お餅はお正月に欠かせない定番の食べ物です。
お雑煮に入れたり、磯辺焼きにしたり、お汁粉に入れたり、子供も大人も家族みんなが大好きなのではないでしょうか。

ただ、お餅ってなかなか上手に焼けませんよね。

美味しく食べたいのに失敗ばかりで嫌になっちゃうと悩んでいる方は多いようです。

そこで、オーブントースターやフライパン、電子レンジを使ってお餅の上手な焼き方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お餅の上手な焼き方 オーブントースターでは?

オーブントースターでお餅を焼くのは一番オーソドックスなやり方ではないでしょうか。

しかし、お餅をオーブントースターで焼くと網にくっついたり、お餅同士がくっついたり、目を離すと膨らみ過ぎて焦げてしまったりと難点も多いです。

 

後片付けを楽にしようとオーブントースターの中に、アルミホイルを敷いて焼く方も多いようです。
でもそうすると、今度はアルミホイルにお餅がくっついてしまうことになっちゃうんですよね。

 

ではどうしたら良いのか紹介しますね。

お餅を網にくっつかなくする方法は次の2つです。

予熱で網を温める

お餅をオーブントースターに入れる前に、オーブントースターの中をしっかり予熱で温めましょう。
網をしっかりと熱々にしておくと、お餅が網にくっつくことはありません。

 

そして、オーブントースターの中にお餅同士を離した状態で並べ入れて、表面に焼き色がつくまで4~5分(機種によって異なる)焼きましょう。

 

その後スイッチが切れてもオーブントースターの扉は開けないで、じーっとそのまま2分ほど放置します。

この放置した2分間にオーブントースターの余熱がお餅の中までしっかり届き、全体がやわらかく焦げすぎずに完成します。

焼く前に醤油をちょっと垂らす

焼く前のお餅に醤油をちょこっと垂らす方法は裏技です。

この裏技は、焼く前のお餅の真ん中に醤油をちょこっと1~2滴たらします。
そしてオーブントースターで焼くだけです。

醤油をちょこっと1~2滴たらすだけで、醤油を塗った部分だけが焼けて膨らみ他にはくっつきません。

 

なぜこれだけで、お餅がトースターの網にくっつかないのか?
不思議ですよね。

 

お餅全体に熱が加わると、網に面した部分も熱によって膨らんできます。
この膨らんだ部分は柔らかいでんぷんなので、これが網に絡みつきやすくなるのです。

だから、醤油をお餅の中心に垂らしておくことで、醤油の部分が先に蒸発しようとする作用が働き、醤油の部分が他の部分より温度が高くなりそこだけ焼けて膨らむのです。
したがって、網に面した部分が膨らむことはないということです。

 

この裏技で注意することは、お餅の側面に醤油が垂れないようにすることです。
醤油が側面についてしまうと側面が焼けて膨らみ、オーブントースターの網にくっついてしまうので、失敗してしまうそうです。

 

醤油を垂らすことでお餅に醤油の味が残ることを心配する方がいるかもしれませんが、醤油の味は残らないので安心してくださいね。

お餅の上手な焼き方 フライパンでは?

オーブントースタートースターや餅焼き網もない場合、お餅は食べられないと諦めていませんか?

無くても大丈夫です。

フライパンがあれば簡単に、焦げずに、香ばしく上手にお餅を焼くことができますよ。

さらに、フライパンならではの美味しさも引きだせますよ。
特に、「焼き目や焦げ目がつかないとお餅じゃない!」という人には持って来い、フライパンがおすすめです。

 

フライパンを使用するときはオーブンシートを敷く、または軽く油をひくことでお餅がフライパンにくっつくのを防げます。

油はオリーブ油やごま油がおすすめです。
お餅にオリーブ油やごま油のいい香りがついて、食欲をそそりますよ。

この時、油の量を多めにするとかき餅風になって食感も美味しさも一味違う味わいになります。

 

それでは、フライパンを火にかける前の冷たい状態でお餅を並べましょう。

中火で焼きお餅に焼き目が付いたら裏返し、ふっくらと焼き上がったら完成です。

 

下記のようなさまざまな条件の違いでも上手く焼けるように、ポイントやコツを紹介するので参考にしてくださいね。

市販の切り餅を使った場合

中火で表と裏を3~5分ずつ加熱します。
通常、3分位で柔らかくなってきて、5分ぐらいすると焦げ目がつきます。

冷凍したお餅、硬くなってしまったお餅の場合

30秒ほどレンジで温めてからフライパンに移し、加熱時間と火力を控えめにしフタをして少し蒸らす方法で焼きます。

この場合、中の様子を見ながらお餅が膨らみ過ぎることのないよう気を付けてください。

テフロン加工のフライパン

テフロン加工のフライパンは、油をひかなくてもびりつかないので後片付けも超楽チンです。
お餅を焼くのに扱いやすいです。

お餅の上手な焼き方 電子レンジでは?

残念ながら、電子レンジではお餅に焦げ目をつけることはできません。

しかしお餅を電子レンジで加熱すると、「つきたての餅」のように柔らかでもっちもちの美味しいお餅になります。

つきたて餅のようにする方法

つきたての餅のようにする方法はいたって簡単です。

お餅を平皿ではなく深さのある耐熱容器(お餅の4~5倍の高さ)の中に入れて、その上からお餅がかぶる程度の水を入れます。

 

この状態で電子レンジ(500w)で加熱するだけです。
加熱時間はお餅1個につき、1分を目安にしましょう。

しかし加熱する際は、個数によっても、使う容器によっても、お餅の大きさによっても、電子レンジの加熱時間に微妙な差が出てしまうので、まず50秒~1分程度加熱して様子見ながら、その後10秒ずつこまめに追加加熱していきます。

 

耐熱容器の中の水をきって熱いうちにお餅をまとめれば完成です。

 

食べやすい大きさに分けて、砂糖醤油、きなこ、あんこ、大根おろし、納豆などお好きな味付けで味わってみましょう。

 

ちなみに、
私が大好きなのは砂糖醤油と大根おろしです。
ぜひぜひお試しください。
ただ、美味しくて食べ過ぎてしまうのでそこのところは注意してくださいね。

まとめ

お餅を焼く方法は一つではありません。

オーブントースターもフライパンも電子レンジもそれぞれの特徴があるので、お好みの焼き方を選んでみましょう。

美味しいお餅も、お正月などのように毎日食べることが多くなる時期は、常に同じ焼き方ではさすがに飽きてしまうこともあります。

そんな時は電子レンジ、オーブントースター、フライパンを使い分けてみるのもいいかもしれませんね。

電子レンジで牛乳が吹きこぼれる理由 防ぐ方法と安全な温め方

ちょっとだけ注意しておきましょう。
ご参考にして下さい。