子供の健やかな成長を願う七五三の行事は神社へのお参りがメインになります。

ご祈祷して頂き、初穂料(はつほりょう)を納めますが、兄弟ふたり一緒に七五三のお祝いを行う場合初穂料の納め方はどのようにしたら良いのでしょう。
表書きの書き方や金額の相場はどのようになってるのでしょう。

なかなか人にも聞くことができず悩んでしまいますね。

そこで、兄妹一緒に七五三のお祝いをした時の初穂料の納め方、表書きの書き方、相場について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七五三の初穂料の納め方 兄弟ふたり一緒の場合は?

七五三は子供の健やかな成長を願って、神社にお参りしてご祈祷をしていただきます。
その時に納めさせていただくのが「初穂料」です。

初穂料は玉串料とも呼ばれていて、元はその年に最初にとれた稲や野菜などの農作物を捧げたのが始まりと言われています。

後に、農作物の代わりに納めるようになったのが金銭で、ご祈祷への謝礼になります。

 

この初穂料を神社に納めるときは、お財布からお金を直接出すのはNGです。
神社に納める初穂料は、のし袋に入れて納めるのがマナーなのです。

必ず初穂料を納めることはわかっているのですから、事前にのし袋を用意してそこにお金を入れて納めましょう。

 

ところで、七五三では兄弟や姉妹でその年一緒に七五三をされる方は多いようです。

この場合のように、ふたりで一緒に七五三をお祝いする際の初穂料はどのように神社に納めればいいのか紹介します。

必ず1人に対して1包みの初穂料を準備しましょう。
基本、1人に1包みなのでこのような場合2包みになります。

 

しかし、兄弟(姉妹)ふたり以上が一緒にお参りする場合に、2人1包みで金額を明記している神社もあります。
このときの表書きは、子どもの名前を連名で書いて大丈夫です。

 

金額は、初穂料が決まっているところは2人分の金額を包み、決まっていないところでは金額の相場で、2人分を包みましょう。

このように、最近では神社によって異なることがあるので、悩んだり迷ったりする前に神社に問い合わせておくのが良いかもしれません。

のし袋に入れるお金は新券?

のし袋に入れるお金は、できれば新券で準備しておくほうが良いですね。
しかし新券を準備することができない場合もあるでしょう。

なるべくきれいなお札を準備できれは大丈夫です。

アイロンを当ててみる、など心づかいをすればOKです。
この心づかいが大切なんです。

神社で初穂料を渡すタイミングは?

当日、初穂料を渡すタイミングもいつなのか気になっている方もいるようですが、心配することはありません。

ご祈祷の受付をしている社務所(神社の事務所のような場所)で、名前や住所、年齢などを記入してご祈祷の申し込みを行うので、そのときに初穂料を添えて納めるのが一般的です。

七五三の初穂料 のし袋の表書きの書き方

のし袋の選び方

七五三に初穂料を入れるのし袋は、結婚式などに準備するような豪華なものは必要ありません。

コンビニなどでも置いてあるような「紅白で蝶結びの水引」が封筒にプリントされているようなもので大丈夫です。
きちんとした表書きを記載すればのし袋にこだわることはありません。

表書きの書き方

・水引(紅白で蝶結び)の上段中央
御初穂料」「初穂料」または「玉串料」と書きます。

・水引(紅白で蝶結び)の下段中央
ご祈祷を受ける子供の名前(フルネーム)で記入します。
親の名前ではありませんので注意してください。

 

文字書きにはボールペンでなく、できれば筆ペンで書くのが良いでしょう。
ボールペンで書いたらダメということはありませんが、見た目にも筆ペンで書くことをおすすめします。

七五三の初穂料の金額の相場は?

七五三での初穂料はいくらお包みすれば良いのか悩んでしまいますよね。

一般的に七五三の初穂料は、5,000円 ~ 10,000円が相場と言われています。

 

神社によっては、予め金額が明記されています。
この場合はその通り従えば良いですから悩むこともありません。

 

しかし、逆に神社側から「お気持ちで・・・」とあいまいにしている場合は、困ってしまいますが相場を考えながら初穂料はお父さんとお母さんで相談し、気持ちで納めてください。

この時、相場より低額の5,000円以下を納めるのは失礼にあたります。

やはりここは相場というものを参考にして、最低でも5,000円程度は納めるようにしたいところですね。
多い分にはなんら問題はありません。

 

しかし、納める初穂料の金額で何が違うのか気になりますよね。

ご祈祷が終わるとお札やお守りなどを頂くことになりますが、金額が多くなると頂くお札の大きさが違うようです。
もしかすると、ほかにいただくもの(千歳飴などの記念の品物)が違っていることがあるかもしれません。

まとめ

子供の健やかな成長を願う七五三。

初穂料は、ご祈祷をお願いしようと思っている神社のホームページを見たり、直接神社に電話するなどしてはっきり聞いてしまうほうが良いのではないでしょうか。

ご祈祷には予約が必要な場合もあるので、万全な準備をして当日を迎えてくださいね。

何かと忙しいでしょうが

七五三の千歳飴の意味 誰が準備するもの?おすすめの食べ方は?

七五三の草履サイズの選び方と嫌がるのを防ぐ方法 着物に靴はあり?

こちらも参考にして下さい。