イチゴの甘~い香りとあのツヤツヤとした真っ赤な色を見るとついつい微笑んでしまいますよね。

イチゴをなるべく長持ちさせるにはどのような保存方法が良いのでしょう。

スーパーでは常温で販売されていますが、家庭での保存に常温保存はNGなのです。

そこで、イチゴを長持ちさせる冷蔵や冷凍の保存方法とそれぞれの保存期限、冷凍イチゴの食べ方、加工保存の仕方について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

イチゴの保存法で常温保存はOK?

甘~い香りを漂わせながらフルーツの主役ともいえるイチゴは、店頭に並んでいる時は常温です。

だから購入したイチゴを家に持ち帰ってきた時、「お店と同じように常温で保存しておいて大丈夫だろう。」と思い込んでいる人はいませんか?

その思い込みは間違っています。

イチゴの常温保存はNGです。

イチゴを保存するのに最適な温度は、なんと3~5℃です。
常温では温度が高すぎて傷みやすいので、注意しましょう。

 

イチゴはあまり知られていませんが、とてもデリケートなフルーツなのです。
デリケートなフルーツで知られているのは「桃」ですが、桃同様イチゴもとても優しく大切に扱わなくてはならないフルーツだと言うことをしっている人は少ないようですね。

表面はとてもやわらかくて、すこし当たっただけでもキズになってしまい、そこから傷んでしまいます。

このようなことから、イチゴを購入し家に持ち帰ったら常温の放置せず、冷蔵庫に入れるようにしましょう。

イチゴを長持ちさせる冷蔵保存方法と保存期間

それでは冷蔵庫で長持ちさせる保存方法を紹介します。

冷蔵保存のポイントと手順

1.イチゴはすぐに容器から取り出しましょう。

容器に入ったイチゴをそのまま冷蔵庫に入れている方も多いかもしれませんが、あのプラスチック製の容器は保存には向いていません。

この時、イチゴを洗ってはいけません。
また、ヘタを取ることもいけないのです。

イチゴの保存で天敵となるのが次の3つです。

水分

乾燥

接触

 

保存前にイチゴを洗ってしまうと、洗うことでイチゴに接触し、水分がつき、擦れて傷みが早まるのです。
また、ヘタを取ってしまうと乾燥が早まります。

食べる直前に洗い、ヘタを取るのがベストです。

 

2.浅めのタッパーや容器に入れましょう。

浅めのタッパーや容器に入れる前に、既に傷み始めているものを取り除きましょう。

できればひとつずつペーパータオルに包むとさらに良いでしょう。(いちご自身から蒸発する水分を吸湿してくれます)

浅めのタッパーや容器にキッチンペーパーを敷き、ヘタを下にしてイチゴ同士が重ならないように並べましょう。

 

3.容器は野菜室に入れて保存しましょう。

容器には乾燥しないよう、ラップまたはキッチンペーパーをかぶせてから野菜室に入れましょう。

冷蔵保存期間

上記の保存方法でイチゴの冷蔵保存期間はおよそ1週間程度です。

しかし、ビタミンなどの栄養素や旨みは日に日に落ちてしまうので、早めに食べるようにしましょう。

イチゴを長持ちさせる冷凍保存方法と保存期間

イチゴは冷凍保存が可能です。

タイムセールでたくさん購入したり、大量にもらったときなどに冷凍保存はおすすめです。

また、冷蔵庫で1週間以内に食べきれない場合には、早めに冷凍保存した方が良いですね。

加熱しないので、イチゴの栄養分も大きく壊れることなく長期間保存できますよ。

 

ただ、冷凍保存すると食感は変わり甘みも落ちてしまいます

冷凍保存のポイントと手順

1.イチゴをよく洗った後、ヘタや傷んだ部分は取り除きます。
この時、しなびかかったイチゴがあった場合、ヘタや傷んだ部分を取る前に10~15分ほどレモン水につけて吸水させましょう。(レモンがない時は水でもOK)

 

2.水気をしっかり拭き取り、密閉容器やフリーザーバッグなどの冷凍保存用袋に入れて空気を軽く抜きましょう。

 

3.ここで一手間、砂糖をかけましょう。
冷凍によって甘みが落ちてしまうので、水っぽくならないようしっかり水気を切り、砂糖をかけて甘みを添加します。

砂糖をかけて時間を置くと、イチゴから果汁が染み出てきます。
これで果汁に浸かった状態で凍らすことができます。

 

4.冷凍庫に入れて保管しましょう。

冷凍保存期間

上記の方法でイチゴの冷蔵保存期間は1~2ヶ月程度です。

冷凍したイチゴの食べ方

冷凍イチゴは、そのまま食べるとシャーベットとして美味しく食べれますが、甘みが弱いと感じる場合は練乳をかけると良いでしょう。

その他の食べ方を紹介しますね。

冷凍イチゴのヨーグルト
プレーンヨーグルトの中に冷凍いちごを入れるだけですが、冷たくてとても美味しいですよ。
甘みが欲しい場合はハチミツがおすすめです。

 

冷凍イチゴのジュース
冷凍いちごに牛乳や豆乳加えてミキサー回すだけです。
栄養たっぷり、美味しいジュースか完成です。

牛乳や豆乳の分量を減らし、バニラアイスを入れるとイチゴシェイクのようになります。
こちらも美味しいですよ。
子供に大人気です。

イチゴの加工保存方法

いちごの量がたくさんあって食べきれないのであれば、イチゴジャムを家庭で作ってみましょう。

ただ加熱するとビタミンCなどの栄養分や香りは失われてしまうので、鮮度の良いイチゴでジャムを作るのはちょっともったいないです。

イチゴジャムの作り方

◇材料(200ccの瓶1個分)

・いちご(300g)

・砂糖(100g)

・レモン汁(大さじ1)

◇手順

1.イチゴは洗って水気をよく拭いてからヘタを切り落とします。

 

2.イチゴを鍋に入れたら、砂糖をまぶしてレモン汁をふりかけ、1時間くらい置いておきます。
ここでレモン汁をふりかけるのは保存性を高めるためです。

 

3.イチゴの水分が出てきて砂糖が溶けてきたら火にかけ、弱火で30分位コトコト煮込みます。
アクは適宜すくってください。

 

4.とろみが出て赤く鮮やかな色になってきたら出来上がりです。

 

5.熱いうちに煮沸消毒した瓶に詰め、蓋をして粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしましょう。

 

※果物の種類によっては、ジャムを作るときにとろみ付けのために「ペクチン」を入れますが、イチゴには元々ペクチンが食物繊維として含まれているので入れる必要はありません。

まとめ

イチゴはとてもデリケートなフルーツです。

こちらの記事も参考にしてください。
イチゴの旬とイチゴ狩りおすすめ時期や美味しい見分け方と食べ方は?
イチゴの栄養と効果効能 煮るとどうなる?1個のカロリーや食べ過ぎたら?
イチゴの品種の数と糖度はどれくらい?美味しい食べ方とジャムの作り方

常温では温度が高すぎて傷みやすいので注意しましょう。
家に帰ったらいちごの保存は冷蔵庫です。

冷蔵庫での保存でなるべく長持ちさせるためには、一手間かけて保存し1週間は美味しく食べるようにしましょう。

1週間で食べきれない時や、大量のイチゴがある時は、冷凍保存や加工保存し、生でそのまま食べる時とは異なった食感を楽しみましょう。