昔はお餅を食べると母乳の出が良くなるから、授乳中はたくさん食べなさいとアドバイスを受けたけれど、近年では食べ過ぎると乳腺炎になると言われいるようです。

年配者の方に「母乳がたくさん出るようにお餅を食べなさい。」とアドバイスされ、母乳不足で悩んでいるお母さんはどちらを信じていいのか悩んでしまいますよね。

どちらが正解なのでしょう。

そこで、母乳とお餅の関係や、乳腺炎について、乳腺炎の症状、合わせて赤ちゃんにお餅をはいつから食べさせてていいのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

母乳の出が良くなるの? お餅を母乳授乳中に食べていいの?

もち米は白米に比べて母乳の分泌を促すと言われ、実際にお餅を食べると母乳の出は良くなります

母乳の分泌はインシュリンの影響を受けると言われています。

お餅(もち米)は白米よりも血糖値が急速にアップして、血糖値の高い状態が長く続くと考えられています。
確かに、お餅は腹持ちがいいですもんね。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お餅とご飯カロリーの差は?消化や腹持ちがいいって本当?

 

しかし、血糖値が高い状態だと血液は粘り気があって濃くなってきます。
ということは、母乳は血液から造られるので、母乳も粘り気のある濃いものになってしまいます。

赤ちゃんはサラサラの母乳が好きなので、残念ながら母乳の出が良くなってもその母乳は、赤ちゃんが喜んでくれる母乳ではないようです。

 

粘り気のある濃いこのような母乳を、マヨネーズ状のおっぱい略して「マヨ乳」とも呼ばれています。

 

また、現代は昔と違って高カロリーの食品が沢山あります。
お餅を食べて、さらにカロリー高い食品を摂り過ぎてしまうと、輪をかけて母乳の質を落としてしまうことにもなるので気をつけましょう。

 

昔の日本の食糧事情では、お餅は高カロリーで高価で貴重な食材でした。
バランスのよい食事をとることが困難だったり、カロリー不足を補うことからも、「お餅を食べて母乳の出を良くしなさい。」とお母さんたちに勧めていたんですね。

このように昔の日本では、授乳しているお母さんに食べさせたい食べてもらいたい大切な栄養源だったのです。

 

さらに古代から日本では、お餅は神や精霊が宿る神聖な食べ物として扱われていたので、大切な赤ちゃんの大切な母乳のためにお母さんには神聖なお餅を食べさせたいという、日本人らしい考え方が出てきたという説もあるようです。

 

しかし現代は、普段からバランスのよい食事を心掛け、カロリーもきちんと管理しているお母さんがほとんどですので、あえて赤ちゃんも喜ばない粘り気のある濃い母乳になってしまうとわかっているのに、特に積極的にお餅を食べる必要はありませんね。

授乳中はしばらく控えていた方が良いでしょう。

お餅を食べると乳腺炎になるって本当なの?

お餅(もち米)は白米に比べて母乳の分泌を促す効果があるので、母乳をたくさん出すのに良いと言われていることから、一見乳腺炎には関係ないように思えますね。

でも、母乳が出すぎるということに問題があります。

乳管の太さは決まっているので、そこに一気に大量の母乳が流れ出すことで、行き場を失った母乳が詰まってしまいます。
たくさん母乳が出すぎると胸が張って痛くなる原因となり、乳腺炎となる可能性が高くなるのです。

 

体質などの違いや個人差はありますが、前述した通り現代の食糧事情では「お餅」は摂り過ぎでマイナスとなるリスクが大きいのです。

まさに「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言うことですね。

だから季節柄お正月は注意が必要ですね。
食べないに越したことはありませんが、毎日大量に食べ続けなければ大丈夫でしょう。

 

しかし、もし食べ過ぎてしまったかなと思ったときは、母乳の流れを良くするハーブティなどを試してみるのも良いようです。

こちらの記事も参考にしてください。
ローズヒップティーの選び方や美味しい食べ方とお風呂での使い方
ローズヒップティーは食べるお茶 美味しい入れ方と効果的な飲み方

乳腺炎とは

それでは、乳腺炎とはどんなものなのか紹介します。

乳腺炎とは名前の通り、乳腺(母乳を外へ運ぶ管)が炎症を起こしてしまうことをいいます。

乳腺炎の主な症状

乳腺炎には授乳をしているお母さんの約2~3割がなるといわれています。

ではどのような症状が現れるのか紹介します。

・おっぱいに熱を持ちしこりができる

・おっぱいが赤みを帯びる

・おっぱいを押すと痛む

発熱、寒気頭痛、関節痛などの症状が起こる

腕を上げたり、赤ちゃんを抱っこすると胸のあたりが痛む

・半透明の白いサラサラな母乳ではなく、黄色っぽい母乳(マヨ入)が出る

・おっぱいが張って硬くなる

 

このような症状が出たら早急に受診し処置をしてもらい楽になりましょう。

受診先は分娩をした産婦人科を受診するのが最も理想的です。
しかし、分娩をした病院でなくても、近所の産婦人科や母乳外来を併設している助産院、母乳育児に理解のある乳腺外科が良いでしょう。

赤ちゃんにお餅はいつから食べさせていいの?

個人差がありますが、お餅をたべさせるのは3歳すぎを目安にしましょう。

1歳半前後の離乳食完了期の赤ちゃんも咀嚼力、飲み込む力はまだまだ弱く十分ではありません。
歯が生え揃い、カミカミがちゃんとできて、大人と近い食事が食べられるくらいになってからです。

離乳食中の赤ちゃんにお餅を食べさせるのは止めておきましょう。

 

ただ3歳になっていても、まだちゃんと噛めない子や丸呑みの子には与えないほうが安心です。
「小さく切ってあげたら良いんじゃないの?」思うお母さんが中にはいるかもしれませんが、小さく切ったとしてもお餅の粘り気はかわりません

噛んで飲み込むとき、「唾液」はとても重要です。
歯と舌だけの運動ではないんです。

よく噛むことで唾液が分泌されて、噛んで細くなった食べ物がその唾液と混ざり飲み込みやすく喉を通っていくのです。
だから、しっかりカミカミできないとお餅は喉に張り付き、窒息の原因になり危険です。

お餅で子どもが窒息する事故は実際起こっているので、くれぐれも注意してくださいね。

まとめ

お餅を食べると母乳の出は良くなります。

しかし、食糧事情は昔と違います。
お餅の食べ過ぎて、カロリーの摂り過ぎになってしまうと母乳の質が落ちてしまったり、乳腺炎の原因となってしまう可能性があるので、特に積極的に食べる必要はありません。
つらい乳腺炎にならないように、控えておく方か懸命です。

また、お餅は美味しく消化も良く腹持ちも良いものですが、離乳食中の赤ちゃんに与えるのはやめましょう。
目安は3歳過ぎです。

お餅で子どもが窒息する事故は実際起こっていることを忘れないでくださいね。

赤ちゃんへの断乳や卒乳が気になり出したら、
断乳と卒乳どっちがいいの?断乳時期とおっぱいのケアは?
こちらの記事も参考にしてください。