「冬至にはゆず湯に入り、かぼちゃを食べる。」というのがありますが、これは日本が昔から今に受け継がれている多くの伝統行事の一つです。

しかし、ゆず湯に入るという意味や内容を詳しく知っている人は、以外に少ないのではないでしょうか。

冬至にゆず湯(柚子湯)に入るとどのような効能があるのでしょう。

また、ゆず湯はどのようにして作るのでしょう。

そこで、冬至にゆず湯(柚子湯)に入る意味や効能、上手なやり方を紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

冬至にゆず湯(柚子湯)に入る意味?

黄色くて良い香りが漂ってくるゆず(柚子)ですが、「冬至にゆず湯(柚子湯)」に入るのにはどのような意味があるのでしょう。

日本では江戸時代の頃から、冬至にゆずを浮かべた湯舟で入浴する習慣がありました。

柚子(ゆず)=「融通」がきく
冬至=「湯治」

このような素敵な語呂合せから無病息災を願い、冬至にはゆず湯に入ると言われてきました。

 

しかし本来は、ゆず湯に入るのは運を呼びこむ前に、体を清めて厄払いするための禊(みそぎ)なのです。

昔は現代のように毎日入浴する習慣はありませんでした。

古代には冬至を1年の始まりとしていた時代もあり、冬至を境に運も上昇するとされている「一陽来復(いちようらいふく)」にそなえて身を清めていたのでしょう。
この一陽来復には、悪いことが続いても回復してよい方向に向かうという意味もあります。

 

現代でも、新年や大切な儀式に際して入浴する風習があります。
この風習は「冬至にゆず湯に入る」というところから来ていたのですね。

 

昔から、強い香りがする植物で邪気をはらう風習(端午の節句の菖蒲湯など)があります。

冬が旬のゆずは香りも強く、強い香りのもとには邪気がおこらないという考えからも、邪気ばらいにゆずはぴったりだったのです。

また、ゆずは実るまでに長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

もちろん、ゆず湯に入ると1年間風邪をひかないと言われているように、元気に冬を越すためにも大いに役立つ嬉しい効能があるのです。

冬至に入るゆず湯の嬉しい効能

「冬至にゆず湯に入ると1年間風邪をひかない。」と耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

体にいいことは確かですよ。

 

元気に冬を越すためにも大いに役立つ嬉しい効能とはどのようなものなのか紹介しますね。

血行促進

ゆず湯には血液の流れを良くする血行促進効果があるので、体を温めることで風邪の予防だけではなく、肩こり冷え性神経痛腰痛などを和らげてくれます。

そして、血の巡りが良くなることで新陳代謝をうながし、果皮に含まれるクエン酸やビタミンCによる美肌効果もあり、冬に辛く痛いひびあかぎれも改善します。

その他の効能

皮の芳香油(リモネン)が湯の表面に薄い油の膜を張るため、お湯が冷めにくくなって湯冷めを防ぐとも言われています。

さらに、柑橘の爽やかな香りでリラックス効果リフレッシュ効果があるので、快適な睡眠を期待できるでしょう。

注意点

柑橘系の精油は紫外線で日焼けをすると言われています。

このようなことから、ゆず湯に入るのは日中は避けたほうがよさそうです。

冬至に入るゆず湯の上手なやり方

ゆず湯を作るにはさまざまなやり方があります。
幾つか紹介しますので、あなたのお好みをみつけて楽しんでください。

ゆず湯にゆずは何個入れる?

ゆず湯にゆずは1個でも複数個でもお好みでOKです。
香りを楽しみたい場合は1個や2個だと物足りないという方もいますよね。

ただ、ゆずが多くなればなるほど成分が強く出るので、肌にピリピリと感じる可能性もあるので注意しましょう。

ゆずは丸ごとそのまっま入れる? 切って入れる?

ゆずは柚子は丸ごとそのまま入れてもいいし、少しゆずに傷をつけて成分が出やすいようにしたり、輪切りや半分に切ってもお好みでOKです。

丸ごとそのままお風呂の中へ

「丸ごとそのままお風呂の中へ」このやり方は、湯舟に黄色いゆずがぷかぷか浮かんで一番風情があって見た目には良いのですが、1個や2個ではゆず特有の爽やかな香りを感じることは難しいでしょう。

この方法を選ぶ際は思い切ってたくさん入れる、または、少しゆずに傷をつけて成分が出やすいようにしてくださいね。

輪切りや半分にカットしてお風呂へ

ゆずを輪切りや半分にカットする方法は、香りも成分もしっかり出ます

ただ、だんだんとゆずがグシャグシャになってきて、果肉や種がお湯に浮いてきてしまうので、浴槽のお掃除が大変になってしまいます。

輪切りや半分にカット後に袋に入れてからお風呂へ

輪切りや半分にカット後に、袋に入れてからお風呂へ入れるこの方法は、ゆずの姿が見えなくなってしまうのが残念です。

しかし、香りや成分もしっかり出て浴槽のお掃除も楽です。

袋からゆずの中身が出ないようにしましょう。

下記の中で私が毎年使っていておすすめなのは、小さな洗濯ネットです。
百均ショップで、目の細かいものを選んでゆず湯用にしています。

木綿の巾着袋(ガーゼ、さらし、手拭い等の木綿の布を縫って作る)
大きなガーゼに包む(出ないように結ぶ)
使い捨てお茶パック
小さな洗濯ネット

その他の方法

皮だけを入れる。
果汁をしぼって入れる。
輪切りにした柚子の果実を熱湯で20~30分蒸らした後に布袋に入れる。(皮膚の弱い人におすすめです)

ゆず湯に入りながら「一陽来復」と唱えるとさらにハッピーになれるそうですよ。

まとめ

ゆず湯には嬉しい効能がたくさんありますね。
冬至に限らず、ゆずの旬であるこの季節には毎日入りたいくなちゃいます。

こちらの記事も参考にしてください。
柚子の旬の時期と栄養素 おすすめの食べ方やその作り方と保存方法
冬至はいつ?かぼちゃを食べる由来や行事食とレシピ

冬になると寒さで体調を崩す方が多いですが、あなたに合ったゆず湯の作り方をみつけて、ぽかぽかと身体を温めて寒いこの冬を快適に元気にお過ごし下さい。