3歳のお子さんの七五三を予定しているお父さんやお母さんは、草履のことで悩みを抱えていませんか?

草履サイズも通常の靴と同じ選び方で良いのでしょうか。
履きなれていない草履を嫌がったらどうしたら良いのでしょう。
最悪、着物に草履はありなのでしょうか?

そこで、七五三の草履サイズの選び方と草履を嫌がるのを防ぐ方法や着物に靴はありなのかについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

七五三の草履サイズの選び方

七五三で履く草履のサイズは、普段履いている靴のサイズよりも大きめのものを選びましょう。

お子さんの足の幅や甲の高さにもよりますが、草履のサイズは普段はいている靴のサイズより1cm~3cm大きくて大丈夫です。
「えぇー、3cmも? 大きすぎないの?」と数字だけ見たらそう思いますよね。

大丈夫なんです。
普段履いている靴と同じサイズでは、草履に足が入っていきません。
草履をはき慣れない子供には、1cm~3cm大きめなものを選んであげる方が、鼻緒の部分に余裕ができて絶対楽です。

 

やはり草履は一度実店舗で合わせてみることをおすすめします。

時期によっては品揃えが良くなく、「この中から選ぶの?」と思うような時もあるので、そんな時はそこで購入するのは止めておきましょう。
サイズ感を確かめるだけでもいいのです。

サイズ感がわかれば、通販やネットで探してもOKですよね。

子供の草履はピッタリサイズの物は違和感を感じ履いてくれないので、迷ったら大き目を選べば問題ないでしょう。

 

通販やネットで購入した草履が、少々大きめだったとしても、心配いりません。
今は「草履バンド(かかと止め)」という便利なものがあります。
価格も1,000円しません。

私は孫に買った草履バンド(かかと止め)は680円でした。

この草履バンド(かかと止め)があると、かかとの部分をゴムが支えてくれるので、サンダル靴のような感覚で履けちゃいます。
少し大き目の草履を選ぶことで、指の股の痛みもかなり減るでしょう。
草履が飛んでしまったり、パカパカすることも無くなるのですごく重宝します。

何しろ、値段が手頃で取り外しが可能っていいうのが嬉しいですね。

七五三だけでなく、浴衣で下駄を履かせる時にも使えます。

 

ただ、7歳のお子さんですと小さめのようです。
草履は少し早めに用意して、鼻緒を伸ばしたり広げたりすることで、子供が履きやすいようにして、実際に撮影やお宮参りで使う前に、履きやすくなるように草履自体にクセをつけておくことをおすすめします。

 

こちらの記事も参考にしてください。
七五三3歳の着物の着付けは自分でできる?必要な物と着付け方法

七五三で草履を履くことを嫌がるのを防ぐ方法

親がどんなに草履を厳選してあげても、子供は草履を好みません。
嫌がる可能性は大きいです。

大人だって、草履は苦手という人の方が多いですよね。

特に、3歳の子供の場合は足袋すら嫌がることも多いのです。

しかし、友人のお孫さんは着物も草履もとても気に入って、最後まで笑顔ではいていたと聞いています。
子供が草履を喜んで履いてくれるかそれとも嫌がるかは、個人差があるので何ともいえないということになりますね。

ただ、個人差なんだから仕方がないと諦めるのはまだ早いです。
子供が草履を履くことを嫌がるのを防ぐ方法はあります。

まずは、防ぐ方法を実践しましょう。

鼻緒ずれを防ぐ方法

一般的に、草履の鼻緒は硬めに作られていることが多いです。
そのため足袋をはいているとはいえ、子供の柔らかい小さな足の指の皮膚は硬い鼻緒で擦れることで、鼻緒ずれになって痛がり草履をはくのを嫌がるケースが多いようです。

この鼻緒ずれを防ぐ方法を実践しましょう。

・購入したらすぐに箱から出して、鼻緒の間にグリグリと手を入れて鼻緒を緩め、鼻緒全体を揉んで柔らかくしておきましょう。
・足の甲が触れる鼻緒の裏側にウオノメパットを貼っておきましょう。
・足袋をはく前に、お子さんの足の鼻緒にあたる指の間に事前に絆創膏を貼っておきましょう。
・草履を履く直前にはすんなり足が入るように、ベビーパウダーをつけましょう。

 

しかし、事前にこのような対策をしても、3歳の子供では、履き慣れない草履を嫌がることがあっても不思議ではありません。

その時は、無理に履かせようとしないでください。
3歳の子供に我慢しなさいと言っても無理です。

楽しいお祝いの日なので最後まで笑顔でいれるように工夫をしましょう。
その工夫とは、「」です。

七五三 草履の代わりに着物に靴はあり?

七五三で草履の代わりとは言え、着物に靴はありなのか?
悩んじゃいますよね。

大人だったら絶対なしです。

しかし七五三の場合、着物で靴はありです。

草履は歩きずらいし、鼻緒ずれで擦れて痛くなったり、特に3歳の七五三では無理な場合が多いのです。

だから、楽しいお祝いの日に最後までお子さんが笑顔でいれるように、荷物になりますが普段はき慣れている靴は必ず持って行くようにしましょう。

嫌がった時は、草履を無理に履かせたりせずに、普段はきなれた靴に履き替えさせてあげましょう。

嫌がらない場合でも慣れない草履で走り回って、転んだりしたら危ないので安全面を第一に考えましょう。

とは言っても、記念撮影のときは、少しだけ我慢して草履をはいてもらいましょう。
やはり、いつまでも残る写真には、草履で写っていてほしいものです。

写真を撮るときだけ草履をはいてればいいのです。

 

それでも、かわいい着物を着ているのに、足元が普段の靴じゃ納得いかないと言うお父さんやお母さんがいるかもしれませんが、3歳の子供だったら靴を履いていても意外と違和感少ないですよ。

でもちょっと・・・
そんな思いが強い場合は、着物の色合いに合わせた靴を選んであげることをおすすめします。
これでより違和感がなくなります。

季節的に、ブーツもおしゃれかもしれません。
ブーツを履かせる時に見た目を良くするコツは、着物の丈を少しだけ短くして、ブーツを見せることです。

まとめ

子供にとっても、お父さんお母さんにとっても初めての七五三となると、子供を可愛く華やかにしてあげたいと力が入ることでしょう。

草履選びは、実際にお子さんの足にあわせてサイズ感を確認してから購入しましょう。

お子さんが草履を嫌がった時には、我慢させることはしないで靴を履かせてあげましょう。

子供が主役の七五三です。
最後まで、子供が笑顔でいれるよう見守ってあげましょう。