ひな祭りは桃の節句とも言われ、日本の伝統的な行事の一つですが、どのような由来があるのでしょう。

子供の初節句のお祝いには親としてどんな食事のメニューを用意したら良いのでしょう。

また、縁起がいいとされる食べ物やお菓子にはどんな意味があるのでしょう。

そこで、ひな祭りの由来、初節句のお祝いメニュー、食事とお菓子が持つ意味について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ひな祭りの由来と意味

3月3日のひな祭りは、女の子のための行事です。
別名「桃の節句」ともいいます。

ひな祭りの由来

もともとは五節句の一つで、上巳(じょうし)の節句です。

古代中国では、3月最初の巳の日に、川に入って穢れを祓う風習がありました。

この風習が平安時代に日本に伝わり、紙や草、土で人形を作り穢れをその人形移して、川や海に流すようになります。

また貴族の女の子の間では、紙の人形を使った人形遊びを「ひいな遊び」と言い、このひいな遊び川に流す人形(ひとがた)が結びついて「流し雛」が誕生するのです。

 

さらに江戸時代になると人形作りの技術が向上し、人形は川に流すのではなく家で飾るように変化していき、現在のようなひな祭りが生まれます。

 

上巳の節句はもともとは男女の区別なく行われる行事だったのですが、五節句の制定のよってこどもの日は男の子の祭りとなり、分かれていったのです。

五節句とは

◇1月7日  人日(じんじつ)の節句  七草粥
別名「七草の節句」です。
七草がゆを食べて1年の豊作と無病息災を願います。

◇3月3日  上巳(じょうし)の節句  ひな祭り
別名「桃の節句」です。
ひな祭りで女の子の誕生と成長をお祝いします。

 

◇5月5日  端午(たんご)の節句   子供の日
別名「菖蒲の節句」
子供の日で男の子の誕生と成長をお祝いします。

子どもの日(端午の節句)の由来と過ごし方 簡単に子供に説明してみよう

◇7月7日  七夕(しちせき)の節句  七夕
別名「笹の節句」です。
短冊に願い事を書いて笹に願いを込めて飾ると、願いが叶うと言われています。

 

◇9月9日  重陽(ちょうよう)の節句 栗ごはん、菊酒
別名「菊の節句」です。
宮中や寺院で菊を観賞する行事が行われています。

 

このように上巳の節句は、雛人形を飾って女の子の厄除けや成長を願う行事へと変化していきました。

ひな祭りの意味

もともと上巳の節句では、男女共通の厄除けや成長を願う行事行われていました。

しかし江戸幕府は上巳の節句を3月3日と定めて、さらに雛人形を飾ることからこの日を女の子の日と決めました。

ひな祭りは単なるお祭りではなく、女の子の健やかな成長や幸せを願う日と変化していき、現代のひな祭りとなっていったのです。

ひな祭りに雛人形を飾るのはどうして?

ひな祭りに雛人形を飾るのは、昔の人形(ひとがた)や流し雛の風習の通り、雛人形に女の子の穢れを移して厄災を身代わりに引き受けてもらうためです。

 

雛人形を飾る時期は、厄払いの意味があるため一夜飾り(3月2日から1日だけ飾ること)はNGとされ、早め(2月の中旬くらい)に飾るのが良いといわれています。

 

また、桃の花にはもともと「魔除け」や「長寿」のパワーがあるといわれています。
旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころなので、ひな祭りには桃の花が飾られるようになったのです。

ひな祭りを「桃の節句」と呼ぶのもこうしたことからです。

ひな祭り初節句のお祝いメニューは?

ひな祭りで初節句のお祝いを家庭でする際、どのようなお祝いの食事を用意しお祝いしたらたら良いのでしょう。

ひな祭り定番のお祝いメニューは次の5つです。

ちらし寿司
・はまぐりのお吸い物
・菱餅
・白酒(甘酒)
・ひなあられ

 

しかし、さすがに初節句のお祝いの場合、この定番のメニュー5つだけでは寂しいので、次に紹介する中からいくつかプラスして、初節句のお祝いに相応しい春らしいメニューにしてみましょう。

・尾頭付きの鯛の塩焼き
・刺身の盛り合わせ
・茶碗蒸し
・菜の花のおひたし
・春野菜の天ぷら
・果物
・ひな祭りケーキ
・桜餅
・桜湯 など

ひな祭りのお祝いメニューの食事やお菓子の意味は?

ひな祭りには古くから伝わるお祝いメニューの食事やお菓子があります。

それぞれには縁起の良い意味が込められているので紹介しますね。

ちらし寿司

ひな祭りといえば「ちらし寿司」というくらいに、定番の食べ物として浸透していますが、ちらし寿司がを食べるようになったのは最近です。

平安時代より桃の節句には、現在のお寿司の起源とも言われている「なれ寿司」に海老や菜の花を載せて彩を良くして食べられていました。
なれ寿司が現代に受け継がれていくうちに、豪華で見栄えのするものを求めるようになって、現在のちらし寿司へと変化していったのです。

 

また「寿司」には、この漢字からわかるように「寿(ことぶき)を「司(つかさど)る」という意味があり、縁起がいいもの、お祝いの席で食べるものとされています。

そして「ちらし寿司」に縁起の良い食材がたくさん使われています。

「ちらし寿司」とは、縁起の良い食材を使った縁起の良い寿司、つまりダブルで縁起が良いのです。

ちらし寿司に使われている縁起の良い具材の意味

海老(腰が曲がるまで長生きできますように)
レンコン先が見通せるように)
(健康でまめに働きまめに生きる

はまぐりのお吸い物

昔から二枚貝は「お姫様」を意味しています。
中でもはまぐりは、最初に対になっていた貝殻同士でないと絶対に合わないと言われています。

平安時代には「貝合わせ」という遊びにはまぐりが用いられ、「一生涯一人の相手と添い遂げる」という理想的な夫婦の象徴とされてきました。

 

このようなことから「はまぐりのお吸い物」には、娘の将来は「素敵な男性と出会っていい結婚し、いい夫婦生活が送れますように」という親の願いが込められているのです。

ひなあられ

ひなあられはもともと「ひなの国見せ」という雛人形を持って野山や海辺へ出かけて、お雛様に春の景色を見せてあげるという風習からきています。
その際に、ごちそうと一緒に持って行ったお菓子がひなあられと言われ、ひな祭りに欠かすことのできない菱餅を外で食べることができるようにと、菱餅を砕いて揚げたものだとされています。

ひなあられの色にはそれぞれ次のように縁起の良い意味が込められています。

白「大地のエネルギー」
赤(桃色)「生命のエネルギー」
緑「木々のエネルギー」

 

この白、赤(桃色)、緑の3色を食べることで自然のエネルギーを体内に取り込み、女の子が健やかに成長できますようにという願いが込められています。

関東と関西のひなあられの違い

しかし、ひなあられは関東と関西では全く別物です。

◇関東
関東のひなあられは、米を爆発させて作る「ポン菓子」に砂糖で甘く味付けしたものです。

 

◇関西
関西のひなあられは、塩や砂糖醤油で味付けした餅を揚げたものです。

菱餅

緑と白とピンクの餅を3段に重ねて菱形に切ったものが菱餅で、ひな祭りには欠かせない食べ物です。

菱餅は、ひな祭りの起源とされている上巳の節句と共に中国から伝わった風習で、もとは母子草(ははこぐさ)という草餅でした。
しかし、母子と名の付く「母子草」をついて餅にするのはあまり気持ちの良いものではないと嫌がられるようなり、日本ではヨモギを使うようになりました。

今の3段に重ねの菱餅の形になったのは江戸時代からです。

 

菱餅に使われている3色にも次のような縁起の良い意味が込めら、春を表しています。

緑(長寿や健康):新芽が芽吹き
白(清浄):雪が解け
ピンク(魔除け):桃の花が咲く

 

また、次のようにそれぞれの餅の色づけには体に効果が期待できる食物を使っています。

緑色の餅には  よもぎを使用 (増血作用
白色の餅には  ひしの実を使用(血圧を下げる効果
ピンクの餅には くちなしを使用(解毒作用

 

菱餅には、愛する娘の健康を願う親心が込められているのです。

白酒

白酒はひな祭りに飲むお酒です。
「白酒 = 甘酒」と思っている人が多いようですが、白酒と甘酒は全くの別物です。

白酒は「桃花酒(とうかしゅ)」と呼ばれる桃の花を漬けたお酒です。

桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすと言われ、桃花酒は薬種の1つとして中国から伝えられたのです。

また、桃が百歳を表す「百歳(ももとせ)」に通じることから、ひな祭りには桃花酒を飲むという風習があるのです。

 

しかし、桃花酒や白酒は大人の飲み物なので、ひな祭りの主役である子供には、ノンアルコールの甘酒にしましょう。

まとめ

ひな祭りの由来や意味を知り、ひな祭りの当日に向けて、お祝いのメニューを家族であれこれ楽しみながら決めてみましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
雛人形を飾る時期と向きや場所は? 飾り方としまう時期はいつ?
初節句の雛人形は母親のおさがりでいいの?処分方法や何歳まで飾るの?
うれしいひな祭りの歌詞の意味と2つの間違いとは?短調なのはなぜ?

ひな祭りならではの縁起のいい食べ物を取り入れて、お子さんの末永い健康と幸せを願いましょう。