結婚して初めての冬、お歳暮時期がやってきます。

新米のお嫁さんは「義理の両親や実家へお歳暮は贈るものなのか?」と悩む方が多いようです。
義両親や両親に直接聞きにくいでしょう。
両親はともかく、義両親に常識知らずと思われたくありませんもんね。

贈る時期はいつまでなのでしょう。
また相場の金額はどれくらいなのでしょう。

そこで、義理の両親や実家の両親へのお歳暮について、時期や相場を紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お歳暮を義理の両親や実家に贈るもの?

独身の頃は、両親にお歳暮をなんて考えたこともなかったという方は多のですが、結婚して自分の家庭を持つようになると妙に気になってしまうのがお歳暮のようです。

特に最初のお歳暮は悩みますよね。

先に結論から言ってしまいます。
義理の両親や実家の場合は世間一般の常識というよりも、その家の慣習や地域の風習に習うようにしましょう。

 

家によってそれぞれ違い、考え方も本当にまちまちなんです。

親子でお歳暮なんて必要ないのよ。」、「そんいのな気を使わなくてもいいのに、面倒なことはしなくていいのよ。」、「顔を見せに遊びに来るだけでいいのよ。」なーんて言ってくれるラフな家もあります。

このような義理の両親だったらお嫁さんの気もグッと楽になるでしょう。

 

しかし問題なのは、このような家ばかりではないということです。

実際、「子供が結婚して家庭を持ったら、親にお歳暮を贈るのは当たり前でしょ。」という家も信じ難いですが中には存在するようです。

このような、しきたりに厳しい(うるさい?)家だった場合に、お嫁さんがお歳暮を用意しなかったら、どんなことを言われるのか考えただけでも辛いですね。

結婚早々、「気が利かない、礼儀を知らない嫁だわ。」と最初に印象づけられてしまう可能性が大きいでしょう。

 

こんな事にならないように、義理の両親はラフなのか? しきたりに厳しいのか? ご主人に確認しましょう。
または、先に結婚している兄弟がいるのであれば、義姉妹にお歳暮はどうしているかう教えてもらいましょう

 

ただ、ご主人に確認してもわからない、ご主人の兄弟もまだ結婚していない場合は、結婚して最初の一年目は悩んでいないでまずはお歳暮を贈ってみることです。
贈って義理の両親の反応をみるのです。
そうすることで、来年のお歳暮はどうしたら良いのわかるでしょう。

ラフな家の場合

ラフな家であれば、
「ありがとう! でもね、気を使わなくていいのよ。来年からは気持ちだけでね。」と言ってくれます。
その時は、「ありがとうございます。」と甘えてしまいましょう。

 

お歳暮の時期に限らないで、義理の両親の家に遊びに伺うときに一緒に食べましょうとお土産を持って行ったり、旅行に出かけた時にお土産を買ってきたりすればOKです。
このようなことは、お歳暮以上のコミュニケーションが取れます。
義理の両親も、日頃から自分たちのことを気にしてくれる「気の利く可愛いお嫁さん。」と思うでしょうね。

しきたりに厳しい家の場合

しきたりに厳しい(うるさい?)家だったときは、
「ありがとう! でもね、気を使わなくていいのよ。来年からは気持ちだけでね。」とは言ってこないでしょうから、次回以降もマナーに気をつけてお歳暮を贈りましょう

 

ただ、お歳暮を贈るのに無理や背伸びはしないようにしましょう。
この先、母の日や父の日、お中元やお誕生日などもありますからね。

自分たちでこれならできるという範囲で、感謝も気持ちを表すことをおすすめします。

実家の場合

実家ついてはあなたが両親のことは一番よくわかっているから大丈夫ですね。

基本は義理の両親と同じようにしておくのが良いでしょう。
両方にお歳暮を贈る際、どちらかに差をつけたりするのは止めましょうね。

 

ただ、義理の両親はラフでも、実家がしきたりに厳しい「結婚したら、親にお歳暮を贈るのは当たり前。」という考えの場合、実家にはしっかりお歳暮は贈っておきましょう。
ご主人の立場が悪くなっては大変ですから。

お歳暮を贈る時期はいつまで?

お歳暮を初めて贈る場合、贈る時期はいつまでなのか悩んでしまうでしょう。

贈る地域によっても時期は異なってきますので、いつまで贈らなければいけないのかを紹介します。

お歳暮を贈る一般的な時期は、12月上旬から12月20日頃までです。

本来、このようにお歳暮は12月上旬から12月20日頃までに贈るのが正式なマナーとされてきたのですが、最近では百貨店やスーパーなどで早期割引を取り扱っているところが多いです。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お歳暮の時期はいつからいつまで?間に合わない時の対処方法と贈る範囲

 

また、関東と関西でもお歳暮は贈る時期が異なります。

関東ではお歳暮を贈る時期が早く、12月上旬から12月20日頃までと言われていますが、関西では12月13日頃から12月20日までの時期となります。

どちらにしても12月20日頃に届くよう手配すればOKですね。

 

ここで、生鮮食料品をお歳暮に選んだ場合は、12月20日頃では早すぎるので注意しましょう。
お正月に食べるのにちょうどいい、12月28日~12月30日頃に配達指定をするのが気の利いたお嫁さんということになります。

ただ年末に送る場合は、年末から年始にかけて義理の両親や実家の両親が旅行に行くなどの予定がある場合は、受け取りができいということになり迷惑をかけてしまうので注意が必要です。

しかし結婚して初めての年末年始は、あなたたちご夫婦が家に遊びに来るのを心待ちにしているはずなので大丈夫なはずです。

義両親や両親のお歳暮の相場はどれくらい?

義理の両親や実家にお歳暮を贈ることを決めたら、金額をいくらにするか決めなければなりません。

一般的な相場は、3,000円 ~ 5,000円です。

この場合でも、年齢に合わせて歳相応の贈り物をしている方が多い様です。

20 ~ 30代   3,000円 ~ 4,000円
40代以上     5,000円

 

どのような品物贈ったら良いのかこれまた悩むところでしょう。

義理の両親や実家の両親の好みに合わせて商品を選べればそれが一番いいですが、特に義理の両親の場合などは好みに合わせてお歳暮を贈ったつもりでも好みやこだわりは人それぞれです。
普段は手が出ない高級品を贈られることを望む人もいれば、日常で使いやすいものを喜ぶひともいます。

なので、あなた方ご夫婦が二人で考えて用意したお歳暮に感謝の言葉を添えれば大丈夫です。
あまり悩まないようにしましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
お歳暮の意味や由来と値段の相場と注意点 定番や人気商品は

まとめ

お歳暮は義理の両親や実家の両親にまず最初の1年目は贈ってみましょう。

そして、義両親や両親の反応をみて次の年のお歳暮はどうしたらいいのか判断しましょう。

贈る場合は12月20日頃に届くよう手配しましょうね。

相場は3,000円から5,000円
20~30代ならば3,000円~4,000円で大丈夫です。

くれぐれも、無理や背伸びはしないで日頃の感謝も気持ちを表してください。