クリスマス会や忘年会、新年会、送別会、歓迎会など、お酒を飲む機会が増えてくると、お酒に弱くすぐに酔ってしまうのが心配という方は多いのではないでしょうか。

飲み会に出席しても、心配しながら飲むのは楽しくないですよね。
お酒は楽しく愉快に飲みましょう。

そこで、お酒を飲むと酔う原因、できるだけ酔いにくくする方法、酒酔いのときのお風呂について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お酒を飲んで酒酔いする原因

お酒は楽しくておいしい飲み物です。

しかし、お酒に強い人もいれば弱い人もいる、人によって様々です。
全く酔わないという人もまずいませんよね。

どうしてお酒を飲むと、酔いの度合いは違いますが人は必ず酔うのでしょう?

酒酔い状態とは

酒酔い状態とは、足元がふらふらしたり、手元や言葉があやしくなったり、ひどい時には記憶をなくしたりしてしまいます。

これは、アルコールが血液に溶け込んで脳に運ばれ、「脳が麻痺している」 = 「酔う」という状態なんです。

酒酔いの段階

どのくらい酔っているのか、その程度は脳内のアルコール濃度によって決まります。
この脳の麻痺を引き起こすのは、アルコールに含まれる「エチルアルコール」という成分です。

ただ、実際には脳内のアルコール濃度は測れないので、血液中のアルコール濃度を測って判定することになります。

酔いの状態はアルコール血中濃度によって、下記の通り6段階に分けられます。

爽快期

・さわやかな気分になる
・皮膚が赤くなる
・陽気になる
・判断力が少しにぶる。

ほろ酔い期

・手の動きが活発になる
・抑制がとれる(理性が失われる)
・体温が上がる
・脈が速くなる

酩酊(めいてい)初期

・気が大きくなる
・大声でがなりたてる
・怒りっぽくなる
・立てばふらつく

酩酊(めいてい)期

・千鳥足になる
・何度も同じことをしゃべる
・呼吸が速くなる
・吐き気やおう吐がおこる

泥酔期

・まともに立てない
・意識がはっきりしない
・言語がめちゃめちゃになる

昏睡期

・揺り動かしても置きない
・大小便が垂れ流しになる
・呼吸はゆっくりと浅くなる
・最悪の場合には死に至る危険性もある

 

楽しくお酒を飲めるのはのほろ酔い期までの段階になります。
しかし、酔いの進み方には個人差があるので、アルコールをジョッキで何杯飲んだら◯◯期になるとは一概に言えません。

自分にとっての酔いの状態を知っておくことも大切です。
そして、「お酒を意識して飲む」ことが大切です。

自分自身が「あと一杯くらい大丈夫だろう。と思う手前くらいで止めておくことが、お酒での失敗を減らすことになります。

二日酔いはアルコールのせいで起こるの?

では、あの嫌な二日酔いもアルコールのせいで起こるのでしょうか。

二日酔いはアルコールのせいではありません。
体内で作られる成分が原因です。

体内で作られる成分とは、アルコールを分解する時に体内で作られる「アセトアルデヒド」という有毒物質です。

有毒物質のアセトアルデヒドを分解する能力には個人差があるので、これが人それぞれ二日酔いの辛さの違いとなって表れるのです。

 

日本人はこの「アセトアルデヒド」を分解する酵素が少ないとされています。
また不思議なことに、欧米人は全てアセトアルデヒドを分解する酵素を持っているのに、日本人では全く持っていない人や、酵素を持っていても働きが弱い人などが約半数いると言われています。

このため、日本人は二日酔いに苦しむ人が多く見られるのです。

お酒を酔いにくくするには?

飲み会に参加する場合、誰もが「楽しい気分で過ごしたい。」と思ってます。

お酒を飲んでも悪酔いしないようにするにはどうしたら良いのか紹介します。

空腹はNG

空腹はNGです。
飲み会になると高い会費を支払っているのだから、なるべく元を取ろうと考え空腹の状態で参加する人も多いですよね。

そして「まずはビール」という感じで、飲み会で最初に口にするのがつまみや料理ではなく、喉を潤すアルコールではないでしょうか。

このように空腹状態でアルコールを摂取すると、胃腸への負担が増加してアルコールの吸収率が上がり、酔いが早く回りやすくなるのです。

胃腸への負担を軽減して、アルコールの吸収速度を遅くするためにも、飲み会に参加する前に何か軽く食べることをおすすめします。

飲み放題の場合

飲み放題のお店の場合、メニューに様々なお酒の名前が表示されているので、ワクワクとどれを飲もうかと楽しくなってきますが、ここで注意が必要です。

それぞれのアルコール度数は違うので、各お酒の大体のアルコール度数を知っておきましょう。

当たり前ですが、「アルコール度数の高いお酒」 = 「酔いやすくなるお酒」です。

同じ量飲んでも、アルコール度数が高ければそれだけ悪酔いしやすくなるということです。

お酒のアルコール度数

・ビール(4~6度)
・梅酒(8~15度)
・ワイン(10~15度)
・日本酒(15~16度)
・焼酎(25度)
・ウイスキー(38~42度)

酔いたくない時

酔いたくない時は、アルコール度数の低いお酒を少量ずつ飲むようにしましょう。

また、お酒はちゃんぽん(複数種類のお酒を飲むこと)すると酔いやすいと言われます。
これは違う味のお酒を「あれもこれも」と飲むことで、飲み過ぎてしまうことが原因なのです。

悪酔いを防ぎたい時

悪酔いを防ぎたい時は、「今日は◯◯しか飲まない。」とアルコールの種類を一つに決めるのも一つの手です。
◯◯ばかりで飽きてしまい、お酒の量を抑えられるかもしれません。

 

ちなみに、
お店でだされる焼酎(+果汁入り)を炭酸で割ったチューハイやサワーのアルコール度数は3~4度くらいです。

「なんだ度数が低い!」と思われがちですが、炭酸入りだとアルコールの吸収が早まると言われているので、「◯◯ソーダ◯◯サワー系は避けた方が良いでしょう。

甘くて口当たりが良いお酒は飲みやすく、私たちが思っている以上にたくさん飲んでしまうので注意しましょう。

おすすめはチェイサー飲み

チェイサー飲みをおすすめします。

チェイサー飲みとは、強いお酒を飲んだ後、続けて口直しに飲む水や軽いお酒のことです。

「酒、酒、酒」と続けて飲まずに、適度に「酒、お冷、酒、烏龍茶」とお酒の間にノンアルコールを飲むと、アルコールの大量摂取を防げて、お酒の量をコントロールできます。

 

飲み会ではひたすらお酒を飲むのはやめて、食事を取りながらお酒を飲むことを意識しましょう。

お酒はカロリーと糖分が多いので、おつまみは高タンパク、低カロリーのものを選んで食べることをおすすめします。

今日は介抱役と宣言

飲み会が始まる前に「今日は自分は介抱役」と宣言しておくのも良いでしょう。

介抱役と宣言することで、自分がお酒を飲む機会を減らすことができるし、他の人からの好感度が上がり一石二鳥です。

お酒に酔ったときのお風呂はどうしたらいい?

飲酒後すぐに入浴するのは控えましょう。

お風呂に入ると汗とともにアルコールが抜けるような良いイメージがありますが、たくさん汗をかいてもアルコールが汗として排出されているわけではありません。
逆に脱水症状になる可能性があるのでこれはかなり危険な行為です。

飲酒後の入浴はアルコールの分解を妨げるばかりでなく、心臓にも負担がかかり、転倒して怪我をしてしまう可能性があります。

シャワーを軽く浴び、水分をたっぷりとって休んでください。

飲み会の帰りにサウナに入ることも、心臓に負担をかけて血圧も急に高まり相当危険な行為なので止めておきましょう。

こちらの記事も参考にしてください。
会社の忘年会の服装マナー ホテルと居酒屋の場合や靴はどうする?

まとめ

お酒は楽しく愉快に飲みたいですね。

飲み会ではやたらむやみにお酒を飲むのではなく「お酒を意識して飲む」ことが大切です。

そして、自分のほろ酔い期(手の動きが活発になる、体温が上がる、脈が速くなる)でやめておくことも大切です。

ほろ酔い期を過ぎたら、チェイサー飲みで後を乗り切りましょう。

帰宅後はお風呂は控えて、シャワーを軽く浴び、水分をたっぷりとって休んでください。