柚子がスーパーで存在感を発揮するのは12月の冬至の頃ですが、旬の時期はいつなのでしょう。

香りの良さばかりが前面に出ていますが、どのような栄養素が含まれているのでしょう。

冬至のゆず湯に使う以外にどのような食べ方をしたらいいんでしょう。

そこで、柚子の旬の時期、栄養素、おすすめの食べ方やその作り方、大量に頂いた場合の保存方法について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

柚子の旬の時期

柚子の旬の時期は、年に2回あることをみなさん知っていましたか?

私はまさか旬が2回もあるなんて全然知りませんでした。
でも以前スーパーで、「これはちょっと大きいすだち?」と思ったものを見たことがあったのですが、もしかしたらそれが青い柚子だったのかもしれません。

実は柚子には、青い柚子と私たちになじみの多い黄色い柚子があるのです。

そして、この2つは違うものに思われがちですが、そもそも同じものです。
収穫時期の違いで、未熟で若い青柚子と完熟で大人な黄柚子なのです。

青柚子と黄柚子のそれぞれの旬の時期は次のようになります。

青柚子

青柚子の旬は7~8月頃です。

柚子の花は初夏に咲き、夏に未熟な青玉といわれる果実が収穫されます。

青柚子は果汁が少ないため、主に皮の部分が使われます。
柚子胡椒に使われるのは、この青柚子が多いようです。

黄柚子

黄柚子の旬は10月下旬~12月頃がピークです。

黄色い熟したものがお鍋の季節に合わせて収穫されます。

柚子の栄養素

柚子は果物や野菜というよりは、調味料としてのイメージが強いですよね。

しかし、柚子には体に嬉しい栄養素(ビタミンC、クエン酸、リモネン)が含まれているんです。

ビタミンC

ビタミンCが豊富な食材として有名なのはレモンです。
しかし柚子には、そのレモンの2倍のビタミンCが含まれているというのですからビックリですよね。

秋から冬の季節には、美肌づくりや風邪予防におすすめな栄養素です。

また、ビタミンCが不足すると毛細血管から出血して、歯肉炎や貧血、脱力感、食欲不振などの症状が出てしまうので、意識して取り入れたい栄養素でもあります。

クエン酸

柚子には、クエン酸がみかんの3倍も含まれています。

クエン酸は果物に含まれる成分で、疲労回復や整腸作用に大きな効果が期待できます。

また、クエン酸が不足すると疲労や体脂肪などの蓄積を招くと言われているので、ダイエットにもピッタリの栄養素です。

今までクエン酸は夏場に必要な成分というイメージがありましたが、体脂肪がつきやすい冬場にも意識して取り入れたい栄養素です。

リモネン

リモネンという成分が柚子の皮の外側に豊富に含まれています。

リモネンは、血行や血流がよくする働きがあるので体を温めてくれます。
ゆず湯にはこのリモネンが大きな働きをしてくれるので、特に柚子は冬におすすめの食材です。

また、抗酸化作用もあります。
しかし、このリモネンが影響して、肌が敏感な人や幼児がゆず湯に入ると稀に、肌がピリピリしたり痛くなったりする場合もあるので注意しましょう。

柚子のおすすめの食べ方とその作り方

一般的に柚子は主に料理の引き立て役として使われます。

柚子の香りや酸味、果皮の鮮やかな黄色を添えることで、主役の料理の美味しさはさらにグーンとアップします。

でもちょっと待ってください。
料理の引き立て役だけではもったいないですよね。

柚子のおすすめの食べ方を紹介します。

柚子のを丸ごと使いましょう

マーマレード

◇材料◇
・柚子   3~5個
・砂糖   柚子の重さの70%
・白ワイン 250m

◇作り方◇
1.種を取りやすくするために、柚子は横に切って果汁を絞ります。

2.絞った果汁は別の容器にとっておき、種は全部取り除きます。

3.種を取り除いた、絞り終わった実の部分をザクザクと細切りにします。

4.細切りにした実、絞った果汁、砂糖を鍋に入れて材料がひたひたになるくらい白ワインを注ぎます。

5.火にかけ沸騰してきたら弱火で20分ほど煮ます。

6.火を止めたら一晩そのまま放置します。

7.翌日、鍋を火にかけ25分~30分煮ます。(焦げに注意)

8.とろみがついてきたら完成です。

 

※マーマレードを保存する場合は、煮沸した瓶に熱々のマーマレードを入れてすぐにフタをしてしばらくさかさまに置いておいておきましょう。

 

◇ポイント◇
砂糖の量は柚子の分量を計り70%~同量くらいにして、鍋の火を止めたら必ず一晩放置(寝かせて)してください。
これでびっくりするほどおいしくなります。

消臭・芳香剤

柚子が新鮮だったら、消臭・芳香剤として好きな場所にそのまま好きな数だけ置きましょう。

玄関、トイレ、洗面所、寝室などがおすすめです。

柚子の実を使いましょう

シロップ

皮をむいた柚子を半分に切り、手でぎゅっと絞り絞り汁を料理に活用しましょう。

秋や冬の季節にぴったりな鍋料理には欠かせません。
また焼き魚、お刺身、焼肉にもよく合います。

 

オリーブオイルと共にドレッシングにもおすすめです。

柚子酒

◇材料◇
・柚子  7個
・焼酎  1.8L
・氷砂糖 1kg

 

◇作り方◇
1.柚子はきれいに洗い水気を拭きます。

2.保存瓶は熱湯で消毒します。

3.柚子を約1cm幅にスライスして種を取り除きます。

4.保存瓶にスライスした柚子と氷砂糖を入れて最後に焼酎を注ぎ入れます。

5.冷暗所に3ヶ月そのまま放置保存し完成です。

 

◇ポイント◇
ホワイトリカーではなく焼酎がおすすめです。

柚子酒の中の柚子は捨てないで、ケーキやクッキーに入れて焼いたり有効活用しましょう。

柚子の皮を使いましょう

薬味

柚子の皮をしっかり洗い皮をむきます。

細かく切って密閉容器に入れてそのまま冷凍庫で保管します。

うどんやおそば、煮物、冷奴、お新香、などのの薬味に使いましょう。

柚子の保存方法

柚子の命は香りなので、保存をする上で一番注意したいのは香りを逃がさないことです。

冷蔵庫で保存

丸ごと

柚子を丸ごと保存する場合は、できるだけ傷の付いていないものをビニール袋やジップロックなどに入れてしっかり密閉し、そのまま冷蔵庫で保存します。

空気に触れないようにしっかりと包むことで、1~2カ月はフレッシュなまま保存できます。

果汁(絞り汁)だけ

果汁(絞り汁)の冷蔵保存は、香りが1~2日で飛んでしまうのでおすすめできません。

冷凍庫で保存

丸ごと

柚子を丸ごと冷凍保存する場合は冷蔵保存と同様、空気に触れないようにすることが大切です。
ラップで包みジッパー付きの密封袋に入れて保存しましょう。

使うときは、冷凍のまま使いたい分だけ切り取ります。
また、皮だけを使うときは、凍ったまま皮をそいで使います。

皮だけ

柚子の皮を凍らせて保存する場合は、皮の白い部分も少し残すようなるべく、厚めに幅広く剥ぎとります
白い部分を残すことで、黄色い部分に含まれる香りの素を損なわれないようにするのです。

使うときは解凍して、白い部分を取り除いてから使いましょう。

果汁(絞り汁)だけ

柚子の果汁(絞り汁)は一度にたくさん使うものではないので、小分けに冷凍することをおすすめします。

小分けに冷凍することで、解凍する時に使いたい分だけをその都度解凍できるので便利です。
製氷皿やシリコンタイプの一口サイズのケーキの型などを使うと、型から外すのも簡単で便利です。

まとめ

黄柚子の旬は12月頃がピークです。

ゆず湯に使うだけではもったいないです。

冬に摂りたい栄養をたっぷり含んでいる柚子を美味しく食べてみましょう。
ビタミンC、クエン酸、リモネンをしっかり体に取り入れ寒く厳しい冬を乗り越えましょう。