「七草粥ってなに? いつ食べるもの?」 とわからない人も多いようです。

おせち料理やお雑煮に飽きてきたころ、スーパーの店頭にパックの入った春の七草が並び始めると、この野菜のような草にどんな栄養があってどうしてお粥にして食べるのかも気になりますよね。

そこで、七草粥とはどのようなもので、いつ食べるものなのか、食べる理由、春の七草の種類と栄養成分や効果を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七草粥とは? いつ食べるもの?

七草粥とは

七草粥はお正月行事のようなイメージを持たれている人が多いと思いますが、実はお正月行事ではなく、「人日(じんじつ)」の日に行われる「人日の節句」の行事のひとつで、江戸幕府が定めた式日「五節句」のひとつなのです。

人日の節句や五節句って聞きなれない言葉ですよね。
この日は、七草、七草の節句、七種の祝いなどとも言います。

五節句とは

聞きなれない五節句を紹介します。

・1月7日 人日(じんじつ)の節句
別名 七草の節句
七草粥を食べて一年の豊作と、無病息災を願います。

 

・3月3日 上巳(じょうし)の節句
別名 桃の節句
お雛祭りの日で、女の子の誕生と成長を祝う日です。

 

・5月5日 端午(たんご)の節句
別名 菖蒲の節句
子供の日で、男の子の誕生と成長を祝う日です。

 

・7月7日 七夕(しちせき)の節句
別名 七夕の節句
短冊に願いを込めて笹に飾ると願いが叶うといわれています。

 

・9月9日 重陽(ちょうよう)の節句
別名 菊の節句
宮中や寺院では菊を鑑賞する行事が行われています。

 

1月7日 人日(じんじつ)の節句とは

この人日(じんじつ)の節句は、中国から伝わったとされています。

中国では、1月の元日から6日までの各日に、動物をあてはめた占いを行っていました。
それぞれの日にあたっている動物をその日だけは殺さないようにしました。

・1月1日 鶏を占う
・1月2日 犬を占う
・1月3日 羊を占う
・1月4日 豚を占う
・1月5日 牛を占う
・1月6日 馬を占う

そして、元旦から数えて7日目を人の日として、占いを行う風習がありました。
・1月7日 人を占う日

人の日である7日には、人を大切にしなければならないということから、犯罪者の罪でさえ無効になったと言われています。
7日には邪気を祓うために七草の入った粥を食べ、一年の無病息災を祈ったと言われていて、この「人日の節句」の風習が、平安時代に日本に伝わったのです。

七草粥はいつ食べるもの?

「春の七草」を入れた七草粥は、「人日の節句」の1月7日の朝、家族で食べるのが一般的と言われています。

昔からの風習では、人日の節句の前日、1月6日の夜のうちに春の七草をまな板の上で包丁を使い細かく刻んで準備しておき、1月7日朝にお粥を作って朝食として食べるのが正しい行事の行い方なのです。

 

しかし、現代の生活環境からして朝から家族全員が揃ってお粥を食べるのは難しいかもしれませんね。
またお仕事をしているお母さんにとっても朝からお粥を作るのは時間的に厳しいでしょう。

だから、1月7日の朝というのは、あくまでも「一般的」であって、昔からの風習を守るも大切なことかもしれませんが、家族で無理なく楽しく食事をするということが大事ですか夜に食べても問題ないと思います。

七草粥を食べる理由

七草粥を1月7日の朝に食べる理由を紹介します。

連日のおせち料理やお正月の豪華な料理に胃や腸が疲れているので、「ここでお正月は終わりです。」と休ませるために食べるんじゃないの?
そう思ってる人は多いのではないでしょうか。

しかし前述したとおり、疲れた胃や腸を休ませるために七草粥を食べるという理由は後付けされたものです。

 

七草粥を食べる本来の目的は無病息災を願ってのことです。

七草粥には、悪いことが起こりませんようにと厄払いの祈念をし、1年間の無病息災の健康を願い、今年も無事平和に過ごせますようにと神さまへの願いが込められているのです。

そして、新年を迎えられたことの慶びと、神さまへの感謝を込めて行われる行事なのです。

 

また、七草粥に使われる春の七草には、青菜の不足しがちな冬場の栄養を補ってくれる体にとても有効な成分を含んでいるので、自然からの新しい生命力をいただくという意味合いもあるんです。

このことが、後ずけされたとされるお正月休みの食べ過ぎや飲み過ぎで、疲れた胃や腸を優しくいたわるためのものと考えられていたのですね。

 

さらに七草粥はシンプルな味付けなので、味付けの濃い正月料理に慣れてしまった味覚をリセットし、お正月料理から普通の食生活に戻る区切りをつけるのにもってこいなのです。

七草粥に入れる春の七草の種類と栄養成分や効果は?

春の七草はパックに入りスーパーの店頭に並びますが、野菜のような草なのにお値段はけしてお安くありませんよね。
だから、この7種類の草にはどんな栄養が含まれているのだろうと気になっている人が多いのではないでしょうか。

それでは、七草粥に入れる春の七草の種類と栄養成分や効果を紹介しますね。

春の七草の種類

◇芹(せり)
芹(せり)は、群れを成して生えています。
お互いに競っているような様子から「芹(せり)」と名付けられました。
「競り勝つ」という縁起の良い食べ物です。

 

◇薺(なずな)
薺(なずな)は荒れた土地でも育つので、「ぺんぺん草が生える」、「ぺんぺん草も生えない」という言葉があるように、このような表現が別名「ぺんぺん草」のいわれです。

 

◇御形(ごぎょう)
御形(ごぎょう)は、ははこぐさ茶としても親しまれ、七草粥以外でも好まれ使われています。

 

◇繁縷(はこべら)
繁縷(はこべら)は、おひたしとしても美味しく食べることができます。

 

◇仏の座(ほとけのざ)
春の七草の仏の座(ほとけのざ)はキク科です。

しかし、同じ名前の「ほとけのざ」にシソ科のものがあります。
シソ科は食べることができないので注意しましょう。

 

◇菘(すずな)
菘(すずな)は、葉の部分に多く栄養が含まれています。

 

◇蘿蔔(すずしろ)
蘿蔔(すずしろ)の別名は大根、現在でも様々な料理に使われています。
実にも葉にもたくさんの栄養が含まれているので、捨てる部分はない嬉しい野菜です。

春の七草の栄養成分や効果

芹(せり)

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ビタミンC
・カルシウム
・鉄分

免疫力を高め、風邪やインフルエンザを予防
疲労回復を手助けし、貧血を予防

薺(なずな)

別名 ペンペン草

・ビタミンA
・ビタミンB群
・葉酸
・カリウム
・カルシウム
・亜鉛

解熱作用があり、便秘や利尿作用効果がある
止血効果があり、生理不順や腹痛を抑える

御形(ごぎょう)

別名 母子草(ははこぐさ)

・フラボノイド
・硝酸カリ

風邪や気管支炎の緩和や咳を止める

繁縷(はこべら)

・サポニン
・クマリン

利尿作用や止血作用のあります。

仏の座(ほとけのざ)

別名 田平子(たらびこ)

解熱や鎮痛作用があると言われ、胃に優しく整腸作用があります。

菘(すずな)

別名 蕪(かぶ)

・カルシウム
・鉄分
・ビタミンA
・ビタミンC
・ビタミンK
・ジアスターゼ

便秘や食べ過ぎ、胸やけときの消化を助け、精神を穏やかにする働きがあります。

蘿蔔(すずしろ)

別名 大根(だいこん)

・ビタミンA
・ビタミンC
・アミラーゼ
・食物繊維
・カルシウム
・カリウム

胸やけや胃もたれの即効薬で、ひび、あかぎれの予防や便秘の解消に効果があります。
風邪や気管支炎の予防にも良い冬の健康食材の代表です。

まとめ

一年間の無病息災の健康を願い、青菜の不足しがちな冬場の栄養を補い、お正月料理から普通の食生活に戻る区切りをつけるたくさんの意味を持つ七草粥ってすごいですね。

こちらの記事も参考にしてください。
七草粥を簡単に作れる人気レシピ おすすめアレンジと合うおかずは?

最近は七草粥を食べる習慣も減りつつあるようですが、時期になるとスーパーでも「七草セット」を販売しますので、今年はぜひ1月7日のに七草粥を家族で食べてみましょう。