イチゴの旬の時期やイチゴ狩りのおすすめ時期はいつなのでしょう。

イチゴは春のイメージが強いような気もしますが、クリスマスに時期にはスーパーの店頭で見かけます。

出来れば一番美味しい時期に、イチゴを美味しく食べたいですよね。

そこで、イチゴの旬、イチゴ狩りおすすめ時期、美味しいイチゴ見分け方と美味しい食べ方を紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

イチゴの旬の時期

イチゴは昔は、春から初夏にかけての果物だったような気がしていたんだけれど、近年ではクリスマス時期になるとスーパーに所狭しと並び始める。

旬の時期は冬なの? 春なの? どっちなの?
このように思っている方は多いのではないでしょうか。

 

「春から初夏にかけての果物だったような気がする。」それは思い違いではありません。
確かにイチゴは、昔は春から初夏にかけて出荷される果物でした。
それは、イチゴが主に露地栽培だったからです。

しかし近年では、イチゴの可愛らしい佇まいがクリスマスシーズンに欠かせなくなり、ケーキのトッピングとしての需要がぐんぐん増えて、なんと12月の消費量が年間で一番のピークを迎えるようになっています。

そのためイチゴの生産者は、12月のピーク時に出荷量を調整したいと考えるようになり、品種改良や生育環境を整えて冬の寒い時期でも収穫できるようにと今ではハウス栽培が主流になっています。

 

ハウス栽培のように気温が高く維持できる栽培方法の場合、品種や地域によって微妙に異なりますが、旬の時期は2月~4月です。

昔ながらの露地栽培のイチゴの旬は、4月頃 〜 5月下旬です。

 

このようにイチゴにはハウス栽培と露地栽培の2つの旬が存在することを覚えておきましょう。

 

露地栽培のイチゴは経費がかかるハウス栽培のイチゴよりも、価格は安く太陽の光をしっかりと受けることができるので、甘さがとても強くて美味しいイチゴが多いです。

しかし、4月頃〜5月下旬の時期は気温もぐんぐん高くなっている分とても傷みやすいので購入時には注意をして選んでくださいね。

12月に消費量のピークを迎えるハウス栽培のイチゴは美味しくない?

現在では農業技術の発達によって、イチゴを12月のクリスマス時期に出荷することが出来るようになりました。

と言ってもこの12月の出荷は、本来のハウス栽培のイチゴの旬(2月〜4月)とは異なる時期に出荷をするため、温度や日照時間を人工的にコントロールしています。

そのため、イチゴの実がまだ赤くなっていない白い時期に冷蔵貯蔵をしておき、出荷の時期に合わせ一気に温度を上げて実を赤くしている場合が多いようです。

なので、12月頃に出回っているイチゴに旬の採れたての美味しさを期待するのはちょっと無理があるようです。

イチゴ狩りのおすすめ時期

みずみずしく大きく真っ赤に実ったイチゴを食べながら摘み取る「イチゴ狩り」は、春先のレジャーとして定番化していますが、実際イチゴ園が開園する時期とイチゴが美味しく食べられる時期は微妙に異なっています。

せっかく行くのですから美味しいイチゴを食べたいですよね。

それではイチゴ園が開園してイチゴ狩りができる時期とイチゴの美味しい時期を紹介します。

イチゴ狩りができる時期

イチゴ狩りは関西のハウス栽培では、だいたい1月初旬から5月の下旬頃までです。

関東近郊のハウス栽培では、1月~ゴールデンウィークくらいまでです。

長野県など涼しい地域のハウス栽培では、5月~6月初めくらいまでオープンしています。

また、雪の多い北海道などのイチゴ園のほとんどは露地栽培なので、6月中旬頃~7月下旬までです。

 

しかし、いちご狩りができる期間は地域のその年の天候などによっても大きく左右されるので、訪れる前にイチゴ園のホームページや電話などで確認しましょうね。

イチゴの美味しい時期

イチゴの生育は寒い時期ほど遅いのですが、その間に糖分が十分に蓄えられるので、寒い時期に成長したイチゴほど甘いのです。

このイチゴの生育の特徴から、より甘いイチゴが食べたいのならばイチゴ園が開園した頃に行くのがベストです。

 

しかし、いちご狩りは行く時期によって値段が違います

一般的にイチゴ園が開園する12月〜1月頃が一番値段が高く2月や3月になると少し値段が下がります。
4月〜5月になるとさらに値段は下がります。

 

やはり、イチゴの収穫数が少なく甘いイチゴが食べられる12月〜1月に値段が高いのは当然ですよね。

イチゴ園が開園した頃に行くのがベストなのはわかるけど、値段をもう少し安くあげたいと思う方は料金が変わった直後が狙い目です。

少し料金が下がる2月頃のイチゴは美味しくお得なのでおすすめです。

3月後半になってくるとイチゴは小粒になり、だんだん水っぽい感じになってきてしまいます。

イチゴ狩りのイチゴをお持ち帰りすることはできる?

ほとんどのイチゴ園で、園内は時間制限(◯◯分)食べ放題お持ち帰り分は重量で量って別料金を支払う、またはパック入りを販売しているのがほとんどです。

持ち帰り分を採り放題にしているいちご園はまずありえません

採りたての美味しいイチゴをお土産に購入したい場合は、イチゴ園に電話で確認しておくことをおすすめします。

 

ちなみに、
昨年イチゴ狩りに行った際に、イチゴをお持ち帰り用に購入したいとイチゴ園に話したところ、「イチゴ狩りに来た人に十分食べて欲しいのでお持ち帰り用は用意できません。」と断られたことがありました。

私もそうだったように、家族へのお土産にという気持ちもわかります。
しかし、イチゴ園で購入するイチゴが安いとは限りません。
スーパーなどで販売しているイチゴの方がはるかに安い場合もありますよ。

 

お土産は、スーパーで美味しそうなイチゴを選んで購入するのがいいのではないでしょうか。

イチゴ狩りで美味しいイチゴの見分け方と食べ方は?

入園したら一目散に入口から手当たり次第に食べていくなんてNGですよ。

はやる気持ちは抑えて、まず園内を一回り見て周り、ハウスの真ん中より奥で完熟イチゴを厳選して食べる、これがイチゴ狩りで美味しいイチゴを食べるコツです。

イチゴ狩りで美味しいイチゴの見分け方

おいしい完熟イチゴは奥の方にあるんです。
小さくても、形がいびつでも、「根元まで真っ赤に熟れた完熟イチゴ」を食べることがイチゴ狩りの醍醐味です。

 

根元がまだ白い形のいい大玉に惑わざれてはいけません。
根元がまだ白いイチゴはスーパーでも買えるイチゴですよ。

完熟イチゴはパックに詰めたらつぶれてしまうほど柔らかく、傷みも早いため、チゴ狩りでないと絶対に食べることができない貴重品なんです。

イチゴ狩りで美味しいイチゴの食べ方

イチゴを一口でパクリ」これが一番の美味しい食べ方です。

 

しかし大きなイチゴの場合、小さな子供や女性は一口では食べれないこともありますよね。

このようにイチゴをふた口で食べる人にも美味しく食べれるコツがあるので紹介しますね。

 

実は茎がついているヘタの方と、とがっている先の方では甘さが全く違うんです。
とがっている先の方が断然甘くて、茎がついているヘタの方は酸っぱく、なんと糖度は3度ほど違います。

 

だから、一口目はヘタの方から食べましょう。
そして、ふた口目にとがっている先の方を食べるとさらに甘く美味しく感じるのです。

 

また、時間が経ってちょっとイチゴの味にあきてきたら、コンデンスミルクを付けて味を変えて食べるのがおすすめです。

 

コンデンスミルクはお代わり自由なところが多いので、好きな人は園に申し出てみましょう。

これでイチゴは美味しく、あきるくらいガッツリ食べられるでしょう。

まとめ

ハウス栽培いちごの旬は2月~4月頃、昔ながらの露地栽培のいちごの旬は4月頃〜5月下旬頃です。

寒い時期に成長したイチゴほど甘いので、より甘いイチゴが食べたいのならば、イチゴ園が開園した頃に行くのがベストです。

しかし、この時期はお値段が一番高いので少し値段が下がるイチゴの旬の2月頃のイチゴ狩りがおすすめです。

根元がまだ白い形のいい大玉に惑わされず、ハウスの奥の方にある完熟イチゴを狙ってくださいね。

食べ方は一口目はヘタから食べて、ふた口目にとがっている先の方です。

こちらの記事も参考にしてください。
イチゴの保存は常温OK?長持ちさせる冷蔵や冷凍の保存方法と保存期限
イチゴの栄養と効果効能 煮るとどうなる?1個のカロリーや食べ過ぎたら?
イチゴの品種の数と糖度はどれくらい?美味しい食べ方とジャムの作り方

くれぐれもマナーを持って、イチゴ狩りを楽しみましょう。