「お世話になったあのかたへ お歳暮を贈りましょう!」の季節がやってきますが、お歳暮を贈る時期はいつからいつまでなのでしょう。

もし、お歳暮を贈る時期に間に合わなかったらどのようにしたら良いのでしょう。

また、誰に贈るものなのでしょう。

そこで、お歳暮を贈る時期、間に合わない時の対処方法、贈る範囲について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お歳暮を贈る時期はいつからいつまで?

「お歳暮」という言葉は、年の暮れを意味するものです。

元々お歳暮は年の暮れに贈るのが習わしで、正式にはお正月の準備を始める12月13日を過ぎてから贈るものとされていました。
今も地方(関西地方など)によっては、12月13日に贈り始めるところもあるようです。

 

ですが時代の流れとともに最近では、贈る時期が少し前倒しになっています。
デパートやスーパーでも随分と早い時期から「お歳暮コーナー」が見られますよね。

 

このようにお歳暮の時期が前倒しになったのは、年の瀬の何かと忙しいこの時期に、重なるように届くお歳暮のことで相手の方の手を煩わせないように配慮したいと考え、少し早めに準備をするようになったためと言われています。

贈る側もバタバタする年の瀬の忙しい時期は避けたいですもんね。

また、前倒しになった大きな理由はもう一つあります。

元々お歳暮は手渡しで贈られていました。
しかし現代では、配送で贈る方がほとんどです。

このようなことから、配送の遅延を考慮してお歳暮を贈る時期が重ならないよう、少しでも分散化させるために前倒ししお歳暮が遅れる失礼がないように贈る手配をするようになったからです。

 

このようなことから現在では、12月上旬から12月20日頃までに相手の方に届くように贈るのが一般的です。

年末が押し迫った忙しい時期にお歳暮が届いては、相手の方にはお礼状などの手配で迷惑をかけてしまうかもしれません。
なので、できる限り25日までに贈るようにしたいですね。

 

ただ、お正月用の生鮮食品を贈る場合は例外です。
早く送ってしまうと傷んでしまうので、年末近くに届くようにした方が親切です。

お歳暮の時期に間に合わないときの対処方法は?

年末は仕事も忙しく、家の大掃除やお正月の準備などで誰もが忙しい時期です。

早めにお歳暮を贈る準備をしようと思っていても、「あっ、どうしよう! 12月20日までに間に合わない。」、「うわぁー、年内に間に合わない。」なんてことも起こり得ます。

そんな時でも慌てないでください、大丈夫です。
対処方法を紹介しますね。

12月20日までに間に合わない場合

年内のうちに届くようであれば、今回は「お歳暮」として届けさせていただきましょう。

年内に間に合わない場合

年を越してしまう場合は「お年賀」や「寒中御見舞」(目上の人に贈る場合は「寒中御伺」)として贈りましょう。

表書きを「お年賀」として

・関東地方なら
1月7日までに届けるようにしましょう。

・関西地方なら
1月15日までに届けるようにしましょう。

 

しかし相手が喪中の場合は、お年賀の期間に届けるのは避けて、1月8日以降に「寒中見舞い」として贈りましょう。

表書きを「寒中御見舞い」「寒中御伺い」として

松の内(1月7日)を過ぎてから2月4日(立春)までの間に届けるようにしましょう。

お歳暮を贈る範囲はどこまで?

「お歳暮を贈る範囲はどこまでなんだろう?」と悩んでしまう方も多いようです。

一般的な贈り先

一般的な贈り先は次のようになります。

両親
義父母
仲人
親戚
恩師
主治医
職場の上司

ただお歳暮は、お世話になった方への年末のお礼や挨拶として「感謝の気持ち」を込めて贈るものです。
だから、一般的な贈る範囲に必ず贈らなければいけないという決まりごとはありません

 

職場の上司などに贈る場合、最近では会社の決まり事で贈りもののやりとりを廃止ししたり、慣習としてやらない会社が多いようなので、会社の習慣に従いましょう。

また、お世話になっている方々すべてにお歳暮を贈るとなると、年々その数は増してゆき経済的な負担ばかりが増してしまいます。
後々大変なことになる可能性もあります。

感謝の気持ちを忘れて義理だけの贈りものになってしまうとあなたばかりではありません。
相手の方にとっても負担になってしまうのです。

 

「誰に必ず贈らなければいけない。」という決まった範囲はないので、あなたと相手の方の関係をしっかりと考えて虚礼にならない範囲に絞って、お互いが負担にならないようにすることが一番です。

 

お歳暮は毎年のことです。
贈り始めるとなかなか途中でやめにくいものなので、まずは必要最低限の方に贈ることをおすすめします。

 

ちなみに、今年だけたまたまお世話になって、何かお礼がしたいという時もありますよね。
そんな時は、お歳暮ではなく「お礼」という形で贈答品を贈りましょう。

 

また、お歳暮は季節の挨拶の中でも重要な挨拶になるので、お中元を贈った相手がいる場合にはお歳暮も必ず贈ることが大切です。
お中元を贈っていない人にお歳暮だけ贈っても大丈夫、失礼にはなりませんよ。

 

最近は、お中元は贈らずお歳暮だけを一年の締めくくりとして贈る人も増えているようです。

まとめ

お歳暮は、12月上旬から12月20日頃までに相手の方に届くように贈るのが一般的です。

しかし、年内に間に合わない場合は、のしを「お年賀」にかえて1月1日~1月7日までの松の内に届くようにしましょう。

また、相手の方が喪中の方の場合は、お年賀の期間は避け、1月8日以降にのしを「寒中見舞い」(目上の人に贈る場合は「寒中御伺」)にかえて2月4日までに届くようにしましょう。

一年の締めくくりに日頃の感謝を伝えるのがお歳暮なので、虚礼にならないようあなたや相手に負担にならないような、心のこもったおつき合いをしましょう。