イチゴの甘酸っぱい香りが漂う店内、イチゴのお誘いに我慢できずついつい手が伸びてしまいますが、最近の店頭に並んでいるイチゴは形や大きさもさまざまで、聞きなれない品種(ブランド)も見かけますよね。

一体、品種の数はどれくらいあって糖度にも違いがあるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

美味しい食べ方も知りたいですよね。
そしてイチゴをジャムにすると、加熱によってメラノイジンという成分(強力な抗酸化作用)が作られ体に良い効果も期待できるようです。

そこで、イチゴの品種の数と糖度、美味しい食べ方とジャムの作り方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

イチゴの品種の数はどれくらいあるの?

店頭に並んでいる最近の「イチゴ」は、聞きなれない品種(ブランド)をたくさん目にします。
恥ずかしけれど、私の頭にとっさに浮かぶのは「とちおとめ」、「女峰」この2種類くらいです。

スーパーで見てみたら、「あかねっ娘」、「紅ほっぺ」、「あきひめ」、「さがほのか」、「さちのか」、「アイベリー」等々、「えっ!! こんなにイチゴには色々の品種があるの?」て感じです。

しかしこれは序の口のようで、イチゴにはまだまだたくさんの品種(ブランド)があるのです。

これまでに日本で栽培されてきたいちごの品種は250種です。
そのうちの190種が一季なり品種60種が四季なり品種というものになります。

一季なり品種とは

一季なり品種とは、1年のうち1時期だけ収穫できる品種のことで、ビニールハウスなどで温度を調節して育てる冬春用の品種です。

四季なり品種とは

四季なり品種とは、最適な気温さえあれば一年中花をつけ収穫することができる夏秋用の品種です。

250種のイチゴの頂点「福羽」

250種のイチゴの頂点に立つ、いわゆるイチゴの先祖は、「福羽」という品種です。

この「福羽」という品種は、農学博士のイチゴの父 福羽逸人(ふくばはやと)さんが、1898年に日本で初のいちご栽培を成功させたものです。

 

農学博士のイチゴの父 福羽逸人(ふくばはやと)さんがいてくれたから、私たちは今現在、甘く美味しい栄養たっぷりイチゴを食べることが出来ているのです。

イチゴの品種それぞれの糖度はどれくらい?

イチゴはそのまま美味しく食べるのも良し、お菓子などを可愛く華やかにトッピングするのに使うのも楽しくなりますよね。

昔のイチゴは酸味の強いものが多かった

でも遥か昔、私の子供の頃を思い出してみると、イチゴをそのまま食べるってことはあまりしていなかったんですよ。
イチゴを食べる時は、必ず牛乳をかけて、砂糖を入れて、スプーンの腹で潰して食べていたのです。
そしてイチゴを食べた後残ったピンク色の牛乳を、いちご牛乳なんて言いながら飲んだのです。

こうしてイチゴを食べるのが定番でした。

この時使うスプーンの底が、平らで滑らないように小さなおうとつがあるイチゴスプーンを買ってもらった時は嬉しかったなぁ~

 

だから、生でそのまま甘く美味しく食べられる最近のイチゴはすごいってことです。

主な品種の特徴と糖度

昔のイチゴは酸味の強いものが多かったけれど品種改良を重ねて、現在ではより糖度が高いものが出回っています。

しかし、ただ糖度が高いのではなく、さまざまな品種はそれぞれ違う特徴を持っています。

 

糖度が高くて酸味控えめなもの、糖度も酸味も強いもの、実が柔らかいもの、実がかたくてしっかりしているものなど、いろいろなイチゴが作られています。
「甘いイチゴがあれば十分なのに、なぜ?」と考える人も少なくないでしょうね。

 

このようにさまざまな品種のイチゴが作られるのは、次のような理由があるのです。

・イチゴはそのまま食べるだけではありません。

お菓子に加工して使う場合もあります。

・ケーキやアイスなどにトッピングとして使う場合もあります。

・また人の好みは十人十色です。

 

だから、用途や好みに合わせたピッタリのイチゴが選べるようになっているんです。

スーパージャンボ

・糖度15~18度
・果肉がすべて赤い
・大きめ

古都華(ことか)

・糖度15度以上
・程よい酸味がある
・香りが高い

さつまおとめ

・糖度15度以上
・大粒で酸味が少ない

とよのか

・糖度12~15度
・甘みと酸味のバランスがいい
・果汁多め

アスカルビー

・糖度12~14度
・程よい酸味がある
・粒は大きめ

紅ほっぺ

・糖度11~13度
・程よい酸味と香りがある
・粒が大きい

あまおう

・糖度11度以上
・酸味は低め
・果実は大きめ

章姫

・糖度10~15度
・酸味は低め
・実は細長く柔らかい(直売向き)

とちおとめ

・糖度9~15度
・程よい酸味がある
・果汁が豊富

ももいちご

・糖度9~15度
・酸味は少ない
・果実が大きく桃の形

女峰

・糖度8~10度
・酸味は高め
・香りは甘酸っぱくジューシー

 

それぞれのイチゴの特徴を知って、自分好みのいちごを見つけてみましょう。

酸っぱさが苦手な人には、糖度が高く酸味が少ない品種(甘みを強く感じる)、さつまおとめ、章姫、ももいちごがおすすめです。

酸味があった方が好きという人は、古都華(ことか)、とよのか、アスカルビー、紅ほっぺ、とちおとめがおすすめです。

イチゴの美味しい食べ方とジャムの作り方

イチゴは生でそのまま「パクリ」が一番美味しい食べ方です。

 

ただこの時、多分ほとんどの人がイチゴを食べる時、先のとがった先端部分から食べているのではないでしょうか。

イチゴを美味しく食べるには、その食べ方はNGです。
ヘタ側の方から食べていくのが、イチゴを生で美味しく食べるコツです。

ヘタ側の方が甘味が少ないので、甘くない方から食べた方が最後まで美味しく食べられます。

 

言われてみれば当然です。
普段から私たちがは実践していることですよね。

例えば、果物を食べる前にケーキやチョコレートを先に食べないですよね。
ケーキやチョコレートのように、甘いものを先に食べてしまうと果物を甘く感じませんもんね。

生でそのままで食べる以外の美味しい食べ方

それでは、生でそのままで食べる以外の美味しい食べ方を紹介します。

イチゴジャム

イチゴと砂糖を加熱することで糖が反応して糖が反応して「メラノイジン」という成分が作られます。

メラノイジンには、強力な抗酸化作用があるので、活性酸素を除去して、ビタミン、ミネラルなどの吸収を良くしたり、血糖値を安定させる効果が期待できるので、イチゴジャムはおすすめです。

 

美味しいイチゴジャムを簡単に作っちゃいましょう。

◇材料(200ccの瓶1個分)

・いちご(300g)

・砂糖(100g)

・レモン汁(大さじ1)

 

◇手順

1.イチゴは洗って、水気をよく拭いてからヘタを取りましょう。

2.イチゴを鍋に入れ、砂糖をまぶしてレモン汁をふりかけ1時間くらいそのまま置いておきましょう。

3.イチゴから水分が出て砂糖が溶けてきたら、火にかけ弱火でことこと30分位煮込みましょう。
灰汁(あく)が出てきたら、はその都度すくってください。

4.とろみが出て、鮮やかな赤色になってきたら完成です。

5.熱いうちに煮沸消毒した瓶に詰め、蓋をして粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしましょう。

いちごジュース

手軽に出来て、子供に大人気です。

◇材料(1人分)

・いちご(5粒)冷凍でもOKです。

・氷(2欠片)

・牛乳(200cc)豆乳でOKです。

・砂糖(小さじ2)

 

◇手順

1.ミキサーに材料を入れ、かくはんさせましょう。

2.コップに移して完成です。

※お好みで牛乳を大さじ2にして、ヨーグルトを1カップ加えるとジェラート風になってこれも美味しくておすすめです。

まとめ

イチゴの日本の品種はすべて「福羽」から生まれました。
これまでに日本で栽培されてきた、イチゴの品種は250種です。

こちらの記事も参考にしてください。
イチゴの栄養と効果効能 煮るとどうなる?1個のカロリーや食べ過ぎたら?
イチゴの保存は常温OK?長持ちさせる冷蔵や冷凍の保存方法と保存期限
イチゴの旬とイチゴ狩りおすすめ時期や美味しい見分け方と食べ方は?

家族で、昔のイチゴの話をしながら、牛乳かけてちょっと砂糖も入れて、スプーンの腹で潰して食べる昔の食べ方をしてみるのも逆に新鮮かもしれません。
締めは器に残ったイチゴ牛乳を飲んで、二度おいしいを体験してみませんか。