離乳食が始まる生後6か月頃になると、母乳以外の水分(麦茶)を飲ませ始めたいと考えているお母さんは多いでしょう。

特に、麦茶をのませる時期が気温が高くなる春や夏だったら、少量なら大人と同じように冷たいままの麦茶を飲ませても大丈夫なのでしょうか。
どのような飲ませ方がいいのでしょう。
飲ませる量はどのくらいが適量なのでしょう。

そこで、赤ちゃんに麦茶を飲ませる時の適温やおすすめの飲ませ方、適量についてご紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

赤ちゃんに冷たいままの麦茶を飲ませて大丈夫?

基本的に赤ちゃんは、生まれた時から飲んでいる母乳やミルクのように生温い、人肌程度の温度の飲み物を好みます。
冷たい麦茶を飲ませようとしても、嫌がって飲んでくれないでしょう。
泣き出してしまうかもしれません。

人肌とは

ここで人肌程度の温度とは、どのくらいなのだろうと悩んでしまうお母さんがいるかもしれません。
人肌とは温度で表すと約35℃~37℃くらい、人の体温と同じくらいです。

でも、数字で言われても、、主婦がいちいち温度を測るほど暇ではありません。
まして育児をしているお母さんであればなおさらです。

そこで簡単に人肌程度の温度を確認する方法があります。

お母さんが麦茶に触れて、熱いと感じない、また冷たいと感じないが人肌程度の温度です。
これなら、瞬時に確認することができるでしょう。

※赤ちゃんのミルクも人肌程度の温度にして与えましょうと言われますが、ミルクの場合はもう少し高く、37~40℃くらいが適温とのことです。。

と言っても大人の場合、気温が高くなってくる春や、ムシムシ熱い夏などに、生温い、人肌程度の温度の麦茶では美味しく感じることは出来ないでしょう。
冷たいから麦茶は美味しいのです。

でも、喉の渇きが癒され、ひんやりとして爽快感が増しますが、冷たい飲み物はあまり身体に良いものではありません。
基本的に内臓は冷やしてはいけないのです。

昔から、暑い時には温かいものが身体に良いと言われています。
それは、内臓の冷えが夏バテの原因だからです。

冷たいものを好んで多く摂取すると内臓は冷えてしまい、消化機能を鈍くし血の流れを悪くするのです。
そうなると身体の中では、冷たくなった内臓を、これではいけない温めなくてはと動かそうとして、体力を消耗してしまいます。
これが一番の夏バテの原因です。

大きな身体の大人で夏バテしてしまうのですから、小さな身体のまだまだ消化機能が未熟な赤ちゃんが内蔵を冷やしてしまったならそれは大変なことです。

赤ちゃんにとって麦茶は、身体を冷やすためのものではなく水分補給なのですから、麦茶は母乳やミルクのような生温かい人肌程度の温度のものを飲ませましょう。
暑い日であっても、冷たい飲み物を与えるのは控えましょう。

では、どのようにして生温かい人肌程度の温度の麦茶を作ったら良いのでしょう。

煮出した麦茶が冷えている場合

家庭で作る煮出した麦茶は、雑菌が心配ですので粗熱を取った後に冷蔵庫で保存します。

この冷えた麦茶を生温かい人肌程度の温度にするには、大人が飲むくらいの濃さに作った麦茶を赤ちゃんに飲ませる前に、お湯で2~3倍に薄めると、濃さも温度もちょうど良くなります。

煮出したばかりの熱々の麦茶の場合

ミネラルウォーターやミネラルウォーターで作った氷を入れて、生温い、人肌程度の温度に調節しましょう。

市販の赤ちゃん用麦茶を使用する場合

未開封のまま常温で保管しておき、飲ませる時はそのまま開封します。

ただ最初の頃は、一度に全部飲みきりませんので残った分は必ず冷蔵庫に入れ、次に使う時には生温い、人肌程度の温度に温めてください。

ただし、開封してから24時間経ったものはもったいないですが、潔く処分しましょう。

雑菌が繁殖したら大変です。

早めに使い切ることが重要です。

赤ちゃんに与える麦茶の飲ませ方

ミルク、母乳それぞれの赤ちゃんについて紹介します。

ミルクの赤ちゃん

ミルクの赤ちゃんの場合は悩むことはありません。
哺乳瓶で飲ませてあげましょう。
普段使っている哺乳瓶でもちろん構いませんが、容量の少ないタイプの哺乳瓶の方が使いやすいでしょう。

ただ、離乳食の始まる頃になりますので、哺乳瓶以外のスプーンやストロー、コップを使いたいお母さんも少なくないでしょう。
これから紹介する【母乳の赤ちゃん】のところをご覧ください。

母乳の赤ちゃん

お母さんが悩むことが多いのが、母乳の赤ちゃんです。

母乳の赤ちゃんは哺乳瓶を嫌がって飲んでくれない場合が多いようです。

我が家の息子2人も哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんでした。

今思えば、あの時どうしてあんな風に哺乳瓶にこだわってしまったのか・・・
子供にはつらい思いをさせてしまいました。

嫌だと横を向く赤ちゃんに無理やりこちの中に哺乳瓶の乳首を入れようと必死になっていました。
しまいには哺乳瓶を見ると泣くこともありました。

新米お母さんだった私は、ただただ、水分補給をしなくちゃ、麦茶を飲ませなくちゃその思いだけだったのです。
もっと、大らかに育児が出来ていたら、赤ちゃんのも私ももっと笑顔で毎日を過ごせたことでしょう。

飲ませ方は一つではありません。

哺乳瓶以外でも飲ませる方法はあります。
もしかしたら、哺乳瓶以外の飲ませ方を早く行うほうが後になって楽かもしれません。

スプーンを使って

離乳食が始まっている頃です。
まずはスプーンで少しずつ飲ませてみます。

初めのうちから赤ちゃんもスプーンで上手に飲むことはできません。
口元から麦茶がこぼれ衣服をぬらしてしまうかもしれませんが、大らかな気持ちで続けましょう。
あっという間にスプーンに慣れて麦茶を上手に飲めるようになります。

ただ、上手に飲めるようになってくると、お母さんにとっては嬉しい悲鳴なのですが、追いつかなくなってしまいます。
赤ちゃんにもっともっとと催促されるでしょう。

ストローを使って

スプーンに慣れて麦茶を上手に飲めるようになり、赤ちゃんに催促されるようになったら、ストローを使って飲ませましょう。

ストロー付きの可愛いマグやボトルが出回っていますが、これらを使うのは上手に飲めるようになってからにしましょう。

最初は、赤ちゃん用麦茶のブリックパックで練習することをおすすめします。

ブリックパックにさしたストローを赤ちゃんにくわえさせたら、横を軽く押しましょう。
「ピュッ」とストローから麦茶が飛び出して赤ちゃんの口に入ります。

初めのうちは「ピュッ」と口に入った麦茶を、赤ちゃん自身「ゴクッ」と飲み込むことが出来ずに、口から「ダラー」っと出してしまい衣服をぬらしてしまうかもしれませんが、ここもお母さんは大らかな気持ちで続けましょう。

このようなやり方繰り返していると、それほど時間をかけることなくストローをくわえさせると、赤ちゃんは自分からストローで麦茶を吸うようになります。

コップを使って

ストローで上手に飲めるようになったら、コップ飲みもできるようにしましょう。

ストロー飲みが上手な赤ちゃんでも、初めはだらだらとこぼしてしまい、衣服がびっちょりぬれてしまいます。
ごぼしてしまうの覚悟で始めましょう。

コップに入れる麦茶は少量にして何回か飲ませれば、赤ちゃんはコップから飲むコツを覚えてくれます。
ストローで上手に飲めている赤ちゃんであれば、コップ飲みはお母さんが思うほど難しいことはなく、スムーズに進みます。

コップ飲みは私のおすすめです。

実は、息子は割と早い時期にコップ飲みをはじめました。
最初はストロー付きの透明のマグカップで離乳食の合間に麦茶を飲ませていたのですが、口の中に残っていた食べ物のカスが逆流してマグカップの中に入っていたのです。

ストロー付きのマグやボトルはストローが太いこともあって吸いやすいように麦茶も多めに入れます。
離乳食の後も残った分を飲ませることもあったので、早く気づいて良かったです。

雑菌が繁殖してしまったら大変です。

コップなら必要な時、少量づつ入れれいいので、衛生的で経済的です。

また、少し月齢が進んだ時、ペットボトルから飲むのも苦労せずに上手に飲むことが出来ます。

ぜひ、早い時期にコップ飲みに挑戦してみましょう。

赤ちゃんに飲ませる麦茶の量

母乳やミルクの妨げにならない量にしましょう。

水分補給をするといっても、そのために母乳やミルクの量が減るの考えものです。
まだまだ、母乳やミルクで栄養をたくさん与えたい時期です。

赤ちゃんが麦茶を飲んでくれるとお母さんは嬉しいでしょう。
しかし、麦茶には母乳やミルクのような栄養はありません。
喜んで飲んでくれるからと言って、大量に飲ませてしまってそれでお腹がいっぱいになって、栄養が行き届かなくなってしまったら大変です。

飲ませ過ぎは禁物です。
授乳や離乳食に影響のないようにしましょう。

逆に赤ちゃんよっては、麦茶を嫌がって飲まない場合があります。
このような時には、無理に飲ませなくて大丈夫です。

母乳で十分に水分は足りているんです。

では、どのくらいの分量を飲ませたらいいのか紹介します。

一度に大量に飲ませることは控えて、こまめに少しづつ飲ませましょう。
麦茶は1回につき大体、10ml~30mlが良いようです。

一般的に、1日に摂らせたい水分の目安は、10kgまでの赤ちゃんでは体重1kgあたり1日100mlと言われています。
もちろん、これには母乳やミルクも含まれます。

暑い日にはこれに発汗分をプラスして考えてみましょう。

まとめ

大人と赤ちゃんでは好む麦茶の温度は全然違います。
人肌程度の温度の麦茶をこまめに少しづ飲ませましょう。

飲ませ方は、いくつもあります。
赤ちゃんとお母さんがストレスを感じない飲み方で飲ませましょう。

こぼしてもお母さんは笑い飛ばすくらいの大らかな気持ちで育児を頑張ってください。

完母の赤ちゃんに麦茶はいつから?与えるタイミングと作り方!
麦茶とほうじ茶の違い原料・成分・効能を比較 ノンカフェインはどっち?

こちらの記事も参考にしてください。