エアコン使用時にサーキュレーターを併用すると節電できると言われるようになって、ここ数年サーキュレーターが注目されるようになりましたよね。

本当にサーキュレーター回しておくだけで節電できるのか、置く位置や使い方にコツがあるのか知りたいですよね。

また、わざわざサーキュレーターを買う必要があるのか、扇風機で代用できないのものかと思っている人も多いようです。

そこで、エアコンにサーキュレーターを併用したときの節電効果や使用位置や使い方のコツ、扇風機との違いを紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

エアコンにサーキュレーターを併用すると節電効果があるの?

最近、エアコンにサーキュレーターを併用すると節電になるという話を良く耳にしますよね。

しかし実際、サーキュレーターだって電気を使うのに、本当に節電になるの? と疑問に思われている人も多いのではないでしょうか?

 

サーキュレーターは、モーターを回転させるだけという単純な仕事をするだけの製品なので、消費電力は小さく電気はあまり使用しないそうです。

一般的なサーキュレーターの場合、消費電力は小さく30W~60W程度のものが多いようです。

 

例えば50Wだとして紹介しますね。

サーキュレーターを1日に8時間使用した場合、1日の電気代は約10円程度です。
8時間 ☓ 30日 = 240時間

1か月使用で約240円程度となります。
ジュース2本分程度です。

 

消費電力の小さいサーキュレーターが優れている点は、電気代安いということではありません

 

サーキュレーターを使うことによって、上方にたまった空気を下方に送って上下の空気を入れ換えることができるので、エアコンに設定した温度になるまでの運転時間を短縮できることです。

サーキュレーターを併用することで、エアコンの能力を120%引き出すことができるという点こそが最大の利点なのです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
エアコンの冷房と除湿の違いと使い分けは?電気代が安いのはどっち?

お部屋の場所によって温度にムラがある場合

エアコンを使っていてもお部屋の場所によっては暑いと感じる所がある場合、エアコンの設定温度を2℃下げるより、同じ温度のままでサーキュレーターを併用した方が断然安上がりです。

 

実際、これまで夏場の電気代が15,000円程度だった家庭で、サーキュレーターを積極的に使用することで、1か月の電気代を6,000円近く安くすることができたという報告もあるそうです、
ただし常時使用していた電気ポットを、お湯を使うときだけ沸かす電気ケトルに変えたり、さまざまな工夫もしているとのことです。

 

エアコン使用時にサーキュレーターの併用することが、電気代の節約に絶大な効果があるということは実証済みということのようです。

エアコン使用時のサーキュレーターの使用位置は?

お部屋の温度は均一ではありませんよね。
必ず温度差が出てきます。

特にお部屋の上の方と下の方では、5℃近く温度差があると言われています。
これは、冷たい空気は下にさがり、暖かい空気は上昇することが原因で現れる現象なのです。

このような、空気の対流がうまくいかない現象が、エアコンの冷暖房効率を落としてるのです。

 

また、空気の対流がうまくいかない現象以外にも問題はあります。

エアコン自体も、部屋の隅々にまで風を行き渡らせることは難しいですよね。
吹き出し口のサイズはほぼ決まっているのですから。

 

最近のエアコンは、動くものを見つけて自動的に風の向きを調節するムーブアイ機能の機種もありますが、それでも部屋全体を均一にコントロールすることは難しいでしょう。

そうなると、「エアコンを付けているのに暑い」「エアコンを付けているのに、この辺りだけ寒い」と身体が感じるのです。

 

そこでサーキュレーターの登場なのです。

サーキュレーターは室内に冷気や暖気の片よりやムラが発生しないように、強制的に風を送ることでお部屋に空気の対流を発生させ、お部屋の温度差を一定に保つようにするのです。

冷房を使用している場合

冷房を使用する時は、サーキュレーターの風をエアコンの吹き出し口に向けて送ることで、内にまんべんなく空気をいきわたらせることができます。

床に座ることが多い部屋では

床に座ることが多い部屋では、空気をかくはんする必要がないこともあります。

この場合、床にサーキュレーターを置き、床とほぼ水平に風を送ることで、低い位置にある冷たい空気を別の位置に移動させる使い方をしましょう。

暖房を利用している場合

暖房を使用する時は、サーキュレーターの風を床と並行もしくは少し上向きに送ることで、室内にまんべんなく空気をいきわたらせることができます。

 

サーキュレーターは、扇風機のイメージと被っているためか夏の使用ばかりが注目されているようですが、暖房を使う冬にもとても力を発揮します。

石油ファンヒーターや石油ストーブでサーキュレーターを利用する場合は、石油ファンヒーターや石油ストーブに直接風を送らないよう注意しましょう。

サーキュレーターと扇風機の違いは?

サーキュレーターも扇風機もほとんど同じもののように思われがちです。
しかし、サーキュレーターと扇風機は目的も構造もかなり違います。

それでは、サーキュレーターと扇風機の違いを紹介します。

サーキュレーター

サーキュレーターは空気を循環させることを目的としています。

風を間接的に使うものなので、風は真っ直ぐ遠くまで送る構造になってます。

 

また、基本的に風を発生させるために作られているので、いたってシンプルで扇風機よりも風音が大きいものが多いです。

ただ以前は、タイマー機能や自動首振り機能などが付いていないものが大半でしたが、最近では静音性や機能性を売りにしたサーキュレーターも見かけます。

 

形にも大きな違いがあります。
サーキュレーターは、首にあたる部分がないのでサイズは小さめですが、ファンの向きを上下180度まで回転させることができるので、上方に風を送り込むことが得意です。

扇風機

扇風機は風を直接浴びて使うことを目的としています。

 

風を体に受けることによって冷房効果を得るものなので、風を幅広く送る構造になっています。

 

形にも大きな違いがあります。
扇風機は、操作パネルとファンは長い首でつながれているのが一般的です。

サーキュレーターと扇風機を並べて使ってみた場合

実際に、サーキュレーターと扇風機を並べて3m離れてみると風がどのようになるのか紹介しますね。

 

扇風機は、3mくらい離れるとほとんど風を感じられません

 

サーキュレーターでは、3mくらい離れても充分に風を感じることが出来ます

 

風量やサイズにもよりますが、サーキュレーターと扇風機の同サイズのもので比べてもみると、風力の特性が違うことが明らかに分かります。

扇風機の風は放射状に出るので、電球の光に似ています。

サーキュレーターの風はピンポイントで遠くまでまっすぐに送るので、スポットライトのようなのです。

 

サーキュレーターと扇風機のどちらが優れているということではなく、もともと用途や使用目的が違うということをおぼえておきましょう。

まとめ

サーキュレーターは、適当な位置に設置しても効果を発揮しません。

エアコンと併用し、使い方を工夫することで効果が得られるのです。

今までサーキュレーターを持っていても使い方を間違っていて、宝の持ち腐れになっていた方も、これで今年の夏・冬ともエコな生活が送れますね。

赤ちゃんと一緒の生活にもサーキュレーターを使ってみましょう。
こちらの記事も参考にしてください。
赤ちゃん夏かぜの症状と上手なエアコンの使い方 お風呂はどうする?
赤ちゃんにとって冬に最適な暖房器具と室内温度 夜寝るときにも必要?

快適に過ごせて、節電までできるサーキュレーターに、夏、冬お世話になってみる価値はありそうです。