赤ちゃんが初めての夏を迎えるご家庭では、蚊よけ対策に悩まされていませんか?

湿度や気温が高くなってくると、蚊の存在は避けて通れませんね。

大人と同じ蚊よけ対策でいいのか気になるところですが、赤ちゃんはディートに注意しなくてはいけません。

そこで、赤ちゃんの安全で効果的な蚊よけ対策やディートの怖さ、ハッカ油を使った安全して使える蚊よけプレーの作り方をご紹介します。

赤ちゃんの蚊よけ対策

赤ちゃんのために、夏場の蚊よけ(虫よけ)対策はとても大切です。

赤ちゃんは虫刺されの経験がないので、蚊に刺されると過剰に反応してしまいます。
大人より腫れやすく、水泡などができる場合もあります。

また、かゆみが出ると赤ちゃんは自分でかき壊してしまい、感染症の「とびひ」を引き起こす場合があるのです。

 

こちらの記事も参考にしてください
幼児のとびひの原因と症状 大人にうつる?予防するには?

 

蚊は二酸化炭素の排出量体温の高さ汗に含まれる成分などに反応して、血を吸う対象を選んでいます。
目くらめっぽうに血を吸っていたのではないようです。

赤ちゃんは大人よりも呼吸の回数が多く、体温も高いので汗も多くかくことから、蚊に刺されやすい対象なのです。

刺されてからかゆみ止めを塗るのではなく、蚊の習性をうまく利用して、赤ちゃんを蚊から守ってあげるのが一番の理想です。

蚊よけ対策のポイント

赤ちゃんの蚊よけ対策を紹介します。

お部屋の中では

・窓を開けておくときは必ず網戸をし、網戸の外側に蚊がとまっていることもあるので開け閉めは、網戸を軽く叩いてからしましょう。

 

・ベランダや玄関などの開け閉めの時に蚊が侵入することが多いので、空間タイプの虫よけを物干し竿に吊し、玄関に置きベランダからの侵入や玄関からの侵入を防ぎましょう。

 

・昔から使われる蚊帳は風通しもよく、蚊を寄せ付けないので赤ちゃんを寝かせているときは赤ちゃん用の蚊帳を利用することをおすすめします。
最近では蚊帳付きのベビーベッドもあるようです。

 

・煙の出ない電子蚊取り器を利用しましょう。

 

蚊取り線香を使用する場合は、直接煙が赤ちゃんにかからないよう煙の向きに注意し、空気の出入りが頻繁な場所に置きましょう。
寝る1時間前までに、部屋に蚊取り線香をたいて準備しておくことをおすすめします。

お外では

・お部屋の中にいる時よりも、お外では刺される可能性は非常に高くなるので、ノースリーブやランニングなどのように肌が露出する洋服は要注意です。
お袖のある洋服を選んであげましょう。

 

・蚊は濃い色を好むので、お出かけの時は赤ちゃんもママもなるべく黒っぽい服は控えましょう。

 

・蚊は汗をかいた肌が大好きなので、日傘をさしたり、日陰を歩いたり、ベビーカーには日除けの幌をするなど、まずは汗をかかない工夫をし、汗をかいたらこまめに拭いてあげましょう。

 

・肌が露出してしまう手や首(顔)、足などに虫よけ剤を塗ってあげましょう。

時間がたつと虫よけ剤の効果は減少します。

また汗をかくと、虫よけ剤が汗で流れ効果が薄れるので、外出の直前に塗ったら虫よけ剤はバッグに携帯し、様子を見て塗り直すようにしましょう。

この時、直接赤ちゃんの肌に虫よけ剤をつけるのに不安があるようなら、虫よけシールを服に貼るのが良いでしょう。

 

・ドブ、噴水、公園の池などの水場や、雨上がり時は要注意です。
蚊が活発に活動するのは、朝の5~6時、夕方の6~7時です。

この時間帯は外出を控えるのが賢明ですね。

赤ちゃんの蚊よけ対策 ディートには要注意!

一般的に、皮膚につけるタイプの虫よけ剤にはディートという成分が含まれています。
赤ちゃん用の虫よけ剤でもディートという成分が含まれています。

 

そもそもディート(DEET)はどのようなものなのか紹介します。

「ディート」とは虫よけ剤として使われる「化合物」です。

ディートの効果

ディートの効果は、昆虫やダニの吸血を防ぐので、蚊やダニによる虫さされを防ぐことができます。

蚊がディートに接すると、触角にある毛穴をふさがれてしまうので、人間が発する炭酸ガスや体温による対流気流を感知できなくなります

 

このような効果を発揮する「ディート」入りの虫よけ剤をお肌に塗ったりスプレーしたりすると、蚊が人間に近寄ったり、皮膚にとまったとしても「これは人間ではない」と判断して、血を吸うことなく立ち去っていきます。

ディートを注意するのはなぜ?

ディートの効果が分かったところで、怖い、注意する理由を紹介します。

 

ディートは、第二次世界大戦時にジャングルの戦闘経験をもとに、アメリカ陸軍が開発した化合物です。

なぜ虫がディートを嫌うのかまだ未解明の部分があります。

動物実験では、連続して、大量に摂取することで、神経毒性が見られたという報告もあり、ディートでアレルギー反応を起こす人もいます。

 

このようなことから、身体の未発達な赤ちゃんには、ディート入りの虫よけは避けましょう!

 

※ちなみに
一般的な虫よけ剤の成分表には「ディート」という表現以外に「ジエチルトルアミド」と書かれていることもあります。
赤ちゃん用の虫よけにも「ディート」ではなく、上記のような「ジエチルトルアミド」と成分表示がされていることも多いので注意して見てみてくださいね。

赤ちゃんがディートを含む製品を使用する目安

ディートを含む製品は、乳幼児や小児への使用の目安が定められています。

赤ちゃんに使う場合は必要な場合に限り使用し、顔には使用しないこととなっています。

※6ヶ月未満の赤ちゃんには、ディート含有製品が使用できませんので、ハーブの香りで虫を寄せ付けにくくするタイプの虫よけがオススメです。

ディートを含む製品 乳幼児や小児の使用回数の目安

6ヵ月未満の乳児には使用してはいけない。

6ヵ月~2才未満1日1回

2才~12才未満1日1回 ~ 3回

 

赤ちゃんにはできればディートを含む製品より、効果は弱くてもディート不使用の虫よけ剤を選んでこまめに塗ってあげましょう。

ディート不使用の虫よけ剤をこまめに塗る方が、虫よけ効果を持続することができるので、赤ちゃんの肌にも体内にも安心です。

赤ちゃん虫よけ対策 安全なハッカ油スプレーの作り方

赤ちゃんには安心安全なものを使用したいですね。

そこで、安全なハッカ油スプレーの作り方を紹介します。
天然成分のハッカ油なら赤ちゃんにつけても安全安心で、虫よけ効果もかなり高いのでおすすめです。

 

嬉しいことに、蚊だけでなく蜂やアブにも効果が期待できる優れものです。

赤ちゃんはなんでも舐めてしまいますが、食用としても使えるハッカ油なら問題ありません。
自宅で簡単に作れるので、試してみましょう。

ハッカ油スプレーの作り方

100mlのハッカ油スプレーを作ります。

材料

・ハッカ油 20滴(スポイトを使用しましょう)
肌につける場合は、ハッカ油5滴(スポイトを使用しましょう)ぐらいでOK。

・無水エタノール 10ml
エタノールは消毒用でもかまいませんが、肌荒れが心配な場合は無水エタノールを使用することをおすすめします。
エタノールを入れることでハッカ油が水に溶けるので、ベタつきがなくなります。

・水 90ml

手順

1.スプレー容器にハッカ油とエタノールを入れてよく振って混ぜます。

2.その中に水を加えてさらに混ぜたら完成です。

※スプレー容器はPS(ポリスチレン)表示の容器だと溶けてしまうので注意しましょう。

ハッカ油スプレーの使用方法

・赤ちゃんに使用する時は、最初は手先などで様子を見ましょう。
肌に直接つけるのは抵抗があるという場合は、洋服やベビーカー等に吹きかけると安全です。

 

ベビーベッドや網戸に吹きかけるだけでも効果があります。
特にベッドはダニも防げるのでおすすめです。

 

・台所やゴミ袋などゴキブリが出そうな場所や、玄関付近やエアコン周りなどゴキブリの侵入経路に吹きかけるのも効果が期待できます。
床などの拭き掃除に普段から使っておくと、ゴキブリを見る機会が激減するのでお試しくださいね。

 

※ただし、ネコにはこの香りが良くないようです。
ネコを飼ってる人は使わないようにしてください。

 

こちらの記事も参考にしてください。
赤ちゃんにダニ刺されの症状がでたときの対策

まとめ

無防備ではいられません。
蚊は気づかぬうちにやってきて、いつの間にか赤ちゃんの柔らかいお肌をチクッと刺しています。

お家の中でも、外出先でも、赤ちゃんを蚊から守れるのはお母さんやお父さんです。

赤ちゃんが初めて迎える夏を快適に過ごせるよう、しっかりと安全な蚊よけ対策をしてあげましょう。