お餅はお正月の代表的な食べ物の一つです。

子供から大人までお餅が大好きという方は多いですが、年頃になるとカロリーは大変気になるところですよね。

お餅1個はご飯1杯と同じとか、とても消化がいい食品と聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
また一方では「お餅は腹持ちがいい。」と言う人もいますよね。

なんだか矛盾してるようなお餅に関しての噂は実際はどうなのでしょうか。

そこで、お餅とご飯のカロリーの差や消化がいい、腹持ちがいいのはほんとうなのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お餅とご飯のカロリーの差は?

お正月になるとよく「お餅を食べすぎないでね。」とか、「お餅食べ過ぎて太っちゃった。」などといった話をよく耳にします。
このようなことからも、お餅は太りやすい食べ物というイメージをほとんどの方が持っているのではないでしょうか。

しかし、実際のところどうなのでしょうね。

 

それでは、「切り餅」と「ご飯」の一般的なカロリーを紹介しますね。

・切り餅 1個(54g)  127kcal

・丸餅  1個(34g)  80kcal

・ご飯  1膳(140g)  235kcal

 

この結果からみると、お餅とご飯を同じ分量食べたらやはりお餅のほうがカロリーは高いなります。

しかし良くちまたで言われ耳にする、「お餅1個 = ご飯1杯」というのは間違いということはわかりましたね。
お餅を1個食べるのであれば、ご飯1膳よりはカロリーは低いのです。

 

それではなぜ、「お餅を食べすぎないでね」とか、「お餅食べ過ぎて太っちゃった。」などとよく耳にするのでしょうね。
この言葉には秘密が隠されているようです。

そのカロリーの秘密とは、お餅は味付けのバリエーションが豊富なことから、お餅を食べる時に何と一緒に、どう食べるのかが重要なポイントのようです。

それでは、お餅と一緒に食べることの多い相棒を1つずつ紹介していきます。

あんこ

お餅と言ったらぜんざいやおしるこのイメージも強いですよね。

もっちりしたお餅に甘~いあんこを絡ませて食べる、甘党の方には目がないないのではないでしょうか。
相性バツグンですね。

そこで気になるカロリーは、

つぶあん餅 160kcal
こしあん餅 180kcal

こしあんの方がカロリーは低いと思い込んでいたので、若干ですがカロリーが高かったのにはビックリです。

砂糖醤油

香ばしく、甘しょっぱい砂糖醤油はお餅の定番です。

磯部餅が大好きな方は多いのではないでしょうか。

そこで気になるカロリーは、

砂糖醤油餅 150kcal

醤油ということでカロリーは低いイメージですが、お砂糖が入っているのでカロリーは若干上がってしまいます。

洋風にしてチーズを挟んだり、バター醤油にしたりするとさらにカロリーは高くなります。

大根おろし

食欲がないときにも、さっぱりと美味しい大根おろしはお餅の相棒にもおすすめです。
腸内環境を整えてくれるという効果が大根おろしにあることも嬉しいですね。

そこで気になるカロリーは、
大根おろしにほとんどカロリーがないので、お餅単体のカロリーとほぼ変わりません。
大根おろしのカロリー(100g)18kcal

・大根おろし餅 145kcal

きな粉

きな粉餅も根強い人気があります。
きな粉に含まれる鉄分やタンパク質が身体に良さそうです。

私は子供の頃あべ川餅が好きで良く食べていました。
大人になってからは、餅は餅でも信玄餅が大好きです。

そこで気になるカロリーは、

きな粉餅 145kcal

大根おろしとかわらないのにはビックリです。
しかし、思ったよりカロリーが低いいうことから、きなこをかけすぎたり、砂糖をたっぷりきな粉に混ぜたりすると、きなこ自体のカロリーはわりと高めなので、総カロリーは高くなってしまうので注意しましょう。

 

このように味付け豊富なバリエーションがあるお餅です。
食べる時に1枚で済ませられるのなら問題はありませんが、美味しくてついつい2枚、3枚と食べてしまう可能性があるので、気をつけた方が良いですね。

お餅は消化にいいの? それとも悪いの?

ズバリ、お餅は「消化にいい」のです。

お餅の原料はもち米です。

もち米の成分は「アミロペクチン」いう消化の良いデンプン質が70%ほど含まれていることから、とても消化にいいのです。

さらに、もともと消化のいいもち米を蒸して、その後もち米の粒がなくなるまで十分につきあげて出来たお餅は、再び煮たり焼いたりして食べますよね。

もともと消化のいいもち米を蒸す → 粒がなくなるまで十分につく → 再び煮る・焼く(切り餅状態のもの)

このような工程をたどるうちに、お餅の中のでんぷんは噛んで柔らかくなったのと同じような状態になって消化吸収がしやすくなるのです。

 

そしてこの時大根おろしと一緒に食べると、大根に含まれる消化酵素(ジアスターゼ)がもち米のデンプンを糖にするのを助けてくれるので、さらに消化は良くなります。
「ジアスターゼ」は熱に弱いので、生で食べられる「大根おろし」は正解なのです。

 

ただし、ここで注意が一つありますよ。

お餅はしっかりと過熱して食べましょう。
デンプンは冷めるとβデンプンという消化の悪い状態になってしまいます。

冷めて固くなったお餅を食べた場合、腹痛を起こす可能性もあるようです。

お餅は腹持ちがいいって本当なの?

ズバリ、お餅は「腹持ちがいい。」のです。

一般的なお餅2個(1個100g程度)で、ご飯は小さめのお茶碗1杯(100g)程度です。
同じ分量を食べた場合、お餅の方が多くエネルギー補給をされていることになるのです。

そして、下記の通り含まれている炭水化物の量をみても、お餅の方が大きく上回ってます。
・お餅(100g) 50.3g
・ご飯(100g) 37.1g

このように炭水化物が多く含まれるということは糖質が多いということで、胃の滞留時間が短くても血糖値が高まります。

空腹を覚えるほど血糖値が下がるまでには時間がかかるので、お餅は腹持ちがいいということになるのです。

まとめ

お餅とご飯のカロリーの差、同じ量を食べたらお餅のほうがカロリーは高いです。
「お餅1個 = ご飯1杯」というのは間違いでしたね。

お餅を1個だけ食べるのであれば、ご飯1膳よりカロリーは低いのですが、お餅は何と一緒にどう食べるのかによってカロリーは変わってくるということを頭に入れておきましょう。
食べる時は少し気をつけた方がよいですね。

お餅と一緒に食べるのでおすすめなのは、大根おろしです。

そしてお餅は、「消化にいい」そして「腹持ちがいい」はどちらも正解です。