籠(カゴ)バッグは夏のイメージが強いですが、いったい、いつからいつまで持てるものなのでしょう。

また、やまぶどうやあけび、竹などの自然素材で編まれた籠(カゴ)バッグは育てていく楽しみも味わえると言われていますが、どんなお手入れや保管をしたら良いのかも知りたいですよね。

そこで、籠(カゴ)バッグいつからいつまで持てるのか、お手入れ方法や保管方法も紹介します。

参考になれれば幸いです。

では本題に入りましょう。

籠(カゴ)バッグいつからいつまで持てるの?

籠(カゴ)バッグは夏に活躍するファッションアイテムというイメージがありますよね。

特にやまぶどうやあけび、竹など自然素材で編まれた籠バックは見た目も涼しくて、籠バッグを持つだけで一気に女性らしいオシャレな雰囲気になります。

自然素材で編まれているので、たくさん使っていけばドンドン変化していくという育てていく楽しみがあるというのも嬉しいけれど、「夏の間だけしか持てないの?」と残念に感じている人が多いようです。

いったい天然素材の籠バッグはいつからいつまで持っていいものなのでしょう。

籠(カゴ)バッグは一年中OK

ここ数年、冬に籠(カゴ)バッグを持ってる人を見かけたことがありました。

「冬でもいいの?」と気になったので、以前籠バッグを購入したことのある販売店に行って「籠バッグはいつからいつまで持てるですか?」とお店の人に聞いてみました。

 

お店の人の答えは「一年中使用しても大丈夫ですよ。 可愛がって育ててくださいね。」でした。

 

だから、籠バッグは夏に持つという決まりはないようです。
籠バッグの夏のイメージは捨てちゃいましょう。

冬には持てないと考える人の場合

でも、北風が吹いている寒い日、厚手のコートに夏と同じ籠バッグでは不釣合いと考える人もいますよね。

その場合、いつから持つようにしたら良いのでしょう。

 

籠バッグは涼しげなイメージがあるから暑い夏に使用する人が多いのですが、お気に入りの籠バッグはもっと早くから持つようにしましょう。

居住地にもよりますが、4月頃から段々と暖かくなってきますよね。

近年は温暖化の影響もあって、3月にお彼岸過ぎには暑いくらいの日だってあります。
だから、桜が咲く頃の4月を目安に持ち始めましょう。

季節を先取りするのはオシャレの醍醐味ですからね。

ただ籠バッグをぬらしたくないので、悪い雨の日に持つことは避けましょう。

 

それでも不安だわと思うのなら、ファッション雑誌や店頭にたくさん籠バッグが出始める頃を目安に判断しましょう。
これなら間違いはありませんね。

 

籠バッグは春から持つのが旬です。
ぜひ、夏より一足早く使用しちゃいましょう。

 

★籠バッグはいつまで持てるの?

冬には持てないち考える場合、、桜が咲く頃の4月を目安に持ち始めたらいつまで持つのが良いのでしょう。

この場合も、お天気や気温によって決めましょう。

 

持ち始めはいつからと同じように考えると、「暑さ寒さも彼岸まで」と言われる、9月の中旬くらいまでは籠バッグを使っても良いのではないでしょうか。

 

ただ9月は暦的には「秋」なので、オシャレの醍醐味が季節を先取りすることであるなら、逆になってしまいますね。
シーズンオフのものをいつまでも持っていると思われないよう、くれぐれも気温やお天気に注意してください。

冬でも持ちたいと考える人の場合

籠(カゴ)バッグを冬でも持ちたいと考える人は、季節感を忘れないで冬らしい籠バッグに変身させて持つようにしましょう。

例えば、ファーやウール、レザーで持ち手やふたをアレンジするとグッと冬らしくなりますよ。

 

私は籠バッグに使えるようなファーは持っていないので、持ち手にレザーを使いウールのチェック柄のストールをふたにして持つようにしています。

 

夏に持つ時とは一味違う工夫をしてみましょうね。

籠(カゴ)バッグのお手入れ方法

自然素材で作られた籠バッグは、使い込むほど表面にツヤが出てくると言われています。

翌年に良い状態で使用するためにも、普段からお手入れをしたいですよね。

 

それでは、籠バッグのお手入れ方法を紹介します。

一部では、汚れや水分が籠バッグに浸透するのを防ぐために、防水スプレーをかけておくと良いと言われているようです。

 

しかし私が籠バッグを購入した時、ちょうど作家さんが在店されていて、「自然素材ですから籠バッグには防水スプレーをかけないでくださいね。」と言われました。

作家さんが言うのですから、防水スプレーはかけない方が良いでしょう。

 

籠バッグのお手入れの基本は次の通りです。

ホコリを取り除く

籠バッグのお手入れで1番大切なことは、ホコリを取り除くことです。

 

どうしてホコリなのか気になって聞いてみたところ、ホコリをつけたままにしておくとそのホコリが湿気を吸ってしまうそうです。
そしてその湿気からカビが生えてしまうことがあるとのことでした。

 

だから、なるべく使用した後には毎回ブラシをかけると良いそうです。

使用するブラシは?

使用するブラシは何を使ったら良いのかも気になりますよね。
このブラシに関しても、細くてしなやかな馬毛がいい、洋服用のブラシがいいなどさまざまな意見があるようです。

 

私は亀の子だわしでブラッシングしています。
また細かい所に入ったホコリは歯ブラシを使って取り除いてます。

これも在店されていた作家さんからお聞きしたことを実践しているのです。

 

だから高級なブラシをわざわざ買う必要はありませんね。
要はホコリを取り除くことが出来れば良いということです。

 

★ブラッシングでの注意点

やみくもにブラッシングするのはNGです。
ゆっくり丁寧に、籠バッグの編み目にそってブラッシングをしましょう。

雑なブラッシングをすると、籠バッグのささくれが出来てしまいます。
またそのささくれて洋服を傷めてしまうかもしれませんよ。

素手で触れる、なでる

スッキリとブラッシングしたら自分の手のひらを使い、触れたり撫でてあげましょう。

これも在店されていた作家さんからお聞きしたことです。

 

常に触れたり撫でていると、自分の手のひらが持つわずかな油脂が少しづつ籠バッグに浸透して自然な形で色艶に変化が出てくるそうです。

これが籠バッグを育てるということなのでしょう。

 

実際、私の籠バックも少しづつ色の変化が現れてきているような気がします。

水濡れしたときは

多少の雨に濡れた程度では心配ないそうです。

乾いたタオルで、れた部分を押さえるようにして水分を拭き取った後、平らな場所に置いて自然乾燥させましょう。

 

水分で膨張したり伸縮性が出てくる可能性があるので、間違ってもドライヤーなどで急激に熱などを当てたり、逆さにして乾かすことは止めましょう。

 

ただ、水浸しになってしまうと形が歪む原因となるので、お天気が妖しい日は持つのを控えた方が賢明ですね。

籠(カゴ)バッグの保管方法

籠(カゴ)バッグの保管に湿気はNGです。

だから次に使う時まで、直射日光の当たらない風通しの良い場所に保管しましょう。

 

ホコリがつかないようにと、空気を通さないビニール袋などに入れて密閉した状態で保管してしまうとかえってカビ発生原因になります。

ビニールはNG、不織布などの袋か箱などに入れておくのが良いでしょう。

 

ただ、「せっかくの籠バッグなので直射日光の当たらない部屋に置いて小まめにホコリ落としながら、ときどき触れたり撫でたりした方が、籠バッグは喜ぶと思いますよ。」と在店されていた作家さんが話されていました。

 

だから、いっそ飾っておくのが一番いいかもしれませんね。

まとめ

籠バックは1年中持ち歩いて大丈夫のようです。

しかし冬に持つことが気になるのであれば、初夏の日差しを感じ暖かくなってくる4月頃から残暑が残る9月中旬までが良いでしょう。

水浸しにならないよう注意して、ブラッシングと自分の手で撫でながら優しく育てましょう。

シーズンオフの保管は、直射日光の当たらないところで、インテリアとして活用するのが籠バッグにとっても嬉しい事のようです。