歳神様をお迎えするためにお供えした鏡餅を食べる日は「鏡開き」をする日です。

でも、「カチンカチンにかたくなっちゃって、どうしていいのかわからないから捨てちゃった。」「あんなにかたいの食べられるの?」このような方が意外に多いようです。

歳神様にお供えしたありがたい鏡餅は、かたくなっても割って美味しく食べることができますよ。

そこで、鏡餅を食べる日「鏡開き」とは、かたくなってしまった鏡餅の上手な割り方、美味しい食べ方や調理方法を紹介します。

参考になれれば幸いです

では本題に入りましょう。

鏡餅を食べる日と鏡開きとは

お正月の間、歳神様をお迎えするためにお供えをしていた鏡餅は「鏡開き」をする日に有り難く食べ(いただき)ましょう。

ではその「鏡開き」の日はいつになるのか紹介します。

鏡餅を食べる日「鏡開き」はいつ?

鏡開きを行う日は地域によって異なるようです。

一般的には、毎年1月11日になります。

 

関西では、鏡開きを1月15日に行う事が多いようです。
また京都では、1月4日に行う地域があるようです。

 

あなたお住まいの地域の鏡開きの日を一度確認しておくと良いかもしれませんね。

鏡開きとは

鏡餅を食べる(いただく)鏡開きの日がわかったところで、「鏡開き」について紹介します。

鏡開きとは、お正月にお供えしていた鏡餅をお下げして食べるという風習です。

歳神様をお迎えするためにお供えをしていた鏡餅には、歳神様の魂が宿っているとされる事から、歳神様にお供えした鏡餅のお下がりを鏡開きをして食べる(いただく)ことで、歳神様の魂をいただくということになります。

歳神様の魂が宿った鏡餅の力を授かり、一年間の無病息災を願い、今年の仕事始めをするという意味があるのです。

 

だから、鏡餅はお供えするだけではなく、お下がりを鏡開きをして食べてこそ意味があるものなのです。

 

飾る(お供えする) →  開く → 食べる → 一年間の無病息災を願う。

この一連の流れ全てを完了することで鏡餅の恩恵が受けられるということになるので、お供えした後、カチンカチンでどうしたらいいのかわからないからそのまま「ポィッ」とゴミ箱へ、なんてことのないようぜひ家族みんなで必ず食べ(いただき)ましょう。

 

この鏡開き、元々は武家から始まった行事です。

武士は武具を収めた箱を開き、商人は蔵を開き、農民は、畑を打ち開いて、1年の仕事始めとしていたそうです。

武家では、鎧などの具足にお供えした鏡餅をさげて食することを「刃柄(はつか)」と祝うといい、女性が鏡台にお供えした鏡餅を開くことを「初顔」と祝うといい、この武家社会に風習が一般化し、現代の鏡開きになったと言われています。

 

また、「割る」という表現も縁起が良くないと、末広がりという意味を指す「開く」が使われるようになって、「鏡開き」と呼ぶようになったのです。

かたくなった鏡餅の上手な割り方

お供えしていた鏡餅は、鏡開きの日にはカチンカチンにかたくなっています。
まるで石のようですよね。

家族で美味しく食べるためには、まずは割らなくては話になりませんよね。

そこで、この石のようにかたくなってしまった鏡餅を上手に割る割り方を紹介します。

 

鏡開きを行う時には一つ注意が必要です。
それは、「鏡餅は包丁や刃物で切ってはいけない」という風習があるようです。

どうして包丁で切ってはいけないのでしょうね。

 

鏡開きは元々武家社会で始まった行事なので、包丁や刃物を使って鏡餅を切ると言う事は、武家社会では「切腹」を連想させたのです。

常に生と死を意識しなければならなかった武士たちの間では、戦(いくさ)以外で死を連想させるものは極力避けたかったのでしょう。

 

このようなことから、「包丁を使う事は縁起が悪い。」ということになり、鏡餅を割る時は木槌(きづち)や金槌(かなづち)などを使うことが定着したのです。

 

木槌(きづち)や金槌(かなづち)などで少しずつひびを入れていき、ひびがしっかり入ったら勢い良く叩いて割るのが正式な割り方です。

では正式な割り方を頭に入れて、実際に鏡餅を割ってみましょう。

 

まず、割る前に鏡餅を良く見てください。

もしも鏡餅にカビが生えていたら、カビの部分は包丁でそぎ取りましょう。
ここで刃物を使ってしまいますが、大きく切り刻むわけではないので少々大目に見てもらいましょう。

鏡餅がしっかり乾燥している場合

1.木槌や金槌で叩いて割る

木槌や金槌で叩いて割る、これは正式な鏡餅の割り方です。

木槌や金槌で叩き割ると簡単に小さくできます。

カチカチのお餅を包丁で無理やり切ろうなんて考えないでくださいね。
切り損じてバランスを崩したりしてとても危険です。

少しずつ叩いてひびを入れていき、ひびが大きく入ったところで思いっきり叩き割りましょう。

この時、かたくなっているお餅の破片が飛び散らないように、鏡餅の下には新聞紙を敷き、鏡餅の上にはふきんを当て叩き割りましょう。

 

木槌や金槌がない場合は、コンクリートやアスファルトに落下させて割りましょう。
なんだか大胆すぎる感もありますが大丈夫心配いりません。

 

しかし、木槌や金槌などで叩いたり、落下させて割るには、鏡餅がしっかり乾燥しきっていないと簡単に割る事は出来ません。
もしも、力を込めて叩いてもなかなか割れないのは、乾燥が足りていない状態です。

鏡餅の乾燥が足りない場合

鏡餅の乾燥が足りない場合は下記の方法で食べれるようにしましょう。

2.水に浸してから手でちぎる

大き目のボールや鍋に水を張って、鏡餅をお水に浸しましょう。

小さいもので4~5時間程度、大きいものは半日程度お水浸すと手でちぎることができるくらいに戻すことができますよ。

適当な大きさにお餅をちぎることができたら、あとは熱を加えて柔らかくするだけです。

電子レンジで加熱して包丁で切る

1.2.の方法を試しても思うように割れなかった場合は、電子レンジと包丁の力を借りましょう。

ラップなしで電子レンジにかけます。(目安は500W 5~6分

お餅の大きさや固さに合わせ、様子を見ながら少しずつ加熱します。
くれぐれも加熱のしすぎには注意してください。

 

表面は固く、中が消しゴムくらいのかたさになるくらいが理想です。

4.大根を切ってお餅を切る

大根を切ってお餅を切る方法は、昔の人の知恵です。
昔の人は、かたいお餅は大根を切って、その後に切っていました。

 

大根を切った後にお餅を切ります。
お餅の切れ味が悪くなったらまた大根を切ってお餅を切る。

このように、包丁に大根の水分をつけながらお餅を切ります。

 

大根に含まれるアミラーゼがお餅のでんぷんに働きかけることによって、お餅と大根の汁がついた包丁の接地部分が柔らかくなるため、切りやすくなるということです。

 

中には、3.4.のように鏡餅に包丁を使っては失礼にあたるのではないかと心配になってしまう方もいるかもしれません。
しかし、女性の力で木槌や金槌を使ったとしても、なかなか簡単に割るものではありませんよね。

割れないから諦めて鏡餅がゴミ箱行きになるよりは、包丁の力を借りて美味しく食べる(いただく)ことを選んで欲しいと思います。

現代は武家社会ではありません。
包丁や刃物を使っても「切腹」を連想することはないでしょう。

鏡餅に宿った歳神様の魂に感謝をし、鏡餅を食べやすい大きさに分けて美味しく頂くことが大切なのではないでしょうか。

鏡餅の美味しい食べ方や調理方法

鏡餅が食べやすい大きさになったら、鏡餅の美味しい食べ方や調理方法を知りたくなりますよね。

美味しい食べ方はたくさんあります。
毎年、ぜんざいやお汁粉にしか利用していない人には必見です。

それでは、美味しい食べ方や調理方法を紹介します。

ゆでる

ゆでる調理方法は定番ですね。
かたいお餅もゆでることでとても柔らかくなります。

柔らかくなったお餅に、きな粉、あんこ、大根おろし、納豆などをかけて美味しく食べ(いただき)ましょう。

また、ぜんざい、お汁粉、お雑煮に入れても美味しく頂けます。

揚げる

お餅を揚げるという調理方法はとてもおすすめです。
子供から大人まで家族に一番喜んでもらえるのではないでしょうか。

十分にお餅を乾燥させること
低温でじっくり揚げること

この2つがポイントです。

 

お餅を細かく割り、十分に乾燥させ、油で揚げて揚げおかきを作りましょう。
市販されている揚げおかきの何倍も美味しいです。
食べだしたら止まりません。

味付けは醤油、塩、どちらも美味ですよ。

 

ちなみに、
我が家ではこの揚げおかきが大評判で、家族は鏡開きが待ち遠しいと言っています。

焼く

普通の切り餅と同様に焼いて美味しく食べ(いただき)ましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お餅の焼き方でおすすめはオーブントースター、フライパン、電子レンジどれ?

まとめ

鏡開きや鏡餅には昔からの伝統、由来や意味がしっかりと込められています。

今まで、鏡餅は固いし、どう扱っていいかわからないから食べたことがなかったという人も、今年は鏡餅の割り方を覚えて、ぜひ試してみましょう。

思っているより簡単に食べやすい大きさになりますよ。

鏡餅は、食べてこそ意味があるものです。

調理方法を工夫することでとっても美味しく食べられますので、処分せずに食べて、今年一年の家族の無病息災を願いましょう。