ブーツは秋冬ファッションの定番アイテムです。
やはりオシャレは足元からです。

ただ、ロングブーツはいつから履きだしていいものか迷う女性は多いのではないでしょうか?
また、いつまで履いていいものなのかも気になりますよね。

さらに、ブーツの中のにおいも悩みどころです。

そこで、ロングブーツはいつからいつまで履いていいのか、中のにおいはどうしたらいいのかを紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

ロングブーツはいつから履いていいの?

最近は天候がとっても不順です。

秋になったかなと感じる気温になったかと思ったのもつかの間、数日後に真夏のような暑い日が続くこともしばしばです。

そうなると、秋冬のファッションアイテムの定番ブーツをいつから履いていいのかまよってしまいますよね。
特にロングブーツを履く時期については悩んでしまうという女性は多いのではないでしょうか。

ロングブーツを履く基準

ロングブーツを履く基準をいくつか紹介しますので、「自分はこれかな。」というものを見つけてくださいね。

一般的には

一般的には、寒くなるのが早い地域10月下旬くらいから、比較的暖かい地域は冬を感じ始める11月中旬くらいからが、ロングブーツを履き始める時期として適していると言えます。

11月に入ってから履き始めるのが一番無難なようです。

紅葉が終わる頃

ロングブーツを履く1つの目安としては、紅葉が終わる頃から履くという判断基準もあるようです。

東京で木枯らし1号が吹いた日以降

さらには、東京で木枯らし1号が吹いた日以降に、履くという基準もありますよ。
最近の、木枯らし1号は11月中旬ごろなんですよね。

ファッションの先取りするなら

ファッション雑誌やお店では1ヶ月~2ヶ月くらい季節が先行していますよね。

ロングブーツを雑誌で見かけるようになったら、お店で見かけるようになったらこれらを基準にして、少々早めの時期にロングブーツを履きファッションの先取りしておしゃれを楽しんでみるのもいいでしょう。

3番目という基準

こんな基準もあるそうです。

「3番目」って安心してやることができるらしいです。

だから、ロングブーツをを履いている人を1日に3人見かけたとか、3日連続でロングブーツを履いている人を見かけたら履き始めるなんてのもいいかもしれません。

ロングブーツはいつまで履いていいの?

ロングブーツは秋冬物のファッションアイテムなので、ロングブーツが履ける時期は冬が終わる2月まででしょう。

寒い地域であれば、春分の日前(3月20日)までは履いていてもギリギリおかしくはないかもしれませんが、一般的に暑さ寒さも彼岸までと言われ3月中旬は季節的には春です。

ファッション先取りという判断基準にするのであればやはり2月までにしたいですね。

 

おしゃれは足元からと言われます。
3月に入って、黒色ややダークな色のロングブーツは色や素材的にも重たく感じてしまうので止めておいた方が無難です。

しかし、どうしてもブーツを履きたいというのであれば、ロングブーツは避けてショートブーツ春物のブーツを履きましょう。
色もベージュパステル系の淡い色などの軽い色がいいでしょう。

ロングブーツの中のにおいはどうしたらいいの?

ファッションの先取りをしたいと思っている女性は、くれぐれも気温のことをよく考えてロングブーツを履きましょうね。
気温の高い日はブーツの中が蒸れ蒸れに蒸れてしまい、衛生的に良くありません。

そしてロングブーツの一番の難点といったら、足の「におい」です。
飲み会などでブーツを脱がなくてはならない場面に直面し、長時間履いていたブーツの中の足のにおいを気にする人も多いでしょう。

ブーツを履くと足のにおいがキツクなる理由

お風呂に毎日入って清潔にしているのに、なぜブーツを履くと足のにおいがキツクなるのか紹介しますね。

足の裏には汗腺がたくさんあって、新陳代謝が活発な場所です。

その活発な新陳代謝が蒸れて動きを止められることで、汗や角質が雑菌となって繁殖します。
この繁殖した雑菌が爪の中のごみや皮膚の汚れと一緒になりブーツの中で密閉され、徐々ににおいがキツクなるのです。

ブーツの中の雑菌を繁殖させないようにするには

ブーツの中の雑菌を繁殖させないようにするには、ブーツを脱いだらブーツスタンドに立てて風を通しましょう。

脱ぎっぱなしや、すぐにシューズボックスにしまうのはNGです。

足の暖かさがブーツの中から消えるまでは、形を整えて湿気を逃がしましょう。

ブーツのお手入れ方法

ブーツのお手入れのおすすめの方法を紹介します。

◇炭◇

百円ショップなどある「炭」を小袋に入れて、ブーツの中に入れましょう。
「炭」は湿気を取り除き、雑菌に繁殖を防ぎます。

 

◇重曹◇

「重曹」を目の細かいストッキングに入れて、ブーツのつま先に詰め込むみましょう。
「炭」と「重曹」を併用することでさらに効果が上がります。

 

◇10円玉◇

10円玉を20枚くらい用意し、できるだけきれいに洗いましょう。

スーパーなどでみかんが入っている大きめの網目の袋にきれいに洗った10円玉を入れましょう。
片足で10枚ほど使います。(できるだけ多い方が効果的)

10円玉に雑菌の繁殖を抑える効果があります。

 

しかし、湿気を取り除く効果はないので、下記のように併用することでさらに消臭効果が高くなります。

炭と10円玉の袋
重曹と10円玉の袋
炭と重曹と10円玉の袋

 

ブーツを履いてお出かけするときには、ブーツの中に入れておいた炭、重曹、10円玉の袋はシューズボックスに入れておきます。
そうすることで、シューズボックスの湿気も取れるので一石二鳥です。

ブーツのお手入れしてもガンコなにおいが気になる場合

ブーツのお手入れをしているのに、それでもガンコなにおいが気になる場合は、足を常に清潔に保つ事です。

まず足の洗浄が一番大事です。

角質で厚くなった足裏は雑菌が住みつきやすく、嫌なニオイの原因になってしまいます。
シャワーで全身を洗っただけでは足の汚れまでは落としきれないのです。

足指、側面などを石けんで丁寧にしっかり洗い、足の汚れを取り去りましょう。
その後、足やストッキングに消臭スプレーを使用しましょう。

消臭スプレーをブーツに直接スプレーするのはやめましょう。
シミやカビの原因になってしまう場合があります。

または、フットスムースジェルを使うのもいいでしょう。

 

ちなみに私のおすすめは、
ちょっとあしゃれではないかもしれませんが、効果は絶大なのでしょうかいしますね。

それは、絹の5本指ソックスです。
冷え取りを初めて3年になりますが、絹の5本指ソックスを履き始めてから、消臭スプレーやフットスムースジェルは一度も使っていません。
真夏にスニーカーを履いても、革靴を履いても不思議とにおいが漂ってきませんよ。

ぜひぜひお試しください。

まとめ

お気に入りのロングブーツとなるとできるだけ長く履いていたいですよね。

履き始めはファッションの先取りで早めでもOKですが、履き納めは2月いっぱいが良いでしょう。

暑い日にロングブーツを履くとブーツの中が蒸れて衛生的にもよくありません。
くれぐれも気温のことをよく考えてロングブーツを履いてくださいね。

におい対策を十分に行い、フットケアもしっかりしましょう。