美味しい秋の味覚と言ったら「栗」ですね。

栗の栄養価は高く素晴らしい。
更にびっくりなのが、渋皮の優れた美容効果です。

優れた美容効果を得るために、栗の渋皮煮を作った際の保存方法はどうしたらいいのでしょう。

そこで、栗の渋皮煮を瓶を使って長期常温保存できる方法、冷蔵庫や冷凍での賞味期限や保存方法について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

栗の渋皮煮は瓶を使って長期常温保存できる

優れた美容効果が期待できる栗の渋皮煮を作った際、保存がとても気になりますよね。
長期間食べることで美しくなりたいと思うのが女性です。

秋になったからとは言え、鍋に入れたままふたをしておくだけでは日持ちはしません。

しかし、安心してください。
栗の渋皮煮を大量に作っても長期常温保存できる、瓶で保存する方法を紹介します。

瓶で保存するこの方法は、そのまま常温保存で1年間大丈夫です。

用意する瓶の大きさは?

まずは瓶を用意しましょう。

大量に渋皮煮を作る場合、大きな保存瓶に一度に入れて保存したくなるかもしれませんが、この方法では長期常温保存はできないのです。

瓶詰めにした栗の渋皮煮を開封してしまうと、3日位しか日持ちません。
どんなに美味しくても、3日間で大量の渋皮煮を食べきることはできませんよね。

ではどうするのかというと、3日間で食べきれる量の瓶詰めを多数作るのです。

栗の渋皮煮が小分けできる瓶に最適なのは、ジャムなどの空き瓶がおすすめです。

ジャムなどの瓶を複数用意し栗の渋皮煮の保存の準備を始めましょう。

ジャムの空き瓶を使った常温保存の方法

空き瓶の準備

大きい鍋で水を沸騰したお湯の中に、ジャムの空き瓶完全に沈めて15分ほど煮沸消毒します。
この時、ふたも一緒に煮沸消毒することを忘れないでください。

瓶とふたの水切りはしっかりしてください。

トレイやお盆などの上にペーパータオルを3枚くらい重ねて敷いて、その上に瓶とふたをひっくり返してしばらくそのままにしておき水気をきるのがおすすめです。
ふきんやタオルで拭くのは、雑菌がついてしまう可能性があります。)

渋皮煮のシロップの量について

渋皮煮のシロップは、瓶の中の栗が完全にかぶるほど必要になるので、足りなくならないように充分に作っておきましょう。
万が一、シロップが足りない場合は、シロップは再度作くることになります。

栗が完全にかぶる位のシロップを入れることが重要なポイントなのです。

瓶詰の作業手順

1.瓶とふたの水気が完全にが切れたら、栗の渋皮煮をぐつぐつと沸騰させながら、栗を瓶の中に丁寧に入れていきます。
(栗が冷めてから瓶に入れるのでは、雑菌が混入してしまい長期保存は出来ません。)

2.その後、シロップを栗がひたひたにかぶるまでしっかりと注ぎます。

3.そして、瓶のふたを軽く閉めて(軽く咬ませる程度)、最初に瓶を消毒した時に使った大きい鍋に立てて並べます。

4.大きい鍋に立てて並べた、瓶の口が水に浸らない程度に水を入れて火にかけます。
沸騰したら中火にして20分ほど火にかけましょう。

5.沸騰してから20分ほど経過したら、鍋から瓶を取り出してふたをきっちりと閉めて瓶を逆さまにし、そのまま冷めるまで置いておきましょう。

これらの作業中、やけどしないように十分注意して行いましょう。

6.冷めた後に、瓶のふたの中央部分がへこんでいれば完成です。

栗の渋皮煮の冷蔵庫での保存方法と賞味期限は?

栗の渋皮煮を冷蔵庫で保存する方法も紹介しておきますね。

栗の渋皮煮を冷蔵庫で保存する場合は、渋皮煮の粗熱を取ってから、瓶やタッパーなど密閉できる容器に入れます。

保存性を良くするために、甘くすることも重要なポイントになります。
シロップがサラサラの状態よりも、ドロッととろみがついているほうが保存性はグーンと高まるのです。

甘いほど日持ちしますが、冷蔵庫では一週間程度は大丈夫です。

ただ、栗の渋皮煮の風味は日が経つにつれて悪くなってくるので、3日目くらいで食べきるのが一番美味しくベストです。

※常温保存していた瓶を開封後、食べきれなかった場合も必ず冷蔵庫で保存して1週間以内に食べるようにしましょう。

栗の渋皮煮の冷凍保存の方法と賞味期限は?

栗の渋皮煮のみ冷凍する方法

栗の渋皮煮のみを冷凍で保存する方法を紹介します。

栗の渋皮煮を冷凍で保存する場合は、栗の渋皮煮のシロップを切って、渋皮煮をアルミホイルに1個ずつ包み、しっかりと空気を抜いて、ジップロックに入れて冷凍します。

栗の渋皮煮の冷凍保存は2か月位持ちます。

栗の渋皮煮とシロップも一緒に冷凍する方法

栗の渋皮煮は密閉できる容器にシロップごと詰めて、冷凍保存することもできます。

栗の渋皮煮とシロップも一緒に冷凍する場合は、密閉できる瓶やタッパーもしくはジップロックなどの容器を使い冷凍保存します。

容器の中の渋皮煮が、すっかり見えなくなるくらいシロップを入れ、しっかりとふたをすることがポイントです。

シロップが甘いので、冷凍しても渋皮煮はカチカチにはなりません。

この冷凍保存方法にすると、6か月~1年程度の保存が可能です。

ただ、冷凍した栗は軟らかくなってしまうので、通常の食感ちは多少違ってしまいます。
そのことを踏まえて冷凍してくださいね。

栗の渋皮煮の解凍方法

栗の渋皮煮を解凍する際は、室温でしばらく放置し煮汁ごともう一度過熱してください。

手間をかけて、作った渋皮煮です。
残ったシロップを捨てるのはもったいないので、ぜひ活用しましょう。

・料理の砂糖の代わりに使用する。
・パン作りに利用して少し甘いパンを焼いてみる。
・コーヒーや紅茶の砂糖代わりに使う。
(特に、シナモンティーによく合います。)

傷んできた合図

栗の渋皮煮が傷んできた合図を紹介します。

・透き通っていたシロップが白く濁ってきた。
白い膜のようなものが浮いてきた。
・シロップに気泡がたくさんでてきた。
酸っぱい臭いや異臭がしてきた。
酸っぱい味や変な味になってきた。

このような場合は、食べないようにしましょう。

まとめ

栗の渋皮煮は、シンプルにそのままで十分に美味しいですが、煮物や焼き菓子に活用したり、さつまいもの天ぷらのように、衣をつけて油で揚げても一味違った楽しみ方もおすすめです。

作るのに少し手間はかかりますが、長期間常温で保存ができるので、優れた美容効果を得るためにもぜひまとめて作ってみましょう。