赤ちゃんが発熱をした時、温めるのか、それとも冷やすのか、悩んでしまうお母さんは少なくないでしょう。

また冷やす場合、効果的な場所はどこなのでしょう。
解熱剤を使って良いのでしょうか?

お風呂はどうしたら良いのでしょう?

そこで、赤ちゃんが発熱した際、温める冷やすはどこで判断するか、冷やす場所、解熱剤の使い方、お風呂について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんの発熱 温める冷やす?

赤ちゃんが発熱した時お母さんが悩むのは、温めた方がいいのか冷やした方がいいのかではないでしょうか?

大人ならゾクゾクするから温めて、カッカッと体が熱いから冷やしてと判断できますが、赤ちゃんはお母さんに訴えることはできません。
どのように対処したらいいのでしょう。

温める冷やすの判断

温めるか、冷やすのかの判断は、赤ちゃんの状態と熱の上がり方みて判断しましょう。

温める場合

手足が冷たくなって体が小刻みに震え顔色が悪くなったりしている時は熱がまだ上がる途中(上昇期)です。

このようは時には体が冷えないように温かくする必要があります。
布団や毛布を多めに掛けてあげたり、少し厚着をさせたりしましょう。

 

赤ちゃんがぐずるときには、毛布にくるんで抱っこするのが良いでしょう。

ただ、このような状態はそう長くは続きません。

熱が上がりきってしまえば震えはおさまります。

冷やす場合

震えがおさまったその後、今度は体が熱くなり顔色も赤みをおびてきます。

このような状態になった時には冷やすようにします。
この時、布団や毛布のかけすぎや衣服の着せすぎ、部屋の温めすぎは良くありません。

体に熱がこもらないようにしましょう。
赤ちゃんの背中に手を入れて様子をみてください。

汗ばんでいたら熱すぎる証拠なので、衣服や布団などで調節しましょう。

 

熱があると発汗が多くなり、体の水分が失われます。
赤ちゃんにとって脱水状態はとても危険です。

母乳を飲ませたり、刺激の少ない麦茶や湯冷ましイオン飲料などで水分をこまめに何回にも分けて与えるようにしましょう。

汗をかいた時は、下着やパジャマをこまめに着替えさせることも忘れないでください。

赤ちゃんの発熱時 効果的に冷やす場所は?

赤ちゃんの発熱時に熱冷まし効果を期待できる、冷やすと効果的な場所はどこなのか紹介します。

おでこにヒヤピタなどを貼っている子供を見かけますが、おでこを冷やしてもあまり効果はありません。

冷やす場所はわきの下足の付け根です。

 

むやみやたらに全身を冷やしても、熱が下がるわけではありません。
発熱で熱くなっている血液を冷やすために太い血管を冷やすことが効果的なのです。

首のリンパを冷やすには

発熱時は首のリンパ部分を触ると熱さが伝わってきます。

発熱でリンパ腺が腫れていると、中耳炎など耳の病気が関わっている可能性があったり、喉が痛くなったり、赤ちゃんも母乳やミルクを上手に飲むことができなくなります。

 

熱中症を予防する時と同じように首の両サイドを冷やしてあげるましょう。

首のリンパを冷やす時には、ケーキを買うと付いてくる小さな保冷剤を利用して冷やすのがおすすめです。

首を冷やす時は、保冷剤が直接肌に当たらないよう、ガーゼやハンカチで包んでからそっと当ててあげましょう。
強く押すと苦しくなってしまうので、軽く手を添えるだけで大丈夫です。

 

また、あまり冷たくする必要はありません。
急に冷たいもので冷やすと赤ちゃんは驚き嫌がってしまいます。

脇の下を冷やすには

脇の下は熱を測る時にも使いますよね。
太い血管が通っているので、発熱で血液が熱くなっている状態を確認しやすいのです。

 

赤ちゃんは脇の下を冷やすと気持ち良いと感じ不思議と嫌がりません。
もしも嫌がるようであれば、冷たすぎるのかもしれませんね。

 

脇の下も、ケーキを買うと付いてくる小さなの保冷剤を利用して冷やすのがおすすめです。
皮膚が薄いので、ガーゼやタオルで包んで肌を傷めないようにしましょう。

またわきの下を冷やす時に、肌着や洋服が濡れないように気をつけましょう。

もし衣服が濡れてしまった場合、そのままにしておくと肌が冷えてしまいます。

足の付け根を冷やすには

足の付け根を冷やす時には、赤ちゃんの足をおむつ交換の時のように軽く開かせて、足の太ももの付け根を冷やしましょう。

 

足の付け根も、ケーキを買うと付いてくる小さなの保冷剤を利用して冷やすのがおすすめです。
ガーゼやタオルで包んで肌を傷めないようにしましょう。

 

しかし寒い季節や寒い環境の中でこの冷やす行為を行う時は、短時間で赤ちゃんの気分転換に行う程度にしましょう。
長い時間やり過ぎてしまう逆に体が冷えすぎてしまう可能性があります。

赤ちゃんの様子をみながら、気持ちよさそうにいていれば大丈夫です。

おでこを冷やす効果

高熱と聞くと、おでこに冷たいタオルや氷嚢(ひょうのう)を当てているイメージがありますよね。

しかし、赤ちゃんのおでこを冷やすことで、高熱を下げることはあまり期待できません。

 

赤ちゃんが嫌がる時は、無理におでこを冷やす必要はありません。

 

赤ちゃんの場合、タオルがちょっとずれて鼻にかかっただけで呼吸困難になってしまいます。
おでこを冷やす時は、必ずママが付き添って短時間にしましょう。

赤ちゃんの発熱時 解熱剤を使っていいの?

発熱は自分の体を守るための防御反応で、怖いものではないと言われています。

体温が上がると、体内にいるウイルスや細菌の活動が鈍くなり、逆に体内の免疫細胞の活動が高まって、ウイルスや細菌への攻撃力が高まります。
発熱とは脳からの命令によって、ウイルスや細菌と闘うために体温を上げているのですね。

 

解熱剤を使うということは、脳からの命令に逆らって攻撃を休ませてしまうことになるので、発熱の原因となっている病気を長引かせることになるようです。

また、急に体温を下げるということは、赤ちゃんの体力を著しく消耗させるということにもなり兼ねません。

 

解熱剤で病気は治りません
一時的に熱を下げるだけで、病気が改善するわけではないのです。

解熱剤をむやみに使うのは控えた方が良いようです。

 

しかし、高熱でつらそうにしている姿を見ているのは辛いし、お母さんも不安になってしまいますよね。
解熱剤はかかりつけの小児科医に処方して頂きましょう。
解熱剤を使うタイミングについても、しっかりと指示を仰ぎ使用するようにしましょう。

体温や時間で決めないで、赤ちゃんの様子や状態によって判断しましょうね。

赤ちゃんの発熱時 風呂はどうする?

赤ちゃんの発熱時にお風呂に入れるかどうか判断に迷ったときは、無理せずに入浴を控えましょう。

赤ちゃんが元気になるのが先決です。

 

とは言っても、発熱時はたくさん汗をかくので、オムツの中も蒸れやすくなっていますよね。
無理のない範囲で、きれいにしてあげましょう。

 

お風呂に入らなくてもキレイにしてあげられます。

お湯でしぼったガーゼや柔らかいタオルで、全身をきれいに拭いてあげます。
汗をかきやすい首やわきの下、おむつの中などを拭いてあげるだけでもさっぱりして、赤ちゃんはご機嫌になりますよ。

おむつだけ外して、シャワーでサッと洗ってあげるのも良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんの発熱時は、お母さんの心のゆとりが赤ちゃんを快方に向かわせてくれるでしょう。
お母さんの笑顔が、一番の特効薬になるのではないでしょうか。

発熱時は家事を放り出して、1日中赤ちゃんに付き合うのも良いようです。
そんな赤ちゃんを思うお母さんの気持ちを感じて、赤ちゃんは安心して早く快方に向かうことでしょう。