしょう。

そこで、雛人形を飾る時期、飾る向きや場所、飾り方、しまう時期を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

雛人形を飾る時期はいつ?

可愛い子供の初節句に選んだ雛人形をいつ頃から飾っていいものなのか悩むお母さんは多いようです。

せっかく買ったのだから、早めに飾って子供にも見せてあげたいけれど、早すぎるのもまずいのではないかと迷うところですよね。

 

ひな祭りは、女の子の健康を祈ると共に、春を告げる桃の節句として親しまれています。

2月に入るとスーパーなど店頭にお雛様にお供えするお菓子なども並び始めるでしょう。
花屋さんにも桃の花が並ぶでしょう。

だから、2月に入ってから飾るのが良いと思います。
遅くともお節句の一週間前までには飾り、3月3日のひな祭りを家族みんなで楽しみに待ちましょう。

 

桃の節句は季節の節目の行事なので、飾る時期は次のタイミングを参考にしてみましょう。

早く飾りたい場合

早く飾りたい場合は、「立春」この日が良いでしょう。

立春はほとんどのカレンダーに記載されています。

 

ただ、書かれていない場合はピンと来ないかもしれませんね。
そんなときは、「鬼は外~ 福は内~」の節分の翌日と覚えておきましょう。

節分の豆まきで厄を払い清めたところで春を迎えて、お雛様を飾るという流れです。
気分もスッキリし、何だかとても縁起がいい感じがしますよね。

 

しかしお仕事をしている場合は、立春だからといっても平日にお雛様を飾るのは難しいですよね。
そんな時は、立春を過ぎて最初のお休みの日に飾りましょう。

神経質に考えず臨機応変にしましょう。

飾るのはゆっくりでいい場合

飾るのはゆっくりでいい場合は、季節を春夏秋冬に分けるために用いられた中国の定気法、二十四節気(にじゅうしせっき)による雨水(うすい)の日が良いでしょう。

 

雨水(うすい)とは、雪が雨になって氷が水に変わる頃なので、本格的な春も迎える季節と言えます。

この日を境に寒さも和らぎ本格的な春も近いということから、ひな人形を飾る日としても好まれ良縁に恵まれるという言い伝えもあるのです。

 

日にちにしたら、2月18日または19日頃です。

カレンダーに記載されていなかったら、バレンタインデー(2月14日)が過ぎたらそろそろと憶えておくと忘れませんね。

お日柄は重要?

年配のかたは良くお日柄を気にしますよね。

お祝いごとは、大安吉日が良いと言われますが、あまりこだわらなくても大丈夫です。

 

自分自身が気になってしかたがないのならお日柄の良い日を選んで飾るのが良いでしょう。

しかし、自分自身気にならないのであれば余り周りに振り回されなくても良いと思います。

だってお日柄を考えていたらきりがないですからね。

雛人形を飾る向きや飾る場所と飾り方

雛人形を飾る向きや飾る場所は?

雛人形を飾る向きや飾る場所に決まりがあるのか気になるお母さんもいます。
雛人形に飾るのに適した場所はどこなのでしょう。

雛人形は、どちらの方角を向いていないとダメとか、この場所でなくては失礼にあたるなどという決まりはありませんから安心してくださいね。

家の中どこでも、各家庭で都合のいい飾りやすい場所でOKです。

 

できれば、家の中で一番みんなの目に触れる場所を選びましょう。
わざわざその部屋に行かないとお雛様が見れないのでは、お雛様が可哀想ですね。

飾る時の注意点

注意して欲しいことが1つあるので、紹介します。

高温多湿な場所や、直射日光が当たる場所は避けましょう。
エアコンの風や加湿器の湿気、 窓からの太陽光には特に注意しましょう。

乾燥やカビ、日焼けは、雛人形にとっても大敵なのです。

雛人形(男雛と女雛)の飾り方で左右の配置は?

男雛と女雛の左右の配置の毎年迷うという人は意外に多いようです。
初節句ならなおさらですね。

地域によっては、男雛と女雛の左右の配置が違っているようです。

 

ちなみに、雛祭りの歌の歌詞に「お内裏(おだいり)様とお雛(おひな)様 二人並んですまし顔・・・」のフレーズがあるので、「男雛=お内裏様、女雛=お雛様」と間違って理解している人がおおいですが、男雛と女雛あわせて「お内裏様(内裏雛)」と呼ぶのです。

陰陽説の考え方

陰陽説の考え方にしたがって、「陽である男性の雛人形は同じく陽の方向の左置き」、「陰である女性の雛人形は同じく陰の方向の右置き」というのが古来からの日本文化の習わしでした。

今でも、京都をはじめとする西日本は、向かって右に男性の雛人形(男雛)、向かって左に女性の雛人形(女雛)を配置することが主流になっています。

西洋的な考え方

関東では、向かって左に男性の雛人形(男雛)、向かって右に女性の雛人形(女雛)を配置するところが多いです。

これは明治以降、皇室に西洋的な考えが入り、向かって左に天皇陛下、向かって右に皇后陛下がお並びになったことから、当時の東京の人形組合がお雛様の左右を入れ替えて飾るように決めたのです。

 

いずれが正しいということではなく、現在は全国で混在した状態のようです。

ただ、結婚式も向かって左に男性、向かって右に女性が並ぶことから、現在はわかりやすい新式(西洋的)で配置する家庭が増えています。

男雛と女雛以外の人形の配置は?

男雛と女雛以外の人形の配置を紹介しますね。

これも毎年悩むお母さんが多いです。

 

今のようにインターネットで調べる時代は良いですが、私が子供の頃、私の母は毎年相当悩んでいました。
雛人形を飾り付けしている時の母の様子を、私が今でも覚えているということは、母が相当困っていたということですね。

三人官女配置と道具の持たせ方

三人官女とは、お内裏様に仕える宮廷の女官です。

向かって左から、「加銚子(くわえのちょうし)」「三方(さんぽう)」「長柄銚子(ながえのちょうし)」の順に配置します。

◇加銚子(くわえのちょうし)
銚子はお酒を注ぐための酒器です。
手がつるを下げられるように上を向いているのでそこに掛けます。

 

◇三方(さんぽう)
三方は、盃が乗っている台です。
両手に乗せるように持たせます。

 

◇長柄銚子(ながえのちょうし)
長柄銚子もお酒を注ぐための酒器です。
注ぎ口のある方が内側(三方側)にくるように、両手で持たせます。

五人囃子の配置と道具の持たせ方

五人囃子は能楽をかたどったものです。

向かって左から、「太鼓(たいこ)」「大鼓(おおかわ)」「小鼓(こづつみ)」「笛(ふえ)」「謡(うたい)」の順に配置します。

◇太鼓(たいこ)
太鼓役は座った姿勢で、両手で太鼓の「ばち」を持ちます。

 

◇大鼓(おおかわ)
大鼓役は立った姿勢で、小鼓よりも下の方に手があり左手に大鼓を持ちます。

 

◇小鼓(こづつみ)
小鼓役は立った姿勢で、左肩の方に小鼓を乗せ右手で支えます。

 

◇笛(ふえ)
笛役座った姿勢で、両手を前に出して笛を持ちます。

 

◇謡(うたい)
謡役は座った姿勢で、両手を膝付近に出して右手に扇を持ちます。

右大臣、左大臣の配置

右大臣と左大臣は、弓矢を持ち宮廷を警護する武官です。

 

◇右大臣(うだいじん)
右大臣は若者とされ、黒い衣裳を着ています。
その名の通りに、右側(向かって左の男雛側)に配置します。

 

◇左大臣(さだいじん)
左大臣は老人とされ、赤い衣裳を着ています。
役職としては右大臣よりも上位に当たります。
左側(向かって右の女雛側)に配置します。

桜と橘の配置

「左近の桜、右近の橘」という言葉があるのでこの通り配置します。

◇桜
向かって右の女雛側に配置します。

 

◇橘
向かって左の男雛側に配置します。

雛人形をしまう時期はいつ頃がいいの?

3月3日のひな祭りが終わったら、雛人形はいつ頃しまったら良いのでしょう。

雛人形に限ったことではないですが、飾る時は頑張っちゃうけどしまうのは苦手の私と同じような人も少なくないのではないでしょうか。

 

雛人形をしまう時期は、季節の節目という本来の意味からして、遅くとも3月中旬までに済ませましょう。
お節句は季節の節目です。
節目を越えていつまでも出しておくものではありません。

 

早めに片付けることができるのならば、「啓蟄(けいちつ)の日」の3月6日頃が良いと言われています。

若葉が芽吹き虫がうごめき始めるとされる「啓蟄の日」は、雛人形を飾る時期に良いとされる「雨水(うすい)」の次の節目に当たります。
ちょっとひな祭りから3日後、ということでで慌ただしいのですが、できるだけ季節の節目を超えないのが良いといわれています。

雛人形を早くしまう他の理由

雛人形を早くしまう理由の一つが季節の節目を超えないのが良いということですが、この他にも早くしまったほうがいい理由があるので紹介します。

 

雛人形は女の子の厄を引き受ける役目を持っているので、災いを遠ざけるという意味からも、できるだけ早く片付けた方が良いとされているのです。

 

また、一つの行事が終わったらいつまでも出しっ放しにしないで、きちんとしまうというしつけの意味も含まれているんです。

 

このような理由がいつからか、
「雛人形をしまうこともできないとお嫁に行けない」→「ひな人形を出しっ放しにしていると結婚できない」へと変化し現在の通説になったようです。

「よくしつけられた子供が、早く良縁に恵まれるように。」との親の願いが込められているのです。

まとめ

雛人形の飾る時期や飾る場所には、こうしなければならないという決まりはないので、それぞれの家庭に合ったひな祭りを家族で楽しみましょう。

お雛様も以前は段飾りが多かったですが、近年は住宅事情などの変化から、収納できる収納タイプやケース飾り、内裏雛のみを飾る親王飾りなどの小さな雛飾りへと変化してきています。

しかし、雛飾りは女の子の成長を願う親たちの祈りが、人形に込められていることに変わりはありません。

こちらの記事も参考にしてください。
初節句の雛人形は母親のおさがりでいいの?処分方法や何歳まで飾るの?
ひな祭りの由来と初節句のお祝いメニューや食事とお菓子が持つ意味
うれしいひな祭りの歌詞の意味と2つの間違いとは?短調なのはなぜ?

お人形の人数や段数の違いやお道具の有無の違いはあっても、基本的な考え方は変わらないのです。