インフルエンザは12月~3月にかけてがピークです。

そして、予防接種を済ませていても油断できません。

この時期に体調が悪くなると、もしかしたらインフルエンザかもと不安になってしまいますよね。

そこで、インフルエンザの症状の特徴や病院へ行くタイミング、外出はいつまで控えたらいいのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

インフルエンザの症状の特徴

一般的な風邪の症状とインフルエンザの症状はどこがどんなふうに異なるのでしょう。

それぞれの症状の特徴を紹介します。

一般的な風邪の症状

一般的な風邪の場合は、発熱は微熱で、のどの痛み鼻水鼻づまりせきくしゃみなどが主な症状です。

そして、症状の経過もゆるやかで、抵抗力が落ちていると徐々に悪くなるのが一般的な風邪の特徴です。

インフルエンザの症状

インフルエンザの場合は、インフルエンザウイルスに感染後、約1~3日の潜伏期間の後にインフルエンザを発症します。

一般的な風邪と違うのは、突然の発熱で38℃以上の「高熱」が出てきて持続します。

そして、関節痛筋肉痛頭痛などの他にも、全身の倦怠感食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのがインフルエンザの特徴です。

その後、遅れてせき、のどの痛み、鼻水などの「呼吸器の症状」が現れて、腰痛や吐き気などの「消化器症状」を訴えることもあります。

 

これらの症状も、通常は10日前後で落ち着き回復に向かいます。

予防接種をしていると症状は軽く現れるので、「風邪かも?」という軽い症状のこともあります。
しかし、12月以降のインフルエンザの流行期に疑わしい症状になった場合は、他人に移すのを防ぐためにもまずは病院で検査してもらいましょう。

インフルエンザの症状が出た時の病院へ行くタイミングは?

「インフルエンザかも?」と疑がわしい症状が現れたときは、一刻も早く病院に行きたくなりますよね。

しかし、行くタイミングを間違えてしまうと、手間が増えてしまう場合があります。
病院にいつ行ってもいいという訳ではありませんよ。

インフルエンザウイルスに感染してから12時間以上

病院へタイミングは重要です。

突然の発熱して、38℃以上の高熱の症状が出たからといって、すぐに病院に行ってもインフルエンザの検査は、インフルエンザウイルスに感染してから、12時間以上経過していないと陽性反応が出にくいのです。

インフルエンザウイルスに感染して12時間経ってない時に検査を受けてしまうと、実際はインフルエンザなのにインフルエンザではないと判断されてしまう可能性が高くなります。

 

例えば、
夕方に急な発熱があったので急いで病院に行き、検査をしてもらったら陰性反応、しかしその後1日経っても熱が下がらないので再び病院で検査した結果、なんと陽性反応が出てしまったということが結構あるのです。

 

このように、インフルエンザウイルスに感染してから12時間以上経過していない場合は病院で検査しても、陰性か陽性かを正しく判断できないことがあるようです。

インフルエンザウイルスに感染してから48時間以内

インフルエンザウイルスに感染してから48時間はウイルスが増え続ける為、インフルエンザの薬は48時間以内に服用した方が効果が高いと言われています。

このようなことから、病院に行くタイミングはインフルエンザウイルスに感染してから12時間以上48時間以内がベストタイミングといえます。

 

ただ、なかなか自分では感染してから12時間以上だとか、48時間以内だとかの判断は難しいですよね。
そこで次のような症状があった場合は受診しましょう。

悪寒
関節痛
倦怠感
38~40℃以上の発熱 など

このような症状が出ているとインフルエンザの可能性が高いです。

※高熱は高齢者や幼児など免疫力が低い人にとっては、合併症や深刻な脱水症状というような事が起きる場合もあるのでなるべく早めに受診する事をおすすめします。

インフルエンザで外出はいつまで控えるの?

インフルエンザを発症した場合、外出はいつまで控えなければいけないのでしょう。

「仕事が山のようになっていたらどうしょう。」熱が下がっているのだから、職場に早く出勤したいと考えるビジネスマンは少なくないでしょう。
また、「勉強が遅れたら大変。」熱が下がっているのだから、学校に早く行かせたいと考えるお母さんも多いようです。

しかし、インフルエンザは伝染病です。
7日間の登校禁止も学校保健法で決まっています

熱は薬の効果で下がりますが実際にはまだ完治していません。
熱が下がってもインフルエンザの感染力は残っていて、まだ他の人に感染させる可能性があるのです。

 

インフルエンザのお薬はリレンザもタミフルも5日間処方されます。
必ず5日間は症状が途中で良くなってきても残さず飲み切らなくてはいけないお薬です。
5日間は体内にウイルスが潜伏しているのでしっかりやっつけましょう。

医師は5日間薬を処方し服用させて、なおかつ熱が完全に下がってから2~3日たっていれば完治していると考えます。
だから、1週間後に再度受診してもらい許可書を出すのです。

 

インフルエンザに感染していると診断されている場合や、周囲で新型インフルエンザが流行している場合には、発熱などの症状がなくなっても、周囲の人を守るため発熱、せき、のどの痛みなどの症状がはじまった日の翌日から1週間はできるだけ外出しないようにしましょう。

 

また、症状の出かたは人それぞれ違います。
一概に何日で完治するとは言えません。
完治した後も体力や体内の免疫力は弱っています。
しっかり養生しないと別の風邪などの感染症になりかねません。

無理をしないよう、させないよう、しっかり元気になってから外出しましょう。

まとめ

インフルエンザは、突然の38℃以上の高熱が出て、関節痛、筋肉痛、頭痛などの他にも、全身倦怠感や食欲不振などの「全身症状」が強く現れるのが特徴です。

病院に行くタイミングは、インフルエンザウイルスに感染してから12時間以上48時間以内がベストです。

悪寒、関節痛、倦怠感、38~40℃以上の発熱がある。
このような症状があった場合は受診しましょう。

そして、熱が下がったらもう大丈夫などと自分の判断で大勢の人が集まる場所へ外出するのはNGです。

必ず医師のOKが出てから外出しましょう。

それがマナーです。