毎年流行するインフルエンザにマスクは有効とされていますがどのような効果があるのでしょう。

また最近はマスクの種類もたくさんあって、どのマスクを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、インフルエンザに有効なマスクの効果、インフルエンザウイルスの感染経路、マスクの種類や選び方、家族にうつさないためにはどのようにしたらいいのかを紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

インフルエンザに有効なマスクの効果

インフルエンザにマスクと聞くと、ウイルスや細菌が口や鼻から侵入してくるのを防ぐことが大きな役割と考えている方がほとんどではないでしょうか。

確かにマスクをすることで、口や鼻からの飛沫ウイルスの侵入をガードする効果があります。

しかしマスクは、口や鼻からの飛沫ウイルスの侵入をガードするだけでなく、インフルエンザの予防に関してさまざまな働きをしてくれます。

接触感染をガード

マスクをして口や鼻を覆うことで接触感染をガードします。

マスクをあなたが意識的に外すことをしなければ、 口と鼻を手で触ることはありません。
マスクをすることは、接触感染を無意識にガードすることにつながります。

ついつい口や鼻を触る癖がある人にはとってはとても効果的です。

のどの湿度を保つ

マスクをすることで、のどの湿度を保ちます。

インフルエンザウイルスは、湿度に弱い(50%以上)という大きな特徴があります。
低温で低湿度を好むので、のどの湿度が高ければインフルエンザウイルスに感染しにくくなるということです。

このようなことから、のどの乾燥対策になるので寝るときにマスクをすることはとても効果があります。

インフルエンザウイルスの感染経路

そもそもインフルエンザウイルスの感染経路はどのようなものなのか紹介しておきます。

下記の通り大きく3つに分けられます。

飛沫感染

インフルエンザ感染者のくしゃみや咳、つばなどにたくさんのインフルエンザウイルスが含まれています。

その数なんと、1回の咳で約60万個にもなると言われています。
びっくりです。

学校や幼稚園、保育園などで、簡単に学級閉鎖になってしまうことがこれで納得できますね。

空気中に飛んでいるインフルエンザウイルスを、口や鼻から吸い込んでしまいインフルエンザウイルスに感染してしまうのです。

接触感染

インフルエンザ感染者がくしゃみや咳をする時に、他の人にうつしてはいけないと口元を手で押さえます。
この行為は飛沫感染を防いでるように見えますが、要注意なのです。

口元を押さえたその手で、ドアノブや部屋のスイッチ、電車のつり革、職場の階段の手すりなどを触ってしまうことで、そこにインフルエンザウイルスが付着してしまいます。

インフルエンザウイルスが付着した部分に他の人の手が何気なく触れたことで、触れた人の口や鼻、目などにウイルスは知らず知らずのうちに運ばれ感染してしまうのです。

空気感染

インフルエンザ感染者がくしゃみや咳をした部屋には、2~3時間インフルエンザウイルスが生き続けると言われています。
空気中に漂うインフルエンザウイルスが体内に入り込むことで感染してしまうのですね。

しかし、空気感染は「飛沫感染」と「接触感染」に比べると危険性は低くいようです。
可能性があるという程度です。

このような3つの感染経路を改めてみると、電車の中、職場、イベント会場などの人混みの中に行く際はマスクは効果あり、手放せない存在になりますね。
常にマスクは持ち歩くことをおすすめします。

インフルエンザに効果があるマスクの種類や選び方

一口にマスクといっても、最近は色々な種類のマスクが販売されているので、どれを購入したらいいのか迷ってしまうことが多いですよね。

そこで、インフルエンザの予防にはどのようなマスクを使用するのが良いのか紹介します。

マスクの種類

最初に、ドラッグストアーやコンビニで販売されているマスクの種類から見ていきましょう。

大きくわけて3種類です。

織布(しょくふ)マスク

織布(しょくふ)マスクとは、ガーゼマスクのことをいいます。
昔マスクと言ったらこのマスクオンリーでした。

織布マスクは何回も洗って使えて、顔に密着することで保湿性に優れています。
しかしガーゼの網目が大きいので、ウイルスが口や鼻の中に入る可能性があるので、飛沫感染を防ぐことはできません

予防というよりは患者がウイルスを拡散させないためのマスクです。

不織布(ふしょくふ)マスク

不織布(ふしょくふ)マスクは、厚生労働省からも推奨されています。

織布マスク(ガーゼマスク)に比べて網目は小さく、フィルター効果が高いのでインフルエンザウイルスの飛沫感染を防ぐことが可能です。
ただ、使い捨てタイプになります。

織布マスクほどではありませんが保湿性もあります。

 

※不織布とは、「織っていない布」という意味です。
繊維あるいは糸等を織ったりせずに、熱や化学的な作用によって接着させた布から製造したマスクです。

医療用マスク(N95マスク)

医療用マスク(N95マスク)は不織布(ふしょくふ)マスクよりもさらに網目が小さいので、飛沫感染はもちろんのこと、他のマスクでは不可能なインフルエンザウイルスの空気感染を防ぐことが可能です。

ただ、このマスクは主に医療従事者用です。

この医療用マスクは高機能なため、使い捨てのタイプにも関わらず値段が高く、網目がとても小さいのでつけていると呼吸が苦しくなることから、長時間つけていることには向かないので一般の方には不向きです。

 

インフルエンザ予防におすすめなのは手軽な価格で購入が可能な不織布マスクです。

マスクを使用する際の注意点

不織布マスクは使い捨てなので、1日1~2枚程度を目安に使用しましょう。

しかし、インフルエンザ感染者くしゃみや咳をした人と接した場合は、マスクの表面にウイルスが付着している可能性があるのですぐに交換しましょう。
ここでもったいなんていっていたらダメです。
マスクで予防している意味がなくなってしまいます。

交換の時は、マスク表面にウイルスが付着している可能性があるので、耳にかけているゴムバンド部分のみを触ってはずし、マスクの表面には手を触れないように注意します。

使用済みマスクの廃棄方法

使い終わったマスクのウイルスが付着している可能性のある表面には手を触れないようにして、必ずビニール袋に入れてその口を縛って廃棄しましょう。

この時、マスクを廃棄した後の手にウイルスが付着している可能性があるので、マスクを廃棄した後はすみやかに、アルコール手指消毒剤や流水でしっかり手を洗いましょう。

インフルエンザを家族にうつさないためには?

どんなに予防し気をつけていてもインフルエンザに感染してしまうこともあります。

そんな時、家族にインフルエンザをうつさないためにはどうしたら良いのか紹介します。

下記の2点を徹底させると効果的です。

・インフルエンザに感染したら家族と隔離します。

家族全員でマスクをします。

隔離部屋の中はインフルエンザウイルスで高度に汚染されているという想定をしましょう。
隔離部屋に入る時マスクをつけますが、そのマスクは隔離部屋を出るときには必ず捨てましょう。

※マスクを使用する際の注意点と使用済みマスクの廃棄方法を参考にしてくださいね。

そして、隔離部屋を出たら速やかに手を洗うのが鉄則です。

ただ、隔離部屋を出てから洗面所に行って手を洗うのでは部屋のノブなどが汚染されてしまうので、隔離部屋の外にアルコールスプレーなどを置いておき、手とドアノブを消毒するのがベストです。

もちろん、可哀想ですが食事も一緒にしてはいけません

まとめ

インフルエンザ予防にマスクはとても効果的です。

インフルエンザが流行するシーズンは、不織布マスクでしっかり予防しましょう。

家族にインフルエンザ感染者がでたら隔離しインフルエンザ感染が広がらないよう、家族全員がマスクをし手洗いとうがいをこまめにして乗り切りましょう。

乾燥を好むインフルエンザウィルス対策に加湿器も有効活用しましょう。
⇒ インフルエンザの予防と対策に加湿器は有効?効果的に使うには?

こちらも読んで参考にしてください。