初節句を迎える家庭で、子供の雛人形を母親のおさがりでも良いものなのか、悩んでいる親は少なくないようです。

新しく子供に購入する場合、母親の雛人形は処分するのでしょうか。

また、雛人形は何歳まで飾るものなのでしょう。

そこで、おさがりの雛人形の扱い方、処分方法、何歳まで飾るものなのか紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

初節句の雛人形は母親のおさがりでいいの?

おばあちゃんやお母さんから贈ってもらった、幼い頃から思い入れのある自分の雛人形を、子供に受け継がせたいと考えるお母さんも少なくないようです。
しかし、子供の初節句に用意する雛人形は自分(母親)のおさがりでも良いものなのか悩んでいるようです。

 

一般的には、雛人形は女の子を厄災から守るための身代わりとなる、「人形(ひとがた)」、「形代(かたしろ)」という考えが根強く残っているので、1人に対して1組の雛人形を用意すると言う考え方が基本のようです。

確かに厄災から守るための身代わりとなってくれるのなら、1人に対して1組の雛人形を用意することは納得できますが、もし、女の子が3人いたら昔もそれぞれに雛人形を買っていたのでしょうか?

 

いえいえ、そんな贅沢が出来る時代でなかったはずです。
現代でも、それぞれに雛人形を用意できる家庭はごく一部ではないでしょうか。

母親からのおさがりの雛人形でもOK

やはり昭和初期には次のようにしていたようです。

長女の初節句には、段飾りの雛人形を揃えます。
次女や三女の初節句には、市松人形やわらべ人形を買い求めてそれぞれの災厄の身代わりとして一緒に飾るのが慣わしとなっていました。

 

このことを見ると、1人に対して1組の雛人形でなくても良いってことになりますよね。

だったら母親から雛人形を受け継ぎ、市松人形やわらべ人形を用意すれば良いということになりますね。

母親からの雛人形のおさがりはありということです。

 

要はそれぞれのご家庭の考え方しだいです。
「代々、雛人形を受け継ぐのは良いこと。」と考えるご家庭もあれば、
「1人に対して1組の雛人形という言い伝えがあるなら、子どもに母親の雛人形は使うべきではない。」と考えるが家庭があってもいいのです。

 

子供に自分(母親)の雛人形を受け継がせたいけど、どうしても「一人に対して一組の雛人形」という言い伝えが気になるようならば、新しい雛人形をお子さんに買ってあげましょう。
そして住宅事情が許すのであれば、お子さんの新しい雛人形の横に母親の雛人形も飾ればいいのです。

でも、雛人形を2つも置くスペースがない人の方が多いですよね。

母親のおさがりの雛人形の扱い方

そのような場合は次のの3つの方法をおすすめします。

1.子供には昭和初期からの慣わしとなっている市松人形やわらべ人形を用意して、お母さんの思い入れのある雛人形と一緒に並べて飾りましょう。
厄災の身代わりは雛人形でなくてもいいのですから。

 

2、子供に新しい雛人形を用意し、母親の内裏雛(男雛と女雛)のみ飾ってその他は処分しましょう。

 

3.子供に新しい雛人形を用意し、ちょっと寂しいですが母親の雛人形は処分しましょう。

 

ちなみに、
私は、母親から雛人形受け継ぎました。
母親のおさがりの雛人形のせいで災難にあったとはそうそう思いません。
かえって、渋く味のある雛人形だったので、毎年お友達がたくさん見に来てくれましたよ。
ひな祭りは毎年誇らしい気持ちになったことが記憶に残っています。

そして確かに、市松人形が一緒に飾られていました。
しかし、市松人形が私の「人形(ひとがた)」だったとは知らず可哀想な思いをさせちゃったなと大人になった今思います。

飾ることの出来ない(飾らなくなった)雛人形の処分方法は?

飾ることの出来ない(飾らなくなった)雛人形の処分はどのようにしたら良いのか悩んでいる人は多いですね。

長年飾っていた雛人形だったりすると、思い入れ強いですよね。

譲り受ける相手がいない場合や、諸事情でこのまま家の中に置いておく事が厳しくなった場合、さらには、飾らなくなってもう何十年も箱にいれたままずっと眠らせておいている可哀想で忍びない場合など、人それぞれですがこんな時はどうしたらいいのか、いくつかの処分方法を紹介します。

神社やお寺で供養してもらう

古くから人の形をしたものは、神霊が依り憑く「形代(かたしろ)」とされています。
だから雛人形は、「流し雛」のように水(川など)に流して処分するのが良いと言われていますが、現代では物理的に水(川など)に流すのは不可能ですね。

 

そのため、一般的には神社に奉納したりお寺で供養をして貰うのです。

自宅の近くの神社やお寺に、雛人形の供養をしているか問い合わせをしてみましょう。
費用はまちまちですが、3,000円~5,000円位のようです。

 

しかし、自宅の近くに人形供養をしてくれる神社やお寺が見当たらない時は、人形供養代行サービスで供養してもらうこともできます。

一般社団法人「日本人形協会」が日本郵政と提携していて、「ゆうパック」で人形感謝(供養)代行サービスを行っているのです。

電話やインターネットで申し込むと「お人形差出キット」(ひとがた・お人形送り専用ラベル・手続説明書・代金振込票)を送ってくれるので、供養して欲しい人形を梱包し、郵便局に集荷してもらえばいいので便利です。

雛人形は毎年10月頃、東京大神宮で行われる「人形感謝祭」で供養してもらえます。
ただし、前月9月末日の供養代金を払い済みの場合が10月の人形感謝祭での供養となり、10月以降になった場合は翌年度の供養となります。

料金は1箱5,000円です。

ただ、受付けてもらえるものと、受付できないものがあるので気をつけましょう。

人形感謝祭で受付けてもらえるもの

人形感謝祭で受付けてもらえる人形は次の通りです。

1.雛人形、五月人形、兜、抱き人形、市松人形、舞踏人形、フランス人形、博多人形などの人形全般

2.ぬいぐるみやこけしなどの顔のついたもの

3.天神さま、羽子板などの顔が描いてあるもの

4.鯉のぼりなど

5.箱の大きさ 縦 + 横 + 高さ の合計が170cm以内で、重量が30kg以内のもの
※付属のガラスケースは除外です。

人形感謝祭で受付できないもの

人形感謝祭で受付できないものは次の通りです。

1.人形以外のもの

2.箱の大きさ 縦 + 横 + 高さ の合計が170cm以上で、重量が30Kg以上のもの
内容品が多く(大きく)一箱で納まらない場合は、追加分一個につき2,000円の加算料金を払い込みすればOKのようなので、先ずは電話で問い合わせてみましょう。

 

◇電話での問い合わせ先
0120-25-5942
・受付時間 10:00 ~ 17:00(土、日、祝日を除く)

 

◇電話からの申し込み
0120-25-5942

 

◇Wabサイトからの申し込み

詳しくはこちらから

老人施設、児童養護施設、保育園などに寄付する

老人施設や児童養護施設、保育園などで雛人形を必要としているところは少なくないありません。

雛人形とお飾りの道具も一式揃っていて傷みも少ない場合は、寄付をする方法もあります。

 

まずは自宅近くの老人施設や児童養護施設、保育園などに問い合わせてみましょう。

多くの皆さんに喜んでもらえるなら、こんな嬉しいことはありませんよね。
これも雛人形にとって良い供養なのではないでしょうか。

寄付する場合

寄付する場合は、ほこりや汚れはできるだけ掃除をしてきれいにし、運搬途中に破損しないようにていねいに緩衝材に包んで送りましょう。

ネットオークションで売却する

雛人形は、海外でインテリア小物として人気があるので、ネットオークションで売却する方法もあります。
欲しがっている人の目に留る可能性は高いようです。

また、「中古でもいいから雛人形が欲しい!」と探している人もいるようです。

雛人形は何歳まで飾るものなの?

雛人形は子供が何歳まで飾るものなのでしょう。
また、雛人形の役目が満了するのは子供が何歳なのでしょうか?

このように悩まれる親は多いのではないでしょうか。

実はこれといった決まりはないのです。

一般的に次のタイミングで飾るのを止める人が多いようです。

結婚するまでは飾っていた
小学生までは飾っていた
子供が雛人形に飽きたのでやめた
・出したりしまったりが面倒なのでやめた

 

しかし、結婚したら飾らなくても良いというものでもなく、何歳になっても雛人形を飾ることに問題はありません。

もともと、雛人形は人間の身代わりになり厄災を引きうけてくれるものと考えられているので、ひな祭り = 雛人形を飾るということ以上に深い意味があります。(災厄をひきうけてくれるお守りのような存在。)

 

なので、何歳まで飾るかはそれぞれの家庭で大きくなった子供と話し合って決めてはいかがでしょうか。
その時、雛人形にはどんな意味があるのか、この雛人形を選んだ時の家族のおもいはどんなだったのかを話してあげる良いチャンスになるでしょう。

まとめ

雛人形は子供の成長を見守ってくれる特別な人形です。

母親の雛人形を譲り受ける場合も、新しく購入する場合も同様に、最後まで大事に扱い感謝しましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
ひな祭りの由来と初節句のお祝いメニューや食事とお菓子が持つ意味
雛人形を飾る時期と向きや場所は? 飾り方としまう時期はいつ?
うれしいひな祭りの歌詞の意味と2つの間違いとは?短調なのはなぜ?

後に供養するまでは、家族みんなで雛人形を愛でてひな祭りを楽しみましょう。