鯉のぼりが元気に泳いでいる姿を見かけると、端午の節句の時期なんだなぁ~ とほのぼのとした気持ちになります。

そんな鯉のぼりの由来はどんなことなののか、始まりはいつなのかわかっていないという人は多いでしょう。

また、鯉のぼりの一番上のヒラヒラしている吹き流しやその下を泳ぐ色とりどりの鯉にどんな意味があるのかも気になりますよね。

そこで、鯉のぼりの由来や始まり、一番上の矢車や吹き流しの色の意味や、鯉の名前や飾る順番について紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

鯉のぼりの由来や始まりは?

5月5日は男の子の出世と健康を願う「端午(たんご)の節句」、この5日5日に合わせて飾られるのが「鯉のぼり」ですよね。

鯉のぼりは、「鯉」+「幟(のぼり)」の2つが意味が合わさっているのです。

 

端午の節句」は奈良時代から続く古い行事で、厄払いのために「菖蒲(しょうぶ)」が使われていたことから「菖蒲の節句」とも言われていました。
江戸時代になると、この「菖蒲(しょうぶ)」が、武道、武勇を意味する「尚武(しょうぶ)」の意味へと変わっていきます。

 

武士の家庭では端午の節句に、男の子が強くたくましく育つために先祖伝来の鎧(よろい)兜(かぶと)、太刀(たち)、強さを象徴する武者の人形などを座敷に飾り玄関には「幟(のぼり)」を飾るようになりました。

江戸幕府でも5月5日を重要な日と定め、将軍に男の子が生まれると玄関前に「幟(のぼり)」を立てて祝う行事が行われました。

 

庶民たちは武士の家庭が飾る幟(のぼり)を真似て、鯉のぼりを飾るようになったのです。

 

これが鯉のぼりの始まりなのですが、なぜ「鯉」だったのか紹介していきますね。

鯉のぼりは、中国の「竜門という滝を登りきった鯉が、天に昇って竜になる」という伝説と、江戸時代の日本の風習が組み合わさって生まれたものなのです。

 

現代では鯉のイメージは観光地などの川や池などでエサをもらいパクパクと大きな口をあけて泳いでいる食いしん坊の魚ですよね。
しかし鯉は清流以外でも、力強くたくましく生きていけるとても生命力の強い魚なのです。

清流や池や沼でも生息することができる非常に生命力の強い鯉が、急流をさかのぼり竜門という滝を登りきって天に登って竜になったという中国の有名な伝説は、受験などに使われる「登竜門」という言葉の由来にもなっています。

 

また、竜は中国の皇帝の象徴とされていました。

 

このようなことから、鯉は立身出世の象徴なのです。

 

いつの世も親は、「わが子がどんな困難にあっても負けずに前に進んで、立派な大人に成長して欲しい。」と願っているのですね。

 

ちなみに、
江戸時代の鯉のぼりは、和紙に絵を書いた鯉のぼりでした。
大正時代になると、破れない綿の鯉のぼりが登場します。
更に、昭和30年代になると、雨に濡れても色落ちしにくい合成繊維(ナイロン)の鯉のぼりが誕生しました。
そして現在、合成繊維は(ナイロン・ポリエステル)に至っています。

鯉のぼりの一番上の矢車や吹き流しの意味は?

鯉のぼりを見ると、全て一番上にはキラキラした「駕籠玉(かごだま)」その下にカラカラと回る「矢車(やぐるま)」とヒラヒラとたなびく「吹き流し」があります。

駕籠玉、矢車、吹き流しにはそれぞれどんな意味があるのか紹介しますね。

駕籠玉(かごだま)

駕籠玉は、鯉のぼりの一番上あるキラキラした金色の玉のことです。

駕籠玉には神様を呼び込む意味があると言われていて、神様にわかりやすくするための目印です。

矢車(やぐるま)

駕籠玉の下の風車のようにカラカラと音を出して回る矢車には、魔よけの意味があると言われ、招代(おぎしろ)の変わりに飾られているのです。

招代とは

招代とは、神や魂を迎え入れるようにするもの
わかりやすく言うと、神様を呼び寄せるためのものです。

 

もともと鯉のぼりには、赤や黄色の布切れが招代として神様を呼び寄せるために付けられていたのですが、時代とともに現在の矢車になったと言われています。

ただ、全ての人が招代を飾ることはできませんでした。

吹き流し

矢車の下にヒラヒラと風にたなびく吹き流しは、招代の変わりに飾れたものです。

 

神様を呼び寄せるための招代は、武家の中でも高い位の人だけしか飾ることを許されていなかったため、それに代わるものとしてヒラヒラと風にたなびく目立つものを飾ったのです。

それが現代の鯉のぼりにも残って飾られているのです。

 

また、災いを避けるという意味もあるようです。

 

吹き流しを良く見ると5色の目立つ原色で出来ていますよね。
現代の吹き流しの中には、吹き流しに鯉を描いてあるものもありますが、正式な吹き流しは「五色の吹き流し」ということです。

吹き流しの5色とは

一般的な吹き流しの5色は次の通りで、子供の成長や家の繁栄を願う意味があります。

また、この5色が揃うと魔除けの力を発揮するとされています。

・黒または紫

・赤

・青

・黄

・白

 

この5色は日本の「暦」にかかわりの多い、中国から伝わった、全ての物を5種類の元素からなる五行説(ごぎょうせつ)がベースになり、仏教や神道などにも影響している陰陽五行思想(いんようごぎょうしそう)が元になっています。

 

五行の「」は、 木・火・土・金・水の五元素を表します。

五行の「」は、 廻り作用する意味をもちます。

 

木 → 火 → 土 → 金 → 水(→木)

五行説に当てはめられている色は次のようになっています。

木(青)木は燃えて火を生みます。

火(赤)火が燃えたあとには灰(土)が生まれます。

土(黄)土の中からは金属がみつかります。

金(白)金属が冷えると表面に水滴(水)がつきます。

水(黒)水は木を育てる

鯉のぼり 吹き流しの下に飾る順番と鯉の名前は?

もともとは江戸時代の庶民の鯉のぼりは、和紙に絵を書いた黒い鯉(真鯉 まごい)だけを飾っていました。
この時は、真鯉(まごい)の黒鯉を男の子(子供)として飾っていました。

 

しかし明治時代に入ると、真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)がセットになります。
この時になると、真鯉(黒鯉)は父親、緋鯉(青鯉)は男の子(子供)を表すようになります。

 

そして昭和20年以降になると、真鯉(まごい)と緋鯉(ひごい)と子鯉(こごい)がセットになり家族を表すようになります。
真鯉(黒鯉)は父親、緋鯉(赤鯉)は母親、子鯉(青鯉、)が男の子(子供)を表します。

 

現在では緑、紫、オレンジの色も加わり子鯉(こごい)がどんどん増えているのです。

鯉のぼりを飾る順番

1.駕籠玉(かごだま)

2.矢車(やぐるま)

3.吹き流し

4.真鯉(まごい)黒鯉

5.緋鯉(ひごい)赤鯉

6.子鯉(こごい)青鯉

7.子鯉(こごい)緑鯉

8.子鯉(こごい)紫鯉または橙鯉

 

こちらの記事も参考にしてください。
鯉のぼりは何歳まで飾るの?飾る時期やしまう時期と夜しまう理由
鯉のぼり片付け時の洗濯の仕方 クリーニングに出せる?収納方法は?

まとめ

何気なくほのぼのとした気分にさせてくれる鯉のぼりですが、奥が深いものだったことにびっくりしてしまいます。

いつの世も親が子供に願うことは同じです。
「わが子がどんな困難にあっても負けずに前に進んで、立派な大人に成長して欲しい。」ということも知ることが出来ましたね。

今年の5月5日の端午の節句は、以前とは違う思いで鯉のぼりを眺められますね。